01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

金曜日

22秒、18秒、19秒ダッシュ

9.13倍、8.67倍、8.40倍

間を開けても特に遜色はなく、しかし辛さも変わらずといったところ。




土曜日

尾根幹へ。

天気予報の最高気温は7℃、「所詮予報だろ」と寒さを侮り、薄手のグローブで外に出て激しい後悔をした。

日向でも6~7℃しかないのね。。。

徐々に失われる指先の感覚に萎えて連光寺は頂上付近で一瞬踏みやめてしまった…。

連光寺…4分35秒 290W 振り返る気も起きないほど遅い
天国への階段…50秒 520W これじゃダメだとやる気を出す、ベスト2秒落ち
稲城台病院入り口…2分20秒 341W ベストの5秒落ち

スプリント練習2本
1回目 50.6km/h 770W
2回目 52.0km/h 768W

良く掛かったほう、最近体重が軽いから800Wをなかなか超えないな。




日曜日

いつもなら飯能方面へ行くところだが、この日も気温が一ケタ台なので尾根幹へ。

体の調子も上がってきたので2日連続で行けるだろうとの見込みから、昨日の寒さに加えて風まで吹く過酷な一日。

連光寺…4分32秒 295W 行けると思っていたら普通に疲れてた(笑)
天国への階段…48秒 512W 自己ベストタイ!
稲城台病院入口…2分32秒 333W 向かい風につきタイムは遅く、パワーは高く

スプリント練習2本
1回目 52.9km/h 734W
2回目 50.8km/h 726W

最大パワーは下がったけど速度は伸びた、なんか変えたことあったか?

2日間よくできましたっと、自分を少し褒めておこう。

この努力が実のあるものかは修善寺しだい。

Posted on 2018/01/14 Sun. 21:04 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

14

練習TCR/TRINITY 

明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします(今更




木曜日

ライトニングさんの初詣ライド、コースは3年間変わらず。

今年はいつものメンバーにシルヴィさんとアル君が参加、アルは近しい競技者で唯一の同い年?

昨年E2へ自動昇格したのは知っていたけど、今年ポイント昇格でE1になったのは初めて聞いてびっくり、1600WスプリンターがE1に現れる。

9時に都賀駅集合。

DTA2aB1U0AAg2pK.jpg

携帯工具をもっておもむろに足裏を覗きながら、クリート調整を始めだすアル。

おいアル、いくらなんでも雑すぎるだろ(笑)

ソールにクリート位置をペン書きする人もいれば、ざっくばらんな人も居るが、ここまで清々しくざっくりなのは初めて見た。

ぼちぼち出発、思ったほど激寒でもなくゆっくりと発進。

道中後続と距離を測りながらストップ。

DTA2b6-V4AAThTC.jpg

おいアル、いくらなんでも雑すぎるだろ(笑)(笑)

どうやら角度だけは気になるらしい、固定クリート使ってたもんね。

DTA2eSNVAAA_EDl.jpg

例年通り商売っ気全開の神社にお参り、再度発進して海岸沿いを目指す。

アルと自分のサドル高・ペダルが同じだったので、道中でバイク交換してみる。

DTA2yYCVwAAqn34.jpg

初S-WORKS、ターマックSL4×レーシングゼロは半端ない硬さだった。

意外だったのはレーシングゼロが平地も案外行けるところ。

DTA2xpoUMAE6xU4.jpg

自分の愛車の走っている姿を見るのは不思議な感じ。

ここでふと気づく、自分の1.5倍近いパワーを発揮するアルに本気で踏まれたら、ストラバのパワーカーブを大きく更新されてしまうことに。

「いいか!踏むなよ!!絶対にだぞ!!!」と念を押すも、無情にもさらっと短時間のパワーを更新される。

DTA2fuDVMAIHNFk.jpg

おいアル、いくらなんでも踏みすぎだろ。。。

過去最大パワーは確か900Wとかだったかな、アルのおかげでグラフが一気に1160Wまで伸びた。。。

サドル周りはほぼ同じポジションだったけど、ハンドル周りはまるで逆のポジションだったな。

自分のバイクが低く・近く、アルのが遠く・高く、平地では特に差が見られなかった。

お昼を食べて折り返し、爆風の向かい風の中外房有料道路をアルと二人ローテで走りきる、風が強すぎて速いんだか遅いんだか全くわからず。

自分は風に煽られまくりだけどアルは微動だにせず、つえぇ。

最後に全力でもがく、714W。

アルはそれをシッティングのまま抜き去っていくトンでもパワー。

自分の家の近くで離脱。

6時間でTSS 334

DTA2y9vVwAAQl6F.jpg

夜はゴウダ家にお邪魔して、ついつい飲みすぎる。

楽しかったです、ありがとうございました!




金曜日 

西東京へ帰省。

遠くに山の影が見えると帰ってきたなと思う。




土曜日

尾根幹に向かう。

連光寺…4分26秒 311W 自己ベスト10秒落ち
天国への階段…51秒 518W 自己ベスト3秒落ち
稲城台病院入り口…2分19秒 333W 自己ベスト4秒落ち

ぼちぼちかな。

スプリント練習は2本。

1回目 51.6km/h 737W
2回目 49.8km/h 718W

んーこの前の掛かりの良さはどこへ…。

4時間でTSS 264




日曜日

飯能方面へ淡々と、取り立てて書くポイントもなく。

2時間でTSS 137




月曜日

TRINITYのポジションを調整したのと、昼を境に雨予報だったので朝8時ごろから出発。

DTA2zcVU0AIQGgA.jpg

DHバーのサテライトスイッチを反転した、こっちのほうがDHバーにもたれかかってもスイッチを誤操作しにくい。

それとDHバーのライザーを10mm足した、さすがに20mm下げは厳しすぎたな。

多摩川沿いの側道でDHポジションのチェック、安全なところで7分想定の巡航速度を確かめる。

巡航できそうなのは42~3km/hといったところ、冬の格好でこれなら十分じゃないか?

折り返してもう一度…と思ったところでDi2の電池切れ、久しぶりにやらかした。

ロードみたくインジケータがあると気が付くんだけどな。。。

残念ながらこれで練習切り上げ、一息ついて帰宅。

2時間50分でTSS 83

TTバイクの省エネ度合いが見て取れるスコアの低さ…、実際はもっと疲労しているのだけど(笑)

明日から社会復帰、頑張って起きるぞっと。

Posted on 2018/01/08 Mon. 21:22 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

08

2017年総括 

7年目の総括、社会人も3年目になると1年間の(自転車的な)ルーティンが落ち着き始めた。

今年は…、いくらかの成長は見られたけど、自分が思い描く成長曲線からは大分鈍化していたかな。

大きく変えたことは週末の練習内容。

15シーズンは毎週末3,000m弱を登り、月間で10,000m登るのを目標としていた、同じスタンスで臨んだ16シーズンは散々たる結果で、本当にレースが嫌になった。

その失敗を受けて、16年オフ~17年はE1で走るにあたり必要な部分に絞って取り組んだ。

練習時間は3~4時間程度とし、走っても80㎞、練習時間を凝縮して特定の時間ごとのスピード練習に注力。

大体15分、10分、5分、1~3分の4段階で区切ったかな、甲州街道のアップダウンがちょうどいい長さだった。



~今年の実績~

2月
宇都宮CX C4B 5位/35人中

3月
実業団宇都宮ロード 87位/141人中

4月
実業団群馬CSC day1 80位/134人中
赤城MTBエンデューロ ?位

5月
筑波8耐 チーム総合5位

6月
実業団那須ロードレース 69位/111人中

7月
西日本ロードクラシック広島 day1 70位/120人中
                  day2 79位/118人中
実業団三峰山HC 25位/42人中
実業団石川ロード DNF
実業団みやだHC 33位/69人中
東京HC奥多摩ステージ 総合38位 年代別5位

9月
実業団渡良瀬TT 33位/102人中
           タイム:7分20秒
実業団赤城山HC 53位/97人中

10月
実業団輪島ロード 38位/69人中
実業団経済産業大臣旗 群馬CSC 76位/111人中

数字を眺め渡すと、まぁ昨年と変わらないようにも思えてしまうのが少し残念か。

今年は3月のレースからシーズンに入ることができ、渡良瀬のTTも昨年の目標に到達できて良かったな。

昨年はE1のレース開始から1~2周回で遅れていたが、今年はレースの半分~ゴール前残り半周程までは残れるようになってきた。

ただ、レースで先頭に立つ事と、先頭集団に最後まで残る事に優先順があまりついていなかったかな、その時々に応じて良い経験になりそうな方をとったつもりではある。

足りないのはスピード、集団の端にできた一瞬の隙間を見出した時、一々ギヤをかけてのろのろと加速しているようでは何時までも先頭には届かないしポジションが守れない。

ギヤを変えず踏み切るなり、回すなりして、どんな隙も逃さずに前へ上がる事が不足している。

TTバイクの深い前傾で短時間のダッシュをしたり、最近は尾根幹に通って比較的短時間の坂を計測しているのは来年へ向けての取り組み。

来年度からヒルクライムレースがなくなり、輪島ロードも無くなった今、具体的な時間領域が絞れた分大分気が楽ではある。

一番長くても魚沼ロードのダム登坂の4分とかじゃないのかな?

来年は3月中旬の修善寺からシーズンイン、逆回り(秀峰亭から下る)の8㎞コースってどこだろ。

段々と努力の方向性が正確になってきている、来年はどこまで上り詰められるのか今からワクワクしている。

来年の目標は二本立てで頑張っていきます。
・渡良瀬TT 7分10秒
・ロードレース20位以内

最後に、今年一年、一緒に競技に取り組んだチームと、レースを走った方々には大変お世話になりました。

世間の狭い輪界のことだから、どこへ行ってもお世話になることと思います(笑)

また来年もよろしくお願いいたします、良いお年を。

Posted on 2017/12/31 Sun. 21:34 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

31

練習TCR / 忘年ライド 

木曜日

19秒、16秒、17秒ダッシュ。

9.47倍、9.08倍、8.97倍。



金曜日

尾根幹に向かう、アップの段階はそこまで悪い感触はなかったんだけど、いざ踏んでみると微妙な感触。

尾根幹に着くと思ったより風が吹いている、きれいに向かい風なものだから水の中を走っているようだった。

連光寺…4分19秒 323W ベストの3秒落ち
天国への階段…52秒 493W ベストの4秒落ち

折り返して稲城台病院側にトライして昇天、序盤も序盤で踏めなくなったのでここでお開き。

回れ右して撤収。

DSWUmHdUEAE_wQ6.jpg

the東京の河川敷って感じが好き。

立川のほうへ回りスプリント練習。

1回目 50.3km/h 643W
2回目 50km/h 686W

タレッタレだな(笑)

3時間ほどでTSS 240ほど

夕方に千葉へ帰省。



土曜日

今年もクドウさんプレゼンツの忘年房総ライドに混ぜていただく。

出発は朝7時、寒かった。

昨年とは逆回りかつ短縮気味?のコースを走り、大田原商店で休憩後には格上の方々に行けるところまで食らい下がる。

終盤に近付くにつれて登りで遅れては平地・下りで追いつくを繰り返し、フリーダムの朝練コース復路に入ったところでドロップ。

九十九折りとか止まるかと思った。

サイカさんやRXのタカハシさんの走り方を見ていると、自分の走り方は無駄な力を使っているんだなと思う。

DSWUoMcVQAAksCx.jpg

今年も楽しくも辛い走り納めができました、ありがとうございます。

5時間でTSS 330ほど。

DSWUlPUUQAA4531.jpg

夜は大学の貧乏旅部で集まって上野でプチ忘年会、このメンツはこういうロケーションがよく似合う(笑)

3件ハシゴして帰宅、楽しゅうございました。

Posted on 2017/12/31 Sun. 14:32 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

31

練習TCR / CERAMIC SPEED UFO DRIP 

水曜日

24秒、17秒、13秒ダッシュ。

9.22倍、9.07倍、8.92倍。



金曜日

24秒、18秒、16秒ダッシュ

9.17倍、9.07倍、8.72倍

最近9倍を超えられるようになってきたな、30秒持たないけど。



土曜日

日曜が午後雨予報なので、尾根幹に行き本気練習。

走り始めて「うっわ全然掛かんないー」と思わず声が漏れる、終わってみれば感触とは真逆でパワーも速度も速かった。

尾根幹に向かう途中の丘KOMもゲッツ、1分23秒 423W。

連光寺…4分16秒 311W 自己ベスト更新
天国への階段…48秒 527W 自己ベスト更新
稲城台病院入口…2分19秒 348W ベストから4秒落ち

充実した内容だった、休憩して帰還開始。

立川の平坦直線路で渾身のスプリント、839W 56.8km/h。

意外と伸びたな、ギヤのかけ方が大事。

3時間40分でTSS 280.




日曜日

予報が変わり夕方からの雨予報、それでもマージンを見て10時半出発。

飯能方面へ向かい、体が温まったら踏み始める。

ゆる~い登り緩斜面で、10分弱の時間領域パワーを更新するのが目標、峠行けないからね。

約8分間で280Wだったみたい、今シーズン中のベストは輪島ロードで出した320W。

さすがに落ちているね。

峠(名前忘れた)の入口まで来て折り返し。

笹仁田峠…2分30秒 290W 自己ベスト3秒落ち。

帰還して2時間ちょうどくらい、TSS 147




DRzzAnFU8AAppyi.jpg

セラミックスピードのUFO DRIP、発表されて以来「ほしいなぁ~」と思っていたら2~3日前からトライスポーツが入れ始めた。

GIANTストアのナルケさん宛に取り寄せの依頼文章を打っていたら、「取り寄せますか?」と逆に営業が来た。

JIT対応を超越する未来予知にビビる(笑)

いつもありがとうございます。

話をオイル(というかワックス)に戻そう。

UFO DRIPはあの一本16,000円するUFOチェーンを一般家庭で仕込んじゃえ的なもの。

今年の渡良瀬で投入しようか本気で悩んだんだよね、結果コスパで上回るMOLTENスピードワックスにした訳だけど。

それでも一本8,300円/180ml、リットル単価が4,6100円って書くと中々に破壊力がある、計算間違えたかと思った(笑)

DRzy_WCU8AE1w1I.jpg

パッケージのわりに小さい容器。

DRum92SVAAI67TW.jpg

中蓋を開封するとワックスが凝固している、冬だもんね。

前回同様チェーンを掃除した後にBC-2で超音波洗浄、脱脂して乾燥させて考えうる最大限の下準備。

コマから溢れるくらい垂らしていくのだけど、気温が気温なだけに射していく途中でワックスがノズルに詰まったり、チェーンが冷たくてコマに染み込まず固まったり。

ドライヤーを駆使しつつ、全コマを飽和状態までワックスを浸透させる。

一晩寝かせて乾燥させ日曜日に実走、この工程は必ず必要みたい。

DRzzSskUQAAqR-4.jpg
DRzzGz9UIAAGmBk.jpg

練習後のチェーン回り。

MOLTENより大分きれい、余分なワックスが削れ散らないからかな。

抵抗の少なさは流石といったところ、問題は実使用時の寿命かなぁ。

MOLTENの方は超音波洗浄で下処理してからだと700㎞を超えても大丈夫だった、セラミックスピードは200㎞毎に上塗りらしい。

実際のところどれくらい持つのかはこれから試すしかないね。

楽しみだ。

Posted on 2017/12/24 Sun. 22:26 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

24