08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TRINITY 

週末の修善寺へ向けて洗車とタイヤ交換にフリーダムへ。

少し思うところあって、C35のタイヤをコルサSCの25Cではなく、23Cにしてみた。

本当は外観的にコルサCXの23Cにしたかったが、トレッド幅を細くして、タイヤまで変わってしまうのは比較にならないので今回もコルサSC。

個人的に23Cにも25Cにもそれぞれ優れている所を感じて、使い分けできたらいいなとは思う。

今回久しぶりに23Cを履いて修善寺に挑むので、そこで多少思うところを確証に変えてまとめられたらな、と。




ちょうど岩佐さんがTTバイクで練習するとのことで、いつもは走れない速度域でTTに乗れるので、後ろに引っ付いて背後霊練習。

自分の出せる速度域から一歩踏み出そうとすると、どうしてもその速度に載せる過程がネックになってしまう。

それもそれで必要な練習のはずだけど、まずはその速度でどう走ればいいのか、余力を残して入らないと毎度毎度加速で力尽きて終わってしまう。

信号のクリアランスが良い区間(5kmちょびっと)で、2本練習。

所々横にはけて風を受けながら走ってみる、きつくなって来たり、広がった車間が詰められなくなりそうになったらまた影に戻る。

さながらお祭りですくってきた金魚を徐々に水槽の水に慣らすがごとく(笑)

最終的に47~50km/hの水槽には馴染めなかったので、加速をする労力を割かなくともまだダメなようだ。

難しい。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/27 Fri. 01:56 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1122-4f16afe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list