06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

コンチネンタル フォースコンプ 24C 

B3wJm3YCcAAa4wj.jpg

Continental FORCECOMP 24C

ヴィットリアのコルサSCはとても素晴らしいタイヤだったけれど、少々入手性がアレだったのでもう少し別のタイヤも試してみようかと思った次第です。

条件としては
・入手性
・PROPELのブレーキに収まること
・転がり、グリップにおいて劣らない事

ぱっと目についたのがコンチネンタルのアタックコンプとフォースコンプ。

前後異なるトレッド幅を試してみても良かったかもしれないけど、同じ状態で試したいので前後フォースコンプ。

グリップ、転がりの良さはコンチのコンペでよく知っているので期待大。

また、24Cと気持ちタイヤの高さが下がったので、ブレーキワイヤーとのクリアランスも少しだけ増加した。コルサSCの時はブレーキシューが削れたり、タイヤを前後ローテして若干伸びた時にワイヤーが擦ってしまうほどにクリアランスがカツカツだったから嬉しい。

それなりに太いので似たような感触も得られそうである。

B3wJpa0CIAACpA5.jpg

外観的にもスキンサイドではなくなったので大分変ったかな。

唯一問題があるとすれば…

B3wJx7KCAAA5W2x.jpg

相変わらずのコンチネンタルクオリティで、700Cタイヤとは思えないほどの内径のキツサ位である。

出来ないのは分かっていたので岩佐さんにお願いしました、自分でやるとブレーキ面をセメントだらけにする未来しか見えない(笑)

どうにかして楽に自分で貼れる方法ないかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/12/01 Mon. 22:51 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1057-36c39d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list