07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

ハルヒル温泉旅行 

土曜日、受付のため前日入りし昨年と同様の宿にお世話になった。会場につくとどこもかしこも知り合いの方ばかりで何だか不思議な感じであった、それと同時に走れない事に悔しさもこみ上げる。

大会と言うものは自分の結果を求めるだけでなく今の実力をアピールする場でもある、結果が伴わなければ周りから信頼は得られない。

この場において自転車に乗ることすらかなわない自分に「今シーズンはすでに棒に振ってしまったのではないか」といった言葉が頭をよぎった。

仮に怪我をしていなくてもヒルクライムに自信は無いのだけれど、他のレースまで出れないとなると同義かな。

部活の旅行感あふれる雰囲気にプチ鬱になった気分を助けられた。うちの部活はこれくらいでいいの、自転車を楽しむきっかけになってさえくれれば。

それぐらいのスタンスに助けられる時もあるし、それぐらいのスタンスだからこそ後輩も自発的に企画してくれたはずでもあるし。

落ち込みかけた気分を急速に回復させて土曜日はお終い。

日曜日はとんでもなく早い朝(夜)を迎え駐車場まで部員を送ってコンビニで仮眠、適度に休んでから伊香保の石段を観光してレース後に後輩と合流。

群馬くんだりまで来て温泉にも入れないのは悲しすぎるので、左ひざを湯船につけない様にして入浴。

東京まで戻って帰宅。

楽しい週末でした。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/20 Tue. 00:01 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/914-8aa974b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list