04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

MAVICタイヤ/ZIPP CONTOUR SLハンドル/練習TCR 

大分サボった、週末の雨予報でいかに不貞腐れていたことかが推し量れるサボり具合だ。

練習も水曜の回復走が最後、輪島ロードの前から続く具合の悪さも引きずり続けていて何だかダウナーな気分。



土曜日

起きると雨、二度寝して起きても雨。

仕方ないので、小雨になったのを見計らってベランダで洗車のちパンク修理。

今回初めてお湯で洗車したのだけど、余りに快適すぎて今後夏場でもお湯で洗車してしまいそうな勢い。

油汚れを落とすのが楽過ぎて水洗いに戻れなくなりそうだ、寒い日にやると湯気モクモクで何事かと思われそうだけど。

洗車終わって後輪のパンク修理、タイヤをJCRC群馬の前に新調してから何となく後輪の方が空気圧が落ちるのが早かった。

気づけば1週間かけてスローパンクするくらいに、気のせいではなくパンクのようなのでチューブ交換、800円で修理できるんだからクリンチャーは気楽でいい。

CTvM-IwUYAEwIgN.jpg

ビードを外す時に指をすべり込ませてするする外すと…

CTvNUvkVAAUXHN0.jpg

爪がエグザリットでヤスリ掛けされるから次回から気を付けよう(笑)

CTvOCCYUwAAy_Nw.jpg

犯人は真ん中ちょい右のコイツ、抜いたらどうなるか分かっていても抜きたくなるこの気持ち、良い音立てながら空気が抜けると何故かツボる。

疲れてるな。

タイヤを見てもコンパウンドに穴は見当たらなかったので、多分前のすり減り切ったタイヤの時に拾って、そのまま持ちこたえちゃったんだな。

ある意味すごい。

CTvOD5ZUEAA4OkW.jpg

特別軽くも、さして特筆する乗り心地もないけど、バルブが黒くてカッコいいから純正チューブ。

カッコいい事に関してはここのフランス人よく解っていらっしゃる。

CTvOFS6UEAE0HqO.jpg

Made in Thailand書いてあるけどね。



続土曜日

オフシーズンです、新たなチャレンジの季節です。

これで何度目か分からぬ「第n次”脱丸ハン”」作戦、サドルの方の「脱アリオネ作戦」はGIANT謹製サドルに落としどころを見つけたので第3次で終戦を見た。

1次と2次はそれぞれセライタSLRとアンタレス、どっちも痛かったなぁ。

今回の目的は今使っているシマノPRO PLTのクラシカルな丸ハンと、同等のリーチ・ドロップを持ちつつもハンドル幅をC-C380mmにすること、あと出来ればアルミハンドルが良い。

表題に”脱丸ハン”とつけておきながら、この条件にしたせいで丸ハンしか候補に残らなくなったのは本末転倒だと自分でも思っている。

色々と妥協して、丸ハンでC-C380mmを探すことに。

良いんだ、C-C380mmのハンドルを使いたいという当初の目的はブレてはいない。

しかしいざ探し始めると、もともとリーチ・ドロップともに大き目な丸ハンにそんな狭小なハンドル幅など設定があるはずもなく、言うなれば「暖かいアイス」を探すようなものだと気づくのにそう時間はかからなかった。

更に色々と妥協して、カーボンハンドルにも目を向けるとようやく候補が上がった。

で、早速買って届いたのがコレ。

CT2CI1EU8AATjKG.jpg

ZIPPのCONTOUR SLのトラディショナルベンド、これのアルミ版になるとC-C380mmが無いのはヤラシイぜ(笑)

実際に使うようなしゃくり方にするとブラケットが若干高めになるのは致し方なし、それよりもC-C380mmにしてサドル先端からのリーチが少し近くなったことの方が怖い、どうしてこんな簡単な事に気づかなかった自分←

PLT5本分近い値段のハンドルなのだから、そうそう諦めるわけにはいかない。

ST-7970で何となくポジション確認して、バーテープをジャイアントストアさんにお願いして、現在それ待ち。

週の中頃が楽しみ。



(やっと)日曜日
CT1XckpUEAUbIsI.jpg

自転車乗るよりいじくり回している時間の方が長い、それはそれで楽しいが。

余り気分も盛り上がらず、のそのそ起床して、昼前になると急に晴れてきた!

急いで洗濯物済ませて着替えて外練に出発。

長く、淡々と登り続けたかったので武蔵五日市側の風張り峠へと進路を向けるが、ふと冷静に所要時間を考えると日が暮れそうなことが判明し、結局大垂水峠へ進路変更。

普段通らないような道を走り、軽く迷子になりながらも大垂水着。

一度止まってスマホで確認すれば一発だけど、何となくそんな気にならなかった。

登り始め一本目、高尾側でタイムを狙う。

自己ベストの25秒落ち、ん~こんなものか。

それ以降は裏側に降りてゆっくり目で裏垂水を往復、頑張り過ぎず丁寧に自転車を進める。

これが一番楽しい時間、がむしゃらになってぺダリングが崩れる一歩手前で反復練習を繰り返しているのがすごく心地いい。

時間的に2回でお終いだったのは少々口惜しさが残るが、久しぶりに外に出て遊べたので満足して帰還。

CT1srXAUcAAUswn.jpg

2年近く使い込むと流石にハンドルの日焼けも目立つようになってきたな。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/11/15 Sun. 19:27 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1277-fd4593a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list