04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

TTバイク フォーム考 



大会当日、佐藤さんのカメラで石丸さんが動画を撮ってくださりました。

本チャンで自分がどういうフォームで走っていたのかがよく解ります、ありがとうございます!




TTバイクはロードバイクと違って、スタート後に加速してDHバーを握ったらほぼポジションは固定。サドル位置の前後は多少できるが、UCIのルールの関係上自分の身長(176cm)でもリーチが寸詰まりなのであまり変化は大きくない。

したがってポジション=フォームにそのままつながると考えてもいいかもしれない。

サドル後退幅も同様の理由から50mmでほぼ固定。

となるとポジションを作るうえで変化させられるパラメータはサドル高と、肘置きの高さ、DHバーの間隔・角度のみ。

DHバーはTTスペシャリストな世界の選手を見る限り、目一杯狭くするの一択かな!(笑)

ロードバイクと違って考えられるものが少なくて楽ちんかもしれない、フォームもローラー台でチェックしやすい。




では数少ないパラメータのうちのサドル高から見てみよう。

watarasefo-mu2k.png

watarasefo-muk.png

下死点において脛の辺とシューズの辺がなす角が直角にできている、これはロードバイクの時も自分が基準としている最も力が入れやすい高さ。

サドル高が高すぎれば踵を上げて足首で越えようとしているし、低すぎれば水平以下に踵が落ちる。

いい具合にパワーを出せる時の膝の角度が一定なためか、自分はサドル高の変化の影響が足首に現れやすい。そのため自分の中で一種の指標としている。

クランク水平時も載せたけれど、これはさほど意味をなさないかな。

サドル位置が変えられないので動かしようがない。

肘置きの高さについては、クランク上死点時に腿が一番高く上がっている状態でお腹周りが苦しくないか、腰回りが寝てへっぴり腰にならないかどうか、と言ったところ。

自分はまだ下げ過ぎた、といった経験がないので分からないが岩佐さん曰く「呼吸が出来るかどうか」も高さを決めるうえで基準になるそうだ。

肘置きに関してはまだ下げてもいけそうな気がする。

フォームに関してはこんな所。




これ以上ハンドルも下げられないしどうしたもんか。

ロードバイクに続いてTTバイクもジオメトリの壁に激突かな?

まぁ次のTTまで一年ある、ゆっくり考えよう。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/15 Mon. 21:56 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tcralliance.blog.fc2.com/tb.php/1010-6801d81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list