05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

外練70km~175mmクランク初実走~ 

昨晩にタニワキさんとイシマルさんが練習するとの情報をキャッチ、途中まで自分が行こうとしたコースと被るので少しだけご一緒させていただきました。

14号から袖ヶ浦フォレストの前を抜けるいつものコース、袖ヶ浦フォレストの登り手前くらいで分かれるまで見栄張って巡航、そんなペース持つわけもなく登りを越えたら大失速。

「だよねー。」
と声に出して意気消沈。でも人が後ろに居ると頑張れるしこれでいいのだ、たぶん。

へばりながら帰宅。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

175mmクランク、ローラー台の上だとあんまりよくわかんなかったけど実走だと流石に分かる。走り始め3km位は「駄目かもしれない」と内心思いながら走っていた。最終的には何とかなりそうな感じはしたけど、そう思い始めるころにはエンプティ―。

当然ながら5mm伸びて上死点が上体にグッと近づいた、腿上げの動作が思ったよりキツクなって平地巡航で少し苦労した。でもこれは慣れで対応できそうな気配もする。

やっぱり平地はパワーじゃなくて技術だ(自分の速度域に限れば、もっと速い人の世界は知らぬ)。

後はダンシングでダッシュするのも大分やりにくかった。

ここまでだとダメダメである。
シッティングでギヤを掛けて登坂するときには大いに良い感触が得られた。でもあくまで感触であって、速いか遅いかは分からない。

初乗りは余り印象の良いものではなかったけれど、向こうしばらくはこのクランク長で行こうと思う。

難しいな。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/11 Sat. 23:23 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/832-b8fe62d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list