09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

Cfqi8EgVIAAHEVE.jpg

土曜日は所用につき練習なし、日曜日に練習。

随分と暖かくなった、今週はついに長袖ジャージともおさらばして更に身軽に。

下りの気温差が怖いのでウォーマー類とベスト、シューズカバーを身に着けて行ったけど結局全部脱いだ。




いつものコース。

先週は今川峠に入るまで踏み方が安定しなかったけど、今週は高尾に着くころには臨戦態勢。

大垂水の10分弱全開走にはまだまだ時期が早い、短時間の高強度で踏み方が崩れないようになるまでは戻り切っていない。

無理なくこなし鶴峠へ向かう道すがら、ぺダリングがピタッと嵌る感覚が得られて絶好調の予感。

自分の出した出力が全て推進力になっているかのような踏み心地、昨年の上り調子の感覚が帰ってきた。

鶴峠は無難に抑えて抑えて、今川峠は斜度20%近い区間だけ踏んでやり過ごす。

程なくして奥多摩周遊入口、先週よりも遥かに余力があり期待感で一杯。

前半で飛ばし過ぎて後半若干落ち込み気味、それでも先週より2分のタイム短縮、そして自己3番目の良いタイム。

自己ベストまではあと2分、もう少しでイケル!

4月の時点で7~9月程度の数字が得られた、今年はここから更に強くなろう。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/10 Sun. 22:11 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1342-204d8140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list