10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

もてぎエンデューロ 4hソロ 

前回の秋は雨の降る中出走し、2時間ほどで力尽きてしまった。

今回は4時間集団に残れることを最低限の目標に、余裕があればそこからさらに動けるようにすることを目標に臨んだ。

動くといっても先頭でローテに加わったり、逃げに乗れたり、逃げようとして見たりとまでは中々上手くいかないだろうなと言うのが本音。

そもそも具体的にどう逃げようとかまでは考えていなかったし、逃げというのがそもそもどういう風に動けばいいのかもまだわかっていないのが現状。

なによりこの一か月他人と走ることが少なく、山でロングライドしかしてこなかったので、レースペースでの加減速の繰り返しでどうなるか不安もあった。

筑波8耐は全力走だったからね(笑)

いつもの練習のつもりで補給食を準備、パワーバージェル8本。

これじゃないと走りながらエネルギーを体が吸収してくれない。




夜中の1時頃に布団から出て2時には集合、まとめて出発して5時ごろ到着?

前日の20時ごろから布団には入っていたけど寝れはしなかった。

もてぎはいつも体力との戦い。

肌寒かったけど朝5時にしては暖かい、気温的にも好条件の元レースが出来そうだった。

ゆっくりご飯食べて、試走してコースイン待ちへ向かう。




ほぼ最前列からローリングスタート、坂に入ってスタート後いきなりサノ(千)さんアタックから始まり、集団からは笑い声が聞こえる(笑)

思ってたほど序盤からペースが上がらなくて、ブラーゼンの招待選手たちがどう牽いたらいいのか集団内で会議している。

事前に決めておいてくれ!と心中で思いながら、ペースの上がらない集団はポジションを上げる流れが絶えない。

1時間半ごろに謎のすーぱーハイペース、誰がアタックしたわけでもなしにとんでもない速度になり、2周ほどそれが続いて死ぬかと思った。

最速ラップは6分25秒、6分中ごろになるともてぎはしんどいのか。

最後は岩佐さんが10番手くらい?のポジションにいる時に集団を切って逃げ集団として泳がしはじめる。

そこからは他の方々に回ってもらいながら休憩、サノ(千)さんがアタックしてすっ飛んで行ったのを最後に沈静化。

一度10人ちょっとで追走が先行したこともあったけど、結局垂れてきて合流。

この時点で2時間~2時間半。

3時間からがゲロ辛かった。

根性練を続け最後のへちょいスプリントを披露して集団ゴール。

16位/590人中

こんなにいたのか(笑)




レース前に考えていた最低限の目標はクリアできた。

しかしまだまだ動き回る余裕がなく、次回はローテに加わりながらレースの状況を常に把握して走れるようになろう。

気づいたら誰かが逃げてる事が本当に多かった。

湾岸練、筑波8耐と走って調子がいいのは気のせいではなく、確実に調子を上げられていることが確信できた。

普段から走りながら補給して休むことを実践できたのも、本番で緊張しなかった一因かな。

また西東京で山梨練(2700アップ)を続けよう!
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/06 Wed. 11:25 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1150-22e0c62e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list