10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TRINITY/TCRハンドル交換 

休憩時間に携帯を見るとジャイアントストアさんから着信履歴が、バーテープが入荷したのかと期待していたら見事アタリ。

退社後いつになく嬉々として受け取りに行きたくなるが、自転車弄って遊ぶ前にちゃんと練習。

ストイックなフリするのが楽しいうちに楽しんでおく。

アップ済ませて10分間の苦行へ、負荷5に入れた直後の心拍の立ち上がりが先週よりも鈍くて初めの2分は苦しかった。

心拍が立ち上がってからは徐々に(ほんの少し)楽になる、飛び込みでため込んだ乳酸をゆ~っくり抜きながら丁寧に踏み続ける。

先週は中盤から同じケイデンス(出力)でも心拍が175bpm↑まで上がってしまったが、今回は終盤1分半に負荷6へ入れるまで168~171bpmで安定して推移、体感上の疲労も明らかに少ない。

週末に一度外練するだけでまるで別人のように調子を保てる、やっぱリーマンレーサーとしては週末はレース続きよりも練習の方が大事なのかな。

テンポで踏み続けて最後に負荷7でひともがき、最大181bpmマークで仕上げ。

先週は負荷7でもがいたら187bpmまで上がってしまった、同じ負荷を踏みきってこれだけ調子の差が出るのだから、なんて不安定なエンジンなんだろう。

ローラー台で180bpm到達するのは何故か苦しい、先日の大垂水峠のログを振り返ると180bpm台で推移し続け最後に191bpmマークして出し切ったみたい。

とてもじゃないが無理無理(笑)




CUF_HPzW4AA5RMlk.jpg

いきなり完成形。

我が子可愛さか「悪くないんじゃない?」と謙遜した表現をしつつも脳内ではべた褒めしてしまいそうなほどカッコいいと思っている(長い

今回はCONTACT SLR LITEバーテープ、前回のは2.8mm厚(コルク地に皮のテープ巻きついた極太仕様)でとんでもなく太くなったけど、今回は1.5mm厚。

てっきりガワに巻いてあった皮だけになるのかと思っていたら、丸っきり違うものでびっくり(笑)

薄くて白い(というよりかクリーム色)のプロロゴスキンタッチみたい。

写真じゃ白いけど実物は大分黄ばんだ感じ、これは次回の選択に悩む。。。

CONTACT SLRくらい白くて、汚れにくい皮のバーテープ、尚且つ入手性◎なのが良いんだけど(我儘な奴め)。

12246930_477255435792248_1387431831670272935_n.jpg

懸案のポジションは

サドル先端-ブラケット [mm]
670⇒660
サドル先端-下ハン [mm]
695⇒675

地面⇒ブラケット [mm]
865⇒855(測りミスったかも…)
地面⇒下ハン [mm]
785⇒795

な具合に。

全体的に小振りにはなったけど、ブラケットの高さが大きく変わらなかったのは嬉しい。

登坂のダンシングの時に大きく感触が変わるから、理想を言えばブラケットの位置そのままにハンドルが狭くなって下ハンが少し近くなってほしかった。

少々下ハンのリーチが短くなり過ぎな気もして不安だけど、何とかなりそうな気もしてきた。

週末の練習が今から楽しみで仕方ない。

CUGBd7xXIAARsfF.jpg

レックマウントを左持ちのタイプに変更したので、サテライトスイッチも左にオフセット、ハンドル幅を詰めたのも相まって上ハンに手を乗せたままスイッチに指を伸ばしやすくなった。

唯一の不安要素は、1年半ぶりのカーボンハンドルがグニャグニャ過ぎて不安でたまらないくらい(笑)

こんなんで大丈夫かよってくらい下ハン動く、もちろん引きつける方向にはそれほど撓まないんだけど。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/11/18 Wed. 22:36 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1278-24416356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list