07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習FCR_TT ポジション変更確認サイクリング 

DSC_4486.jpg

ぼっちマス、クリぼっち。

いわゆるソレの部類な一日を過ごした人種であります、悲しいねぇ。

稲毛海岸ではウィンドサーフィン?をされている方がいっぱいいて楽しそうだった。

スキーベンドに変えて、実走でどうなるか確認したかったので外に行ってきました。千葉はまだ暖かくていいね。

TTバイクで頑張るのが今の練習ではないので、あくまで確認程度の実走、今の練習は別。距離にして30kmを二時間もかける真正ぽたりんぐであった(笑)

久しぶりに走り出すと、DHポジションをまともに取れない。ローラー台では乗っていたから、腹筋背筋には辛くないんだけど、前荷重になった状態で風にあおられたり、路面からの入力を体がうまく逃がせない。

思わず焦ってしまった。

5kmも走るとだんだんと思いだしてきて、肩ひじ張らずにDHポジションをとれるようになった。

スキーベンドは大当たり、圧倒的にこっちの方が空気抵抗の面で少なくできるはず。あと機械式のバーコンユーザー的には、ワイヤーを引っ張り上げる動作がすごくやりやすくなった!

力まずともハンドルを手のひらで包めているおかげで、3バトンでも横風に対する耐性が高くなって、バイクの姿勢を保つのに力を使わなくていい分、しっかりと踏み続けられる環境が増えるはず。

ストレートやSベンドも手のひらで包めるとはいえ、実質”ほとんど引っかけてるだけ”なので、やっぱり風に対する耐性がスキーベンドに比べて劣る。

バイクのシルエットは、そのほとんどがホリゾンタルなTTバイクにとってストレートの方がカッコいくなりそうなもんだけど、現状のUCIルールだとそうも言ってられないので実用性優先。

そもそも突出し量が750~800mmなら、スキーベンドの方が長く見えそうだしカッコ良くない?
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/12/25 Thu. 02:36 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1073-3496b3f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list