FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

実業団矢板片岡ロード 

土曜日

前日入りのため、少し早めに栃木に向かう。

D8soAgiVsAAqJmT.jpg

佐野SAでソフトクリーム休憩、久しぶり。

宇都宮、矢板片岡(と昨年までは那須)がシーズンに組み込まれてから東北道の使用率がグッと増えた。

普段は知らない高速に乗るとワクワクするものだけど、最近は栃木遠征にも慣れてきてマンネリ気味。

関越は南魚沼と群馬CSCだから、いつもレースにドキドキしながら向かっている。

東名に乗るときは修善寺一択だからそもそもあんまり好きじゃない 笑

昼前について試走、予報では午前中が曇りだったから天気が怪しくても無理して走りだす。

小雨に降られたけど、気温は温かかったので気にならず、本降り前に済ませられた。

体の調子はとっても良い、2~3時間運転したとは思えない軽さだった。

D8soBEAUwAEh1Sq.jpg

オノ君がとってくれた宿はゴルフ場併設のホテル、驚くほど広いのにそこそこ安く素泊まり出来てびっくり。

大浴場ではチームメイトとボディチェック。

前から見て細いだとか、横から見ると太いだとか、日焼け跡くっきりの大人が如何わしい会話を繰り広げる。

3月の修善寺から6kg痩せることが出来、直近の調子も上り調子だったので明日のレースに期待をしながら就寝。




D8soBgIUIAAG8pw.jpg

実業団矢板片岡ロード
クラスタE1 DNF

写真はナナエさんから、雨の中ありがとうございました。




日曜日

朝、6月とは思えないほど寒い。

今年は季節外れな天候の中走ることが多いな。。。

試走で強めにコリーナ坂を踏んでアップお終い、ダラダラと走っても体は起きないし、長い時間走り回るのも嫌だしで、これが個人的にちょうどいい。

検車を済ませてバイクを並べたら待ちぼうけ。

スタート直前になって小雨が降りだす、またこんな調子かぁ。

定刻通りスタート、例年ローリング解除後に右からどんどん被せられていくので、農道区間では無理をせず。

リアルスタートが切られてコリーナ坂に向けてポジションを上げる。

1回目はダンシングを交えながらクリア、その先の2段は1周目ではそこまでかからず。

下り区間は油断すると分裂するので、視線を遠くに置きながら前走者の陰に隠れる。

下り終わり頃にポジションを上げてホームストレートへ。

雨のロータリーがおっかなびっくり、いつになく立ち上がりで踏み遅れる。

2回目のコリーナ坂入口で落車、勢いを殺されて心の中で悶絶。

ポジションを上げ切れなかった自分にため息をつきながら加速しなおして登る。

3周目に入り疲労の色が濃くなり始め、農道区間を出た直後に車間を詰め切れなくなってしまった。

この時アベさんに励まされて何とか集団に留まることが出来たけれど、直後のコリーナ坂でドロップし、4周完了後に足切り。

いくら感触がよくとも成果が上がらなければ自己満足にすぎない…。




今回のレースではアベさんが群馬の時から各段に走り方が上手になっていて本当に驚いた。

4周目のコリーナ坂まで集団に残っていたそうなので、チームメイトが集団に居れればその先も見えたかもしれない。

有名なアマチュアサイクリストが、レースレポートなどでチームメイトに向けて発する言葉に「最後まで居てくれることが一番のアシスト」というのをよく見かけるように思う。(あくまで個人的な主観だけど)

どんなに強い人でも、終盤や勝負どころではチームメイトが集団に居てくれるだけで心強いものなのだから、その下に位置するレベルであってもきっとそれは変わらないだろう。

ほかのクラスタのチームメイト含めて、今シーズンは例年以上に各々クラスタ昇格や目標へ向けて成果をあげられている。

例年以上のレースが出来るように週末のまとまった練習時間をもっと集中して過ごそう、残るレースはあと少しだけしかないのだから。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/06/10 Mon. 22:06 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1510-7d87fbaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list