FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR/実業団 群馬CSC 

金曜日

年休をとったので、群馬前に調整練習。

松ケ谷…計れず 平日だからいつもと交通量が違った
連光寺…4分27秒 298W ベスト20秒落ちもまずまず
天国への階段…44秒 466W ベスト4秒落ち

スタンディングダッシュ2回

1回目:778W
2回目:801W

DoVhyR3UwAAm_PW.jpg

快晴の空、THE東京の河川敷って感じの中をゆっくり帰る時間がすごく癒される。

半袖で頑張ればほんの少し汗ばんで、練習上がりのコーラが美味しい今の時期は本当に一瞬だ。

1年中こんな天気なら良いなと思う、これから徐々に寒くなっていくから秋は嫌い。

冬になると春を見据えて頑張りなおしているから、春>夏>冬>>>秋って感じか。




土曜日

自転車には乗らず、日曜日の為に整備。

チェーンにワックスを仕込んで、洗車して準備おk。

あとはお買い物をしていたかな、台風直前だけあってどこも混んでいた。




日曜日

実業団 群馬CSC 60㎞
クラスタE1 DNF

気温14℃かつ雨の中と人類としての強さが試されるレース。

5周目で遅れて、6周目に降りてしまった。




久しぶりの群馬遠征、関越道を使うのは本当に久しぶりだ。

東北道漬けの遠征である記憶しかない2018年、佐野SAでソフトクリームを食べられないのも何だか寂しいもので。

関越道はアップダウンはあるけど、東北道や東名みたいにロードレース感がないので帰って安心して運転できる。

4時半出発の7時ちょい到着、到着してグループLINEを確認すると応援に来てくださったタニワキさんがローラー台の準備をしてくださっていた。

監督会議まで出ていただいて本当に助かりました!

小雨がぱらつくなか十分に着込んで試走を1周だけ、調子は悪くない、シーズン序盤と遜色なく踏めている。

本当は成長していたかったんだけど(笑)

コース上には落ち葉も多く、路肩には苔もちらほら、最近雨がちだったもんね。

無用なインターバルは避けたいので、検車は早々に済ませてほぼ前列で整列。

あまり寒さに強くないので、アーム・ニーウォーマー着用で臨む。

ローリング開始、春先のようなスリリングな展開はなく無難にスタート。

スタートから3周目ほどまでは特に何事もなく、30分時点でパワーバージェルを一本補給。

4周目にTRCナカイ君が上がってきて、そのままアタックしていった。

時折掛かるダッシュに対応できていたつもりだったけど、この周回から腸腰筋に疲労を感じ始めてしまう。

ニーウォーマーで覆いきれない部分だからか、もしかしたら冷えてしまっていたのかもしれない。

腸腰筋に疲労をため込むと回転を上げていくときに非常につらい。

心臓破りの登り返しや、丘の頂上からの速度回復で後れを喫しそうになってしまう。

5周回目の裏ストレート、自分の2人前が中切れ。

自力で早々に繋げなければいけないが、「最終コーナーを回るタイミングで前が詰まらないかな」と引っ込んでしまう。

結果、前は詰まらず、踏みなおしたときには時すでに遅く、後ろに居た5~6名の選手には申し訳ない事をした。

全力を出して1コーナー登り切るまでに届かなかった時点で踏みやめた、1周回ってレースを自分から降りる。

およそ初めて?自分からレースを降りた。

今週末に南魚沼ロードの2連戦が残っている事、今回の気温・天気の中粘っても体調を崩すだけになりかねないと考えての選択だった。

最後の判断を見誤らなければ、もう少しだけ集団には居れたかもしれない。

ただそれでも長くは持たなかっただろう、こういう天候の時の対処方法は何があるだろう。

南魚沼の天気がいいことを祈るばかり。

スポンサーサイト



Posted on 2018/09/30 Sun. 20:47 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

30

練習TCR 

土曜日

雨予報だったけど結局雨には降られず。

松ケ谷…交通のタイミング合わず
連光寺…4分45秒 280W
天国への階段…46秒 459W

スタンディングダッシュ2回

1回目:766W
2回目:801W

先週から感じていたけど、思ったより調子悪くない?

寧ろ上り調子にすら転じているか。

来週の群馬CSCを前に、誰かと練習しておきたかったので夕方から千葉へ帰省。

最後に誰かと走ったのが矢板片岡ロードって信じられない(笑)

Dn1kWswWkAAhTxA.jpg

サドルをテストサドルのコンコールから、製品のコンコールへ変えた。

カーボンレールになって見るからにサドル高が上がってるんだけど、ISPを切るのが億劫。。。

スケールを当てたら思い込みが激しくなりそうなのであえてサドル高は測らなかった、乗ってみてこれでいいなら切らずに済むしね。

Dn1kUpSX0AEe-Am.jpg

併せてクリートも新品に。

二色成形の接地部分?が無くなるとすごい勢いで削れるんだね。

昔は削れるよりも先に下側2点が折れてしまっていたから知らなかった。

足をつくのが上手くなったのか、材料が変わったのかは謎だ(笑)

新品のシマノクリートは粘る様な外し心地で少し気持ち悪い。

この辺はLOOK優秀だよね、「パコンッ!」って気持ちよく外れる。




日曜日

フリーダム朝練へ。

ちょうど下総でエンデューロがあったようで、タニワキさんやイシマルさんは居なかった。

レーシングチームはニシ(24)、ミヤ(19)、ナギ(17)に加えて、初参加のクリハラ君(18!)と、10代の若手が一緒に遊んでくれる。

「だいごもオジサンだな」と言い放たれ眉間が重くなった(笑)

26歳はまだ若手のつもりなんだけど、どうもそうは言わせてくれないらしく。

ニシとサイクリングチームのクワハラさん(27)と結託して、「絶対に返り討ちにしてやる」と内なる闘志を燃やすオジサン。

Dn1kYzBW0AAJfMS.jpg

序盤の平地は向かい風、42~44km/hまで上げて先頭交代。

往路のハイライト2段坂は最後尾から。

2段坂…2分2秒 353W

飛び込みが向かい風で、先頭で入ったら判断に迷う風向き。

2段目に差し掛かったあたりで先頭に出ようとしたらイワサさんが被せて飛び出した。

TTバイクにディスクだったから速度を殺したくなかったんだろうな、頂上から被せてペースを上げる。

軽く後ろを見ると後続は点々と散っている、クワハラさんがすぐ後ろに居たので付いたことを確認して逃げ切りを試みる。

速度を載せてクワハラさんに交代、少し休んで後ろと距離を確認、ミヤ(19)が頑張っている、良いぞ苦しそうだ(笑)

ひと呼吸をおいてもう一回踏みなおす、終盤付近でもう一度振り返る、ミヤ(19)が遠ざかった、やったぜ!(笑)

下って少し後続を待ったのち仕切り直し、何気にキツイ1分坂へ ナギ(17)、ニシ(24)、クワハラさん(27)、ミヤ(19)、自分最後尾で入る。

峠の駅前…1分 380W

ミヤがチェーンを落として遅れ、クワハラさんが付き切れる。

ピークを取りに掛けたらニシが脱落、ナギ(17)は下から先頭で入ったのにまくり切れなかった!

下り始めても踏みやめずそのまま緩い登りへ、後続を弛ませない様にナギ(17)と2人逃げ敢行。

ピークはいつの間にか復帰していたミヤに取られる、着順をとるためのいい掛かり方をしていた。

ここで往路はお終い、しばし小休止。

Dn1kbGvXgAAduEA.jpg

いつも休憩しているセブンイレブンがリニューアルして凄くきれいになっていた、お洒落なウッドテーブルまであって道の駅見たい。

復路、一発目の登りはあまり上がらず、頂上付近でニシがゆっくり上げる。

下りはいい具合に踏みつつローテを回す、直後の坂は誰も掛けず。

復路のハイライト、九十九折り。

うぐいすライン 大桶…3分16秒 309W

3番目くらいで入り、斜度が上がる付近でペースを上げ後ろを振り切りにかかる。

誰も前に出さないつもりで踏んでいたけど、左に回り込んだあたりでミヤに仕掛けられる、軽いなぁ。

しかしここで掛けると頂上までに垂れるはずなので、斜度が緩んでも踏みやめず追走、頂上前にあと1~2mまで詰めて捲れず。

上の平坦でミヤと2人ローテ、このまま逃げ切りを目指す。

往路の静けさが嘘のように強いミヤ(19)、自分が先頭引くより1~2km/hくらい速かった。

無事逃げ切り、最後は力残らず。

Dn1kly_W0AAKJ5M.jpg

10代のスタミナって凄いな、最後のスプリントは別腹だもんね。

自分の調子の良さは間違いではないらしく、来週の群馬へ向けて弾みがついた。

ありがとうございました!




月曜日

昨日の今日で脚が動くとは思えない?けど、やってみないと解らないのでルーティン練習。

松ケ谷…1分17秒 394W ベスト7秒落ち

ここで脚が止まる(はや

流石に全開走3日目は無理みたい、オジサンだからかな…(笑)

あとはしっかり休んで群馬に備えよう。

Posted on 2018/09/24 Mon. 15:46 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

24

練習TCR 

今週は15h、少ないと思いきや金曜日は逃げるように定時退社したので20hペース(笑)

これでも月間ペースで行けば60hだもんな、疲れきってしまうよ。

あともう一山乗り切れば落ち着く。




土曜日

雨、でも最高気温20度近いので外練習。

DnXie4eU0AAwrsn.jpg

雨なのでスペアバイクで出向く、ハンドルをしゃくった(ブラケットが高くなる方)らカンパの使いにくさがだいぶ改善された。

なんなら下ハンの具合も本チャン機材よりいい感じで新発見。

カセットが11-30で、うっかりアウターローに入れようものならRDが弾けるので、ローギヤのボルトを絞って暫定対策。

11速を10速運用、たまにしか乗らない自転車にコーラスのチェーン新調するのもね…。

短縮コースで練習、丘ダッシュだけ取り組む。

天国への階段…42秒 ???W 自己ベスト2秒落ち

まさかカンパでこんなにタイムが出るとは。。。

スタンディングダッシュを2回やってお終い。




日曜日

DnXidYzVAAAbl8A.jpg

本チャン機材もハンドルをしゃくって調整、ブラケットがやや上を向きすぎな気もするけど、乗った感じこれはこれでいいや。

定常練フルコース。

松ケ谷…1分13秒 443W ベスト3秒落ち
連光寺…4分17秒 283W ベスト12秒落ち
天国への階段…垂れて踏めず

スタンディングダッシュ2回

1回目:742W
2回目:807W

お、800W超えた。

何だか久しぶりに見た気がするな。




月曜日

同様にフルコース。

松ケ谷…1分14秒 390W ベスト4秒落ち
連光寺…4分13秒 296W ベスト8秒落ち
天国への階段…47秒 423W ベスト7秒落ち

スタンディングダッシュ2回

1回目:762W
2回目:809W

悪くない数字、次の週末でさらにコンディションを上げて群馬に臨みたい。

しかしまた60㎞も走るんだな、E1…(笑)

Posted on 2018/09/18 Tue. 19:48 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

18

練習TCR 

土曜日

今週も引き続き忙しく5日間で20hほど。。。

ただでさえ寝不足の中、先週の渡良瀬用に4時半にセットした目覚ましがOFFになっていなかった(笑)

もう踏んだり蹴ったりである。

涼しいなぁと思っていたけど普通に32℃くらいだったから、いよいよ酷暑に慣れすぎてしまったよう。

風も強いしで数字は望めず。

松ケ谷…合流してきたバスとタイミング合わず計れず
天国への階段…54秒 403W これも交通のタイミング合わず…。
連光寺…4分51秒 256W もはや心身ともに抜け殻

スプリント練習をやめ、スタンディングダッシュ2本

1回目:758W
2回目:783W

思えば一か月ぶりにルーティンの練習をやったのか、体が慣れていないせいかイマイチ完遂出来ず。

午後は用事があって千葉へ弾丸帰省、フリーダムに寄って店舗移転前に在庫のウェアを購入する。

予定外に半袖のエアロワンピを買い増し。

この1週間、渡良瀬の失敗をそれなりに引き摺っていたのだけど、岩佐さんに「失敗しちった」って話したら不思議と忘れてきた。

社会人となり、西東京で一人「千葉のみんなには負けない❗」と対抗心を燃やせるようになって練習の自主性を得られた反面、思うように成果を上げられないと酷く落ち込むようにもなった。

26歳にもなって未だ自分のメンタルをコントロールしきれないとは。。。

幸いにも失敗した原因も、繰り返さないためのやり方もまだ分かっている。

残りの群馬と南魚沼を頑張ろう。

-----------------------------------------
日曜日

ルーティン練習。

昨日ほどではないものの、それなりに風はあった。

松ヶ谷…1分18秒 414W 頂上付近の向かい風に失速
天国への階段…47秒 486W
連光寺…踏み切れず

スタンディングダッシュ2本。

1回目:722W
2回目:775W

疲労は蓄積しているけれど、昨日よりは好感触の踏み心地。

帰宅して南魚沼のトンネル用に度入りのクリアレンズを買いに御茶ノ水へ。

久し振りに大学の回りを訪れたけど、不思議と時間がたった気がしなかったな。

もう4年は来てなかったはずなのだけど。

今シーズンも残すところ3戦、やれることをやりきろう。

Posted on 2018/09/09 Sun. 21:28 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

09

実業団 渡良瀬タイムトライアル 

土曜日

夏休み明けてから2週目にしてすーぱーハードワーク、5日間で残業25h(!)と、絶賛寝不足。

タイムトライアル前日なので、短時間のダッシュ走を少しだけ。

松ケ谷…1分12秒 450W 自己ベスト2秒落ち

あとは流してお終い。

帰ってきてお昼寝してしまったのでチェーンの仕込みが遅くなってしまったのは誤算。




日曜日

81369.jpg

実業団 渡良瀬タイムトライアル
クラスタE1 32位/90名中
7分34秒1

今年はタイム更新ならず。

それでも相対的な順位は昨年と大して変わらないので、今年の渡良瀬は少し難しい風向きだったよう。

写真は遊びに来てくれたハヤトさんとナナエさんから、ありがとうございました。




朝4時半起きの7時着目標。

無事そのくらいの時刻に到着し昨年同様の駐車場へ。

試走時間が始まる直後にはまだ雨が降っていて、体を濡らした後に3時間近く待つのが嫌で今年は試走せず。

ゆっくりと準備をして出走の時を待つ。

ウォームアップを済ませスタート待ちへ並ぶ、昨年検車を通したバイクだから楽々パス。

自分の出走順が来ていざ発進。

昨年まで都合5回、渡良瀬のタイムトライアルに出場してきて、スタート後にゆっくり加速するだけでも5秒は持っていかれることを知った。

飛び込みで51km/h 631W

そこから林間区間へ向けて42km/hまで緩やかに落ちてしまう、この時点でやりすぎ。

左直角コーナーを迎えるまでに、明らかに昨年より遅いことに焦りで一杯。

それでもベストを尽くすため、直角コーナーの立ち上がり~橋をこなし、下りから仕切り直し。

細い左コーナーから速度回復を計り、42~44km/hへと取り戻す。

43812.jpg

手元のメーター読みでも30秒近くなり、失意の中ゴールラインを超える。

結果は7分34秒と昨年+14秒、なんと情けない結果だ。。。

失敗した理由は分かっている。

・今年はTTバイクでの7分走の練習が甘かった
・タイムを意識するあまり、ペーシングが速度基準で追い風・向かい風の踏みどころを見誤った

渡良瀬TT 昨年との比較

昨年よりリードしていたのは飛び込みのダッシュ部分だけ、それ以外は全般的に2km/h近く速度が遅い。

林間区間のストレートが向かい風であったのだから、橋以降でもっと速度を伸ばせなければならなかったな。

メーターにタイムとケイデンスだけ表示して頑張った昨年がベストなのは、そういう事なんだろう。

7分間の全力走と思えば、自分の脚の乳酸メーターが一番信頼度が高い。

これまでTTで大失敗をしてこなかった理由でもあり、自分が得意としていたことを忘れていた。

2013年 8分12秒
2014年 7分48秒
2015年 7分28秒
2016年 7分25秒
2017年 7分20秒
2018年 7分34秒

この悔しさは絶対に忘れない!

Posted on 2018/09/07 Fri. 21:06 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

07