06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

2011 TRINITY ADVANCED SL 

B66l3ELCIAEIcBq.jpg

SNSつながりの方から譲って頂きました、とても新車でこのフレームは買えません。

以前のFCRは、UCIのTTバイクに関する現行のレギュレーションが無かった時代のTTフレームのはずなので、UCIルールに準拠したTTに出る際には色々と難儀しました。

シートアングルが立ちすぎてサドル後退量が満たせなかったり、リーチが遠すぎてDHバーがみすぼらしい長さになってしまったり…。

今回の(ほぼ)現行規則にのっとったTTバイクの投入で大分改善される見込みです。

スペシャライズドのSHIVが引っかかったように、ヘッドチューブ前のカウルが空力付加物とみなされてしまうので、スリムなフロントフォークが別途用意されています。

現状はこの仕様で練習しますが、本番ではフォークを交換しないといけませんね。

B6z6vvLCIAAQuwX.jpg

最近のTTバイクでは電動専用というのも珍しくは無いと思いますが、TRINITYは”一応”機械式で組めます、”一応”。

B61y6SsCYAABRc7.jpg

ベースバーの真下から上図のようにケーブルが生えて、フロントカウルの中をとおり、フォークとフロントのブレーキをくぐってダウンチューブに入っていきます。

そのケーブル類はほぼフルアウターなので通すのも大変でした。

二度とケーブル交換したくないです。機械式で組めるといっても、組めるだけであってあまり整備性や、実用性に耐えうるレベルぎりぎりを攻めているか、セウトという表現がちょうどいいくらいかもしれません(笑)

次組むときは絶対に電動だ!

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/10 Sat. 00:02 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1083-f9265b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list