FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

火曜日

1分ダッシュ、30秒ダッシュ×2

順番に7.10倍、7.13倍、6.57倍。

寝起き30分にこれは寿命削ってそう。




水曜日

1分ダッシュ、30秒ダッシュ×3

順番に7.00倍、6.80倍、6.13倍、6.73倍




金曜日

1分ダッシュ、30秒ダッシュ×3

順番に7.15倍、6.93倍、6.73倍、6.42倍




土曜日

大垂水のタイムを計るルーチンワークのためだけに練習。

週一の進捗確認的な、微風の向かい風を感じつつ全力アタック。

8分40秒 303W

おぉ、自己ベストタイ記録♪

大垂水 自己ベスト比較

前回の8分40秒時の自己記録と比べてみる、前半は向かい風の影響か最大10秒のビハインド。

霊園を超えて斜度がきつくなり始めてから「オラオラオラー」と追い込んで同着、ちゃんと速くなっていて安心する。

先々週の胃腸炎からは完全回復したみたい。

千葉に諸々用事があったので昼から帰省。

DLIolEwUQAAongR.jpg

TTバイク用に165㎜クランクを買った、P2Mはクランクだけ交換できるから後々調整が効いてイイね。

新品のクランクはスパイダーを止めているロックリングにねじロック材がしっかり塗ってあって、握力45の自分ではびくともせず。

握力70な岩佐さんにやってもらいようやく動いた、すんません。

空間が空間なだけにロックリングのねじ山が凄く少ない、そら出荷時に固定もするか。

DLIonOvUEAEV5xv.jpg

下死点でサドル高を合わせると上死点は-10㎜、その空間の余裕や、股関節の角度の変化をより深い前傾に充てるのがショートクランクの目的。

たまたま今月号の雑誌で(どこかは忘れた)ショートクランクの特集がされていた。

その特集ではクランクを回す角速度を基準にケイデンスの変化についても書かれていた、実際には角速度基準に体を動かせないからケイデンス基準だろうけど。

同じケイデンスでも脚の伸展速度をゆっくりにできるのはイイかもね、たぶん。




日曜日

フリーダムの朝練でみんなに遊んでもらいに。

お店集合の時点で割と人数多め、コンビニ集合でさらに若人が増える。

10代~U23が急増中?

素敵な好循環だ、置き去りにならないようにするだけでも大変(笑)

~往路~

開幕早々下りでの一瞬の出遅れが大きな差に、人数多かったからね。

ミヤモト君が懸命に下りで踏む、最終的にミヤモト君は自力で詰め切った、素晴らしい。

二段坂は序盤早々に先頭を受け取るタイミングで突入、最近このタイミング多いな。

二段目に向けて後ろに踏み合わせられるようにしているんだけど、最早気配を感じてからでは遅いな。

見込みと勘で踏み始めないと多分だめだ。

そんな訳でハンダさん、ササキくん、サトウさんの3人に頂上で10~20m差、気張って丘の上中ほどで追いつき今日のハイライトを迎えそうになる。

下りで車に詰まってしまうと「せっかく頑張ったのにー」と思うが致し方なし。

二段坂:2分7秒 369W
二段坂~平地:3分59秒 314W

振出しに戻り往路後半戦。

峠の駅前の丘でササキ君が上がっていったので追従、捲っていったハンダさんの勢いに士気を刈り取られ腰が落ちる。

自分が欲しいのは彼のような切れのある加速だが、力ではなく自転車の進ませ方が下手なのかな。

峠の駅前:1分1秒 351W

スプリントには絡めずズブズブと後退。

~復路~

少しだけ先頭にでて後退したらその後のペースがきつかった、自分が死にかけなのかペースが速いのか判断つかず混乱する。

何はともあれ着いていかねばならない、頂上で気を吐いてアウターに入れて登頂。

交差点を抜けた丘に向けて先頭をもらう、ここも後ろが踏むと見込んで先に踏んでいないと間に合わないな。

そんな訳で(二度目)タニワキさんと追走、九十九折に入る前に合体。

九十九折は本格的に斜度がきつくなり始めてから遅れる、頂上からはアカミネさんと頑張って追走、後半は岩佐さんに引っ張ってもらい下った先で追いつく。

九十九折:3分21秒 299W

セブンイレブンの丘に向けての平地は追い風×大所帯もあって平均時速47km/hと自分史上最速だったみたい。

ペースの緩んだ際に抜き去っていった岩佐さんに全力を投じて張り付き本日ご臨終、丘に向けてアカミネさんがダッシュしていくのを最後に見て脱落。

脊髄反射的に腰が上がったのは良かったね、ただその後の分まで脚の使いどころを残せなかった。

ともあれ楽しく追い込めた練習だった、遊んでもらった皆さんありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/10/02 Mon. 23:33 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1425-2aa27a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list