10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

深夜の怪奇現象 

昨晩の夜の事である。

練習が終わって自室へ自転車を入れ、お風呂上りに日記を書いていた。

テレビもつけていない部屋はとても静かで静寂な空間である。

その時

家には誰も起きていない筈の時間に物音が聞こえた。

まるで猫が窓でもひっかくかのような音だ。

始めは空耳だと思っていた。

だが音は鳴りやまない、ベッドにノートPCを置き日記を書いていた手を流石にとめて、部屋の入口へと視線を向けた。

誰も居ない、居る訳もない。

再び視線をPCに落とす。

…シャッ・・・ッカリカリカリ

音は鳴りやまない。

いい加減に気味が悪くなってきた。

だがドアの入り口からはうっすらと明かりが見えるものの人の気配などない、ましてや猫が窓を掻くにしても周期的すぎる。

不規則なテンポであればその筋も信じたくもなるが、ここまで周期的だとかえっておかしい。

世の中のほとんどの物は綺麗な数字ではない、正方形や等間隔で起こる出来事と言うものはごく限られたものだ。

つまり…人為的な事をする何かが居る…。

そう考えた瞬間にキーボードを打つ手が止まった。

泥棒か?

でも明らかに明かりのついた部屋から侵入しようと思うのか?

色んなことが頭の中で錯綜する。

怖くてベッドから立ち上がることが出来なかった。

その間も音は鳴り続ける。

意を決してドアに近づくことを始める。

一歩ずつ近づいていく。

ドアの前までたどり着いた。

…シャッ・・・ッカリカリカリ

音が近い、それもドアではなくその右隣の壁の方から聞こえる。

そして恐る恐る右を向く。







そこには







電池切れ間際のDi2が必死で変速しようとしていた。

7970って確か電池残量がほとんどなくなるとインナー×リア5枚目くらいでチェーンライン真っ直ぐにして止まるんだよねー(棒

くだらない三流ホラー文章を書こうと思ったがそんな文才は無かったようで、当の本人はその時すーぱービビってましたが(笑)

とまぁ初めは電池切れかと思いバッテリーを充電器にさして寝たのですが、今日ローラー台にTCRで乗ろうとするとリアの変速が出来ない。

それどころかトップギアに勝手に変速する。

ジャンクションAは緑で常時点滅していて見た事のない状態、セーバー機能でも働いたのかと思いググって解除を試みるもそもそもセーバー機能は入っていなかった模様。

今度はジャンクションの接点を確認してみる、ジャンクションBとジャンクションA、ジャンクションとRD。手軽に確認できるか所は済ませたが結果変わらず。

何ぞこれ。

仕方がないので渋々バーテープをはがし、STIとジャンクションAをつなぎ直す。ここで原因発見、スプリンタースイッチが原因であった。

スイッチを外すと正常に動作し、2つあるうちのポートを入れ替えてもスプリンタースイッチをつなぐことで右STIのすべての動作が効かなくなる。

はぁ~これはめんどくさいことになった、7970は片側のSTIから2つのスイッチが伸びているため交換する場合左のバーテープまで剥がす必要がある。

保証が効いたとして交換するのにバーテープを巻き直さねばならない、まだ交換してから二回よ、乗ったの。

今夜はもういいや。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/11 Wed. 23:54 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/926-da6d7585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list