FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

2012年総括 

まさかこのブログがこんなに続くとは思わず、年間総括記事を2度も書くとは思っても見ませんでした(笑)

では今年一年を振り返っていこうかと思います。

1~2月
 正月もてぎで散々たる結果、しばらく自転車が嫌いになる。また身内に不幸があり部活の春合宿にも参加できず。

3~4月 
 気づけば大学2年生、言われたことをただこなす次期は終わり自分たちで企画・行動しつつ新入生の面倒を見なければならなくなった。余りの変化に戸惑い、毎日のように終バスを逃し日付が変わってから帰宅した。初めてヒルクライムレースにも参加。

5~6月
 引き続き新入生の対応に追われる、ことごとく天候に恵まれず今年度の活動はなかなかできずに夏合宿への不安も高まる。レースにはもてぎにフリーダムで参加、ピットインアタックできずにしくじり、レースでのスピードで落ち込んでいたところに追い打ちをかける。また本職の勉強も激化、手書き実験レポートの物量に忙殺される。

7~8月
 この時期になってようやく月ランを決行、テストを終え、不安で一杯のまま合宿の予行演習を迎える。去年とは比べ物にならない疲労感を感じながら計画を進めていく(僕は主に合宿ではなくシマノ鈴鹿の計画に携わった。)、合宿中数えきれないほどのトラブルが起こる(道具的にも人間的にも)もののなんとか乗り越え無事「四国~本州貧乏旅」を成功させる。間髪入れずにシマノ鈴鹿、ここでは結果を残せなかったもののロードレースがどういうゲームかを理解できた。

9~10月
 キャンパスが移転してから初めての文化祭、今年も部活動として出店。やはり例年と勝手が違うため仕事に忙殺される、1年生は随分良くやってくれた、夏合宿といえば聞こえは良いが現実はただのサバイバルであるのでみんな動きが良くなる(笑)。JCRCに初めて参戦、シマノ鈴鹿で感じた事を確信に変えられた。それでも経験と実力不足から肝心の勝負どころでしくじる、初めて勝負に関われたレース。もてぎはノルマを課されぎりぎりではあったもののクリア、脚を引っ張ることは避けられた。

11~12月
 OB会の準備に追われる、自分たちの代としては最後の大仕事になるのであろうか、これからは1年生次期幹部と仕事を進めていく。レースに関しては、自分の人生において最初で最後の大舞台になるかもしれないツールド沖縄に参戦。ロードレースで毎戦感じていたことをより具体的に形に・行動に移すことが出来た、あれ以上の結果は望めないほどの結果を持ち帰ることが出来たと思う。

改めて部活動を交えて振り返ると激動の一年だったのではなかろうか・・・。

こんなにも時間に追われて過ごした年度は受験期以来だと思う、種類は違うが時期によっては大差ないほどに忙しかった。

年間通して思ったことは一昨年以上に得られた経験は、自転車・日常生活を含め多かった。

どうすればよいか、何が必要なのか、少しだけ分かった。

昨年に引き続き今年一年色々な方々に大変お世話になりました。

一年間本当にありがとうございました、来年こそは飛躍の一年と言えるよう頑張ります。

それではよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2012/12/31 Mon. 21:25 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/482-d1611056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list