FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR / 都民大会 

土曜日

先週ほどの暑さはなく、湿度はあるけれど練習は出来る気温。

松ケ谷…1分14秒 462W
連光寺一回目・・・4分17秒 258W
天国への階段・・・52秒 406W
連光寺二回目・・・4分40秒 253W
多摩サイ 関戸~中央道 車に追いついてしまい中断

スタンディングダッシュ2回

1回目:857W
2回目:856W

スプリント練習

1回目:55.1km/h 689W
2回目:53.3km/h 663W

最近スプリント練習がよく伸びる、往復ともに出ているから追い風起因でないことは確か。

ケイデンス練習

1回目:30秒 Ave190rpm/Max200rpm
2回目:力尽きた

今までブラケットを握ってケイデンス練習をしていた。

最近ケイデンスの計測上限を超えてしまってマンネリ気味だったので、下ハンを握ってやってみたんだけど、意外にも下ハンでも遜色なく回ってしまった 笑

今度は前乗りでやってみようかな。

D8S7WH4VUAEg_eu.jpg

翌日は都民大会に昭島市代表(特に選考は無い)として参加するので、TTバイクの準備。

1㎞TTで使う予定だったので、DHバーのスペーサーを-20mm。

根拠のない自信から思わずスペーサー抜いてしまった 笑




日曜日

立川競輪場まで車で15分ほどだけれど、集合時間が7時なので割と朝は早め。

23区の東よりの人は大変だろうな。

競輪場に入って試走、例年どおりまずはバンクに慣れることから始まる。

恐怖心をさっさと取り除きたいので一番高いところでしばらくグルグル、慣れてきたらダンシングをしてみる。

後半はTTバイクでも試走、思ったよりハンドル低いぞ 笑

体を慣らして切り上げ、開会式を済ませたら1㎞TT→400m速度競争(予選)→2000m速度競争(予選)→(決勝)な一日。

各カテゴリに年代別で5クラス(10歳ごと)+女子なので一日が果てしなく長い。

バンクで行うレースなだけあって、会場を歩き回る選手の脚がみんな逞しく見える。。。

筋張ったハムストリングを見て気負いする一方、たぶんこの日一番舐められるであろう体格の自分(汗

そんな思いを抱えつつバンクの内側でアップを始める。

スタート順が来てよーいどん。

D8S7XRYUYAI41C2.jpg

重いギヤを踏み切るというよりは回転で走ってみた。

D8TG_IZUYAArX7O.jpg

結果は1分14秒85 平均48.1km/h Ave420W(max812W) Ave101rpmで、2位。

TTバイク使った割に伸びなかったな、やっぱり出足の遅さがダメなのか?

ハンドルの低さは問題にならず、ダイエットでプランク頑張り続けている成果!

少し休憩をはさんで2000m速度競争の予選、普通は4000mみたい。

6人中3人が決勝勝ち上がり、先頭責任はホームとバックで各一回。

1㎞TTの結果とメンツを見比べると自分の真下3人と同じ組、もう一組は人数少なく不戦勝(羨ましい

出走は内側から2番目発送。

予選落ちしないかぼちぼち緊張しながらよーいどん。

1コーナーは2番手、毎度ながら初めのバックは1コーナーの番手で決まる気がする。

ここは無理せず様子見、ホームから掛けようか伺っていたら後ろから飛び出していった選手が抜け出し、バックまで逃げて先頭責任完了。

2周回完了して一応冷静(でも誰がどの先頭責任を果たしたか覚えるのでパンク寸前)、そろそろ後がなくなってきたので本気で取りに行く。

3周回目からホームとバックを取り先頭責任完了、あとは4人目の完了者を出さないようにするか、最終着順で負けなければおk。

が、立て続けに先頭責任を果たしに行ったとき(3周目)に頭真っ白になってしまい、誰がどの先頭を取っていないのか忘れた 笑

「えぇい全部取ってしまえ!」と脳筋作戦にシフト、最小限の力でホームとバックの先頭をブロックして最後のホームを流してゴール。

D8TG_8kUIAUI9xd.jpg

終わってみれば先頭責任を果たしたのは自分ともう一人だけだった 笑

不必要に乱獲しただけだったな、無駄足。。。

競技時間2分41秒 Ave314W(max914W) Ave99rpm

やっぱりトラック競技って平均ケイデンスが高くなる、それにしてもAveパワーが314Wって(汗

決勝までしばし待ちぼうけ。

時間が近づいてバンクの内側をグルグル。

決勝は一番内側から発送、これはすごく有利。

バンクって外側になるほどコーナー入口の登り勾配がきつくなるから、スプリンターレーンのド平坦はゼロ発進で大きな差になる。

よーいどんでダッシュ、1コーナーを先頭で入った。

やっぱり最初のバックはだれも影が映らず、ひとまず先頭ゲッツ。

ここで無理をしてホームまで取りに行くと垂れるので、2コーナーで様子をうかがう。

ホームは後ろから飛び出した選手にさらわれ、次のバックへ向けて位置取り。

初めにバックをとっておくとここで休めるから楽だな、2コーナー出口から掛けてホームを取りに行く。

ギリギリ刺せたか解らないライン、混乱しながら競った選手と並走しながら1コーナーを回ると空いていた内側から別の選手が飛び出す。

2人で競り合った直後を狙ったタイミングだったので、すごく上手。

このまま逃げ切りを許してしまい、最後は2コーナー手前から掛けて2番手でゴール。

走り終わった直後は先頭責任を果たしたことになっていたけれど、再審議でホームの先頭がNGだったみたい。

先頭責任を果たせず残念ながら3番手に転がり落ちてしまった。

D8THA6MUwAAD9xG.jpg


競技時間2分45秒 Ave335W(max905W) Ave101rpm

やっぱり予選よりもハードだった。。。

決勝は速度競争のゲーム性が出ていて面白いレースだったな。

4000mで距離も先頭責任も増えたらもっと面白くなりそうだけど、吐いちゃいそうだからやっぱいいや 笑

D8S7YC2U0AAtd_p.jpg

個人成績は2位と3位、昭島市は昨年に続き総合2位の座を守り抜けた。

何気に台東区が肉薄していたのが冷や汗もの。

今年もありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/06/06 Thu. 20:29 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1509-6ea7074b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list