07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR_ADVANCED ~TRINITYポジション修正~ 

昨晩にやろうと思っていたきつい方の練習。

twitterで「お腹落ち着いたらやるぞ~」と言って気づいたら朝でした、最近はこんなんばっか。

今日は家に帰るなりそそくさと着替えて練習開始。この準備さえ乗り越えれば、乗りと勢いで辛い練習にも立ち向かえる…気がする。

一本目:ギリギリ一杯だったけど、2分間キッチリ踏み切れた。
二本目:まだ二本目は踏み切れない、1分くらいで限界超えそうな感じ、まるで頭の血管が浮き上がるよう。
三本目:到達速度がギヤ一枚落ちる、その分耐えられる時間は少し伸びる。それでも血管ピキピキ言ってる。

ここ最近安定して一本目は踏み切れる。

二本目はまだまだ。

ウェイトなんだから全部踏み切れるようじゃ負荷が足りていないし、一回ごとに出力の山が下がるのは妥当なはず。

だんだんと落ち白が減ってきて、負荷を上げられたらステップアップになるんだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

B7X_19_CEAAq6iQ.jpg

TRINITYはリーチ760mmで暫定で作っていました。

本来もう10mm引っ込めないといけなかったのですが、DHバーがこれ以上引っ込まなかった上に、バーコンとDi2スイッチでリーチが随分と変わるためです。

そこに、つい先日自分の身長が伸びていることが発覚し、身長178.5cmになっていた(嬉)ので、ほぼ180cmという事でリーチ800mm以内で作ることにしました。

その分後退量50mmはきっちり守らないといけません。

190cmを越えるとさらに850mmまでリーチを延ばせるらしい、う~んそこまでは伸びないかなぁ(笑)

新しくスキーベンドのDHバーを買い直した。

今度は高さも見直して、肘起きに腕をおいて一直線上に置いた時、自然とバーコンを握れるように20mmカット。

今回のリーチは出来上がった時に790mmで仕上がり、バーコンの位置が下がったことでまたベースバーからの突出しが増えた。

TTバイクの外観のポイントとして、落差はもちろんDHバーの突出しもカッコ良さに大きくかかわるかな、と。

もちろん実用性が無い事には始まりません。

今回は実用性を改善した結果、カッチョいくなったので嬉しいですね。

あぁ早く外練で使いたい。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/16 Fri. 01:41 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1086-de047edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list