09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

3日経って 

今更宇都宮クリテについて少しだけ書こうかと。ただ今回のレースは評価の仕方が難しい、自分の選択しうる正解はそもそもレースが始まる前だったりもする上に、レース中での判断も正解をとったところでどう転んだかさっぱりわからない。

レース内容はタイムアウトにならないように全力走してただけの練習なので割愛。

まず一つ目、2車線で150人もの人数でレースをするためアップを早めに切り上げ、体が冷えてもいいから先頭で並ぶべきであった。

シマノ鈴鹿も部分的には宇都宮クリテほどのコース幅になり、120人で走っていたので正直なところ楽観視していた節はあった。実際には到底前に上がることなど叶わなかったわけである。

2つ目、2周目だか3周目に起きた2コーナーでの落車による渋滞。自身は転ぶこともなくただ渋滞に巻き込まれて遅れただけだが、この時点でニュートラルを受けられるのか迷い、転んでも居ないのにニュートラルは受けられないかもしれないと考え自力で追走を計った。

この判断は本当に一瞬の決断が求められ、大磯クリテでも似たような状況に陥り自力で追走する決断をし、力を使い果たした。せっかく冬のうちにレースを走って練習していたのにこれではまるで反省していないね。

ただ冒頭で話したこの決断がどう転ぶか分からないというのは、この落者による渋滞で遅れた人数があまりに多すぎたためか、ニュートラルで復帰した選手の位置がばらばらであったこと。

先頭集団で復帰した選手も居れば、何故か地力追走の自分たちより後ろに居たりと状況が把握しきれない。審判の方も大変だったろうな、アレは難しい。

今回のレースを振り返って考え得ることはこれだけ、本当にこれだけ。こんな虚無感に包まれないように次戦群馬2daysではしくじらないようにしよう。

頑張る!
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/26 Wed. 19:30 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/884-e975e746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list