08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

土曜日

7時起床の8時出発、そろそろ登る量を増やそうかなぁと思ったりもするが、割と今の練習内容でお腹一杯なんだよね。

死に体で登ってもいいが、得るものが多くは無さそうで気が引ける。

裏甲武トンネルはさしてテーマを持っていないので、上野原についた時点で鶴峠に路線変更するか選ぶつもりで出発。

甲州街道から軽快に走り出し大垂水峠、今回はタイムを狙ってヒルクライム的な走りをしてみる。

序盤の緩斜面でいつもよりほんの少し抑え気味に入って、霊園以降の斜度が上がる区間でペースを上げられるように配分する、インナーを使い始めるタイミングも早めにとる。

気持ち的にはイメージ通りの配分で追い込み切った。

9分22秒 270W

なんで先週より遅くなっているのか。。。

この時期のタイムとしては過去最も遅い、3分以下の領域に練習内容を絞ってるから仕方ないのかなぁ。

甲州街道のアップダウンも変わらずハイペース走、上野原のコンビニで補給。

久しぶりの気温30℃超え、暑さのせいか消耗が激しくていつものコースに切り替え。

暑さでに日和って回転ではなくギヤをかけて登った、60rpmくらいかな、重いギヤかけてると登れてるように感じちゃうんだけど実際にはそうでもないことが多い。

17分8秒 225W

ホラナー、足りなかったのは暑さに物怖じせず追い込む勇気だったか。

下りを踏んで武蔵五日市。

いつもは真っすぐ福生を目指すが、今回はサマーランドを回って八王子を回るルートへ。

こっちの道のほうが平坦ダッシュを増やせる、この日の自分にそこまでの余力はなかったが。

1:605W
2:701W
3:721W
4:711W
5:687W
6:699W
7:710W
8:699W

ん、ん~ちょっとかかりが悪いか。。。


少し無理してでも登りを増やさないといけないかな。

山梨練習のフルコースだと大体TSS300、今は獲得標高3分の1でTSS240程度の内容。

対してIFが0.7程度から0.85~0.9と今の練習のほうが出力域が高くなっている。

パワーカーブ 6月末

パワーカーブを見ていても昨年のピーク時期より、2分13秒以下の時間領域で大きくパワーは向上している。

500Wを例にみると、昨年は13秒までしか耐えられなかったのに、今は40秒耐えられる。

この前後100Wは本チャンのレースでしばしば耐え忍ばなければならない出力域だから、この30秒弱の進歩というのは非常に大きい差になる。

E1の先頭でレースを動かすとなるとまた別次元の出力域を求められるのだけど…。

先日の那須ロードE1の先頭付近で放たれたアタックと思われるデータは、30秒平均で700Wらしい、ちょっとその感覚よくわかんないや。

ここまではロードレース目線でポジティブに捉えた所、2分13秒を超えると昨年のほうが強い。

すべての時間領域での全体の底上げじゃなくて、短時間の領域に極端にステ振りしていることが問題なんだよなぁ。

なんでこんなこと始めたんだっけと思い返すと、「瞬間的な出力の向上がエンデュランス能力の向上にも繋がる」(記憶の中の要約)みたいな文章を読んだからだったな。

そしてその文章には「エンデュランストレーニングをしながらストレングストレーニングを行うことで、不要な筋肥大を抑制しつつ出力があげられる」(記憶の中の要約)ともあって、練習の最後にダッシュ練習(ストレングストレーニング)に取り組んでいた。

つまるところエンデュランス成分が足りていないのだろうか、えぇ~もっと登るの。。。

こんな文章を書きながら悩んでいた事に対する回答を出せたはいいけど、「もっと頑張る」と言っているのと同じようで自分に苦笑してしまう。

そうか…そうなのか…。


日曜日

DDKyw7LUQAEFzB5.jpg

広島を前にもう一度チェーンにワックスを施工した、せっかく飛行機乗ってまでレースに行くんだもんね。

250㎞程度までしか耐久度は見れていないけど、雨に対して弱そうな感触。

ちょこちょこレースがあるから、都度再施工しちゃいそうで実際の耐久性は謎に包まれっぱなしかも(笑)

DDKyvvvUwAEy5eJ.jpg

2014年の広島が最後の飛行機遠征になるので、実に3年ぶり?

何が必要だったか思い出しきれないので取りあえず用意した輪行袋に詰めてみる、週の中頃になって慌てて必要なものを買いそろえるのも心臓に悪いので。

(1週間も前からパッキングしてるのが、遠足を待ちきれない子供みたいで恥ずかしいわけじゃないからね!)

リーチの大きいクラシカルな丸ハンだとこういう時に苦労する、外す部品はどうにか最小限に収めたい。

右ペダルとRDだけで何とか済みそう。

あとは目ぼしい梱包・緩衝材の用意だな。

3年ぶりの飛行機遠征楽しみだなぁ(あ
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/24 Sat. 23:28 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1413-704ff06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list