04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR / PD-6800 +4mmアクスル  

先週は寮の行事で練習なし。

ここ最近少し忙しくて、日記なんて書く暇あったら少しでも早く寝たかった。

22時まで仕事したら8時間の睡眠を確保するので手一杯、一度朝フレックスで練習してみたけど、やっぱり続かないね。

乗らないなら乗らないで少し困ったこともあって、毎日乗っていたころよりも頭が回らなくなった気がする、頭の中の血管が詰まっている感じと言うか、思考が止まっているというか…。

運動しないと睡眠の質が違うのかな。

20時までに晩御飯食べて、8時間は寝る、練習出来れば尚良い、こんな所なんだろうか。




水曜日

出勤時間を一時間半遅らせてローラー、負荷5で10分走。

ローラー練の調子はイマイチ、180bpm付近で推移出来るほど心臓が追いついていない。

筋力的には応えてくれそう。




土曜日
CgupR_AVEAEA8_8.jpg

ちょい肌寒いけど生脚で行ける位の気温、天界は寒いかもしれないのでアームウォーマーとベストは背中に仕舞い込む。

飽きもせず大垂水~鶴峠~今川峠~奥多摩周遊。

あんまり天気がいいので思わず踏み過ぎる、大垂水では全開とまではいかない微妙なタイムを出し、今川峠で早くも垂れる。

思わず奥多摩周遊をスキップしようかと思ったほど。

追い込める気が微塵もしなかったけど、根性練もたまには必要と思い亀のような速度で登る。

今週は自転車を真っ直ぐ走らせは出来たけど、頑張りどころまでにぺダリングがハマらなかった。

帰りがけ武蔵五日市過ぎた当たりでハマり出して今更感、来週に期待。



ここ2~3週間でぺダリングがハマる時がどういう状態か、少しづつ把握できてきた気がする。

昨年は漠然と「同じ力でより前に進む」(これも読み返すとひどい表現だな笑)としか表現出来なかった。

踵を下げる・サドルの後方に座ればハムストリング~臀筋に掛けてが主体的に動く、持続力はあるけれどそれほど高出力まで伸びない。

踵を上げてサドル前方に座れば大腿四頭筋が動かしやすく、短時間なら高出力が出せるけど一度使い切るとまず回復しない。

ハマるときはサドルの中心(と言うよりかバイクの中心)に座り、踵を上げ気味にし、太ももの裏表と臀筋の両方を動員できているとき。

これが解ってても中々同時には動いてくれない、どちらか一方の割合が増えてしまう事がしばしば。

より良い精度を求めるには稼いできた獲得標高がモノを言う、昨年は感覚的にそれを求めていたんだな。

何を求めて反復しているのか、少しづつはっきりとしてきた。

どのみち登り続ける事に変わりはないんだな(笑)




Cgu06XaUUAA1bXX.jpg

昨年末にペダルをシマノに変えた。

変えた理由なんて大したものでもなくて、クリートが手に入りやすいだとか、単純に壊れにくいといったもの。

LOOKの時は2mmスペーサーを噛ませていて、シマノのペダルQファクターだと横幅全開でもスペーサー分狭くなる。

その分膝の軌道をLOOKの頃から外向き(蟹股)に変えた、「蟹股踏みに変えた?」と練習時に聞かれるくらいには外向き。

ペダルを外側に追いやって、真っ直ぐ踏み下ろした方が良いのかとも悩み、+4mmアクスルを1月前まで試しても見た。

今度はLOOK+2mmスペーサーの更に2mm増しで広く出来る、そして失敗に終わった(笑)

広いほどダンシングでよく力が入るけど、シッティングでの違和感は中々のもの。

しばらくはこれで落ち着きそう。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/23 Sat. 23:36 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1343-a74140f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list