05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習@TCR_ADVANCED_SL うぐいす10本往復 

午前中にのみ空きがあるので岩佐さんにひっついて練習、超絶キツカッタヨ。

練習場所は朝練コース復路の三回目の登り、一番長くて辛い所を10往復。ただ10往復だと疲弊してダラダラするだけなので、登り始めて頂上で折り返し下り切るまでで6分を越えたらその場で下るのをやめ登り返す。

どう遅く登ったって登るのに6分はかからないので、必ず頂上には登らされ尚かつ一度タイムオーバーすると次のスティントは確実に下り切れるので、どうあっても登ることから逃れられない登り練DEATH。

途中頭が湧いたのか「6分以内で10本往復」を何故か「6本往復」と勘違いし、岩佐さんにちょうど6本目で追いつかれ最後の1本と勘違いしたうえに、そのまま最後に全力でもがいてしまったのはアホだった。

颯爽と下っていく岩佐さんの背中を見て気づいた後は泣きながら登り続けた(笑)

最後の1本は岩佐さんが牽いてくださったのですが、15~20km/hでも人の後ろってかなり楽なんですね、登りの極低速で体感できるとは思いませんでした。

今度からこの練習を頑張る日に充てよう、とんでもなく辛いけれど。

あの一時間で走った、たったの20kmで1000mアップだから千葉の坂で練習した割には登っているのね…。

脚が重い。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/07/15 Tue. 22:18 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/959-581a648e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list