03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

最近は起床時間に合わせてエアコンをタイマー設定で動かしているから、快適に起きることが出来る。

いざ準備がひとしきり終わって、外界の寒さを肌で感じた瞬間に後悔する羽目にも会うようになった。

というわけで今週から夏ジャージではなく冬物長袖、まだ夏レーパン。

不思議と脚が良く回る。

甲州街道に入ると東京大学の運動会自転車部のペアが追い抜いて行った。

今週も学連勢に盛り上げてもらいながらの練習、10mくらい車間とって大垂水を登り始め、徐々に遅れ(笑)、斜度がきつくなり始めたあたりで先頭交代始まったのが見えて心までもが折れる(笑)

タイムは恰好相応の感じ、やっぱり冬物長袖は空気抵抗大きいな。

いつもならこのまま鶴峠を目指すが、今週は気ままに登りたい気分、ちょうど先週に裏和田峠の崩落個所が工事終了したらしいので、久しぶりに登りに行くことに。

最近は今川峠を登らないから、斜度きつめでず~っと登ることが少なかったのでいい刺激になった。

やっぱり激坂は何かが矯正される気がする。

CWkNBfDUsAABVNS.jpg

3年ぶりに来ると感慨深いものがある。

DSC_1513.jpg

そうか、ちょうど二十歳になったばかりの頃だった。

二十歳、ハタチ…。

CWkNKs5VEAAzpDd.jpg

表和田峠に降りるとコースが思いつかなかったので少しだけ降りて県道18号と県道33号の合流する辺り(鶴峠の始点)へと進路を向ける。

冬は空気が澄んでいて富士山が綺麗に見えた。

適当に走っていたら思っていたより南側に出てしまった、少し北上して県道33号、そのまま甲武トンネルを目指す。

ちょろっと登ればすぐに風張り峠へと抜けられると思ったら、標高差500mほど登らされて普通にヒルクライムだった(笑)

山の向こう側へ降りて風張り峠、練習後に予定があったので時間を気にしつつ、獲得標高2000m到達するまで登って折り返し。

CWkMy7nUEAAeYmN.jpg

標高500mを越えたあたりから畑に霜柱が目立ち始め、600mちかくなったら水たまりが凍っていた。

そろそろ路面凍結で走れなくなってしまうか。

家まで帰ると獲得標高は2100m位になる。

寒いなりに良く頑張ったかな、久しぶりにルーティンから外れたことをして楽しかった。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/19 Sat. 23:01 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1299-745d6064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list