09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TRINITY/ANTHEM整備 

帰宅そうそう練習開始、気分が乗ったので負荷を上げて練習することに。

昨日の回復走のおかげか大分脚が軽い、加えて心拍の反応も良いのでどことなく期待してしまう。

アップを済ませて10分間の苦行に突入、どうしても最初の3分が苦しい、心拍を上げた状態で負荷を上げればもっと楽に入れるかもとはいつも思う。

でも面倒だからやらない。

3分くらいすると170bpm以上で推移、負荷に見合った心拍まで立ち上がると後は自分との闘い。

最後の1分で負荷6、負荷7と上げて最大心拍181bpmマークしてグロッキー。

全体通して若干ケイデンスを落としながらも負荷5のままクリア、久しぶりなんじゃないか?

ケイデンスに頼らず、しっかり負荷をかけながら心拍を上げられたので良しとしよう。

平均心拍171bpm。




CR1rv2aUsAAwCoA.jpg

工具も届いたのでさくっとチェーンを張る、いまいちMTBの適正チェーン長がよく解らなかったので無難にミッシングリンクで一番長めにつないでおく。

それにしてもMTB用のRDのプーリーケージのテンションには驚いた、もちろん悪路をバタバタ走るんだからチェーンの暴れを抑え込むために高いだろうなとは思ってたけど、何年かぶりに触ると流石に驚く。

せり出し代の少ないシャドータイプってのも初めて触る、今の所「何だこれチェーン通しづれぇ…」くらいにしか思ってないけれどきっと役立つんだろう、良く知らんけど。

あと30T以上のローギヤの存在感ね(笑)

世の中フロントシングルも流行ってるそうで、MTBは機材の流行が多すぎてよく解らない。

ステム交換してサドル高周りを調整したらソレっぽくはなったかな。

リアブレーキの遊び皆無なのと、ローター歪んでるのかシャリシャリするのでそれも直さないと。

ロードを左前で組んでるのにこいつは右前なのでそれも直したい。

サスペンションは…、どこがおかしいのかもわからないからサグ出し出来たらそれでよしとしよう。

油圧ディスクの勉強からかな、自室にオイルぶちまけないか不安である。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/21 Wed. 22:45 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1264-9cd1e66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list