10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習@PROPEL_ADVANCED_SL 三本30分~再びアナトミックハンドルへ~ 

今日は4年の唯一の必修講義であるプレゼンテーションの講義で自分の発表の番であった。

この期に及んで必修だなんて卒研だけにしてほしいものであるが、どうにも頑張らないといけない状況なのでレースやりつつちまちま進めていた。

今日無事その発表も問題なく終えることが出来たので一安心、後は研究室の滞在時間を稼いで自分の卒研テーマのデータ整理だけだ。




B2KXFOkCMAEWi6o.jpg

先日の靴下の記事の際にも三本ローラーに乗って軽く汗をかく程度に練習をしていた。何となく体を動かしたかっただけで練習と言えるほど頑張ってはいなかったけれど。

30分ほど乗ってひとしきり体が温まった所でフォームチェックをしてみたところ、少し落差をとりすぎているようにも感じられた。

体の柔軟性以上にポジションが先行してしまっているような状態。

これはあまりよろしくない。

大分個人差はあれど、最も力を入れやすいフォームは人それぞれ持っている。

自分にとってはある程度脇を締めてひじを落とすことによって上体を下げる方が力が入りやすいが、今回改めて自分のフォームを見ると肘を落としていった際に骨盤が寝そべってへっぴり腰になるくらいハンドルが低いように感じた。

これでは落差があってもなにも役に立たない。

同じような上体の低さでも、もう少しハンドルが高めで脇を絞って力が入りやすい方が結果的に長く速そうである。

そう思い立ったこともあり、再びハンドルをアナトミックハンドルに戻してみた。

丸ハンを使用すると、ブラケット下ハン共に遠く低くなりやすい。今回サイズダウンしたフレームに丸ハンは少しやりすぎたようだ。

アナトミックハンドルにして縮まってしまったリーチは、白い135mmステムでなるべく相殺。実際にはもう5mmは欲しいがしょうがない。

アナトミックハンドルリトライ

今日は蛍光イエローのソックスを降ろしてみた!

じゃなくて、やっぱり落差が減少したことによって大分肘を下げることが出来ている。同じ上体の高さでも肘が落とせないとあまり力が入らないように感じる。

今回の変更が実走でしっかりと結びついてくれるといいな。

久しぶりに朝練に出たい。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/12 Wed. 02:39 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1045-4dc62a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list