03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

CIfAai8UcAAItEG.jpg


6月最後の週末に来て土日両日の雨予報、絶望的な状態でしたが何とか持ち返して土曜日に練習できるまでに♪

何より明日が晴れの予報になったのは嬉しいね、お布団が干せる。




いつもの装備といつものコースへ練習しに向かう。

大垂水をこなすあたりでちょっと不安な調子、ここで疲労感を感じているようではこの先で根性練になること必至なので、ひたすら省エネ走法。

鶴峠は自転車ギシギシ軋ませながら進むしかなくなる、斜度が10%超えるともはや牛歩だね。

にじみ出る「もうダメだ感」を感じながら丹波山へ。

どうにかこうにか内転筋を温存しながら登る。

内転筋を使い切った時の風張り峠は過去最高に痛かった(最早辛いとかじゃない)ので、思い出すだけで身震いする。

これだから山奥へ向かうロングライドはツライ(笑)

丹波山は頭ふらふらになりながら登頂、そのまま下り始めるには危険だったので何もない頂上で少し一息。

411をてれてれ走り、ラストの風張り峠へ。

そういえば今週も奥多摩湖沿いで猿に会った(笑)

登り始める時点で山のてっぺん辺りに雲がかかっているのが見える、「寒そうだなぁ」と思いながらスタート。

毎度のことながら風張りまで来ると回転で登れなくなる、ここまで4時間通しで登り続けている分仕方がない。

こんかい回転を諦めて、いつもよりギヤを掛けて踏んでみたら意外と速度を出せた、丹波山の時点で死んでいた脚が息を吹き返したように踏める。

標高1000mも近くなると雲の中に突入し、有視界4~50m位になる。

雨が降っているわけでもないのに体がぬれていくのは不思議で面白かったな、下りは怖かったけど。

最後まで踏み抜いて都民の森へ転がり込む。

CIfAWckUcAAIkCh.jpg

涼しくたって頑張った後のコーラは美味しいんです。

いつもは武蔵五日市までの下りで、低い姿勢を維持して踏む練習をしていたのだけど、今週は全く続かないほどに疲労困憊。

風張りで限界超えちゃったみたい。

ヘロヘロに成りながら帰還。




目標であった月間獲得標高10000m越えをようやく達成できた!

2700m×4で合計10800m↑

ちょいちょい天気が危ぶまれる週末もあったけど、盛大に雨に打たれることもなく達成で来てよかったな。

夜練のできない週末ライダーにとって、まとまった練習はホントに貴重。

そろそろ余裕が出来てほしいけど、何時まで経ってもこの練習はツライ。

明日は午後から少し長めに回復走が出来ると良いな。

洗車用のスポンジが交換時期になったのを言い訳に今日の洗車はサボってしまった、明日ちょっと乗ったら洗おう。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/27 Sat. 23:03 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1183-e17f16a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list