09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

ROTOR Q-RINGS OCP3  

ども、お久しぶりです。

残るテストもあと一つ、ようやく日曜日の休暇を挟むことが出来ます・・・。

一日二科目で連日はなかなか応えたなぁ。

今日は少しだけ余裕が出来たので、合宿マシンのライトウェイを軽く整備するためにフリーダムに顔出しました。

内容としては、洗車、後輪の振れ取り、チェーンリングの交換。

TCRでちょくちょくやってる内容と同じですね。

で、チェーンリングは記事タイトルのとおりROTORの楕円アウターに替えます。

アウターだけ。

たまたま手に入ったのがアウターだけだったんだもん(´・ω・)

楕円アウター

肝心の変速性能ですが、意外といけます。

レースで使うにはちゃんチャラお話になりませんが、日常ライドでアウターに掛けるときなんてトルク抜いて変速するくらい何ら問題ないので。
(トルクを掛けた状態だとスパイクに引っかかり切りません、トルク抜いてあげるとスチャっと上がります。)

これにはちょっと拍子抜け、もっとがりがり言ったり、そもそもアウターに上がらないかと思ったので。

チェーンが落ちたりする雰囲気もないですし。

うん、夏合宿はこれで行こうかな(笑)

ROTORの楕円に関しては、以前乗ったことがあり大体知ってます。

意外と何ともないですよ?

ただ楕円にしばらく乗った後で真円に乗るとその真価がよく分かります。

僕が欲しかったのは楕円リングの恩恵なんかじゃなくて、楕円の後の真円に乗った時の感触を味わいたかったからです。

こればっかりは文章じゃ伝えにくいんですが、楕円でギヤ比が軽くなる部分がどうしてもトルクがかけにくい部分なので、これに慣れた後真円に乗ると力をうまく掛けるべき位置が感覚的に分かります。

頭の中では下死点と上死点だとわかっていても、サドルの上に居ると結構曖昧なもんです。

楕円と真円を交互に乗るとそれがものすごく分かりやすくなります。

そのためにわざわざサブマシンのライトウェイに入れました。

あと一科目テストが終わったらしっかり乗り込んでみます。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/28 Sat. 23:16 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/309-2a57fcff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list