FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

平日練

無し!

月曜に休みを取っていたけど、修善寺2daysの疲労が思ったよりもあって、寝込んで終わった。




土曜日

修善寺明け一発目の練習、レースで限界を超えた感があったので、いつもの練習コースでどんなタイムが出るか楽しみだった。

若干寒いけどニーウォーマーとアームカバーで行ける気温。

松ケ谷…1分17秒 416W 自己ベストを2秒更新!

走っているときは「遅いかも」と思っていたが、データで振り返ると自己KOMを更新。

連光寺…4分11秒 291W 自己ベストタイ記録
天国への階段…47秒 506W 自己ベストタイ記録


スプリント練習2回

1回目:54.6km/h 758W
2回目:57.2km//h 765W

スタンディングからのダッシュ2回
1回目:825W
2回目:821W

スプリント練習は絶好調、レース走ると効率よく速度を出せるな。

微風の向かい風だった1回目でも54km/h出せたのは少し自信になる。

一方で筋トレ的なスタンディングダッシュはちょっと低迷、背筋がうまく使えなかった。




日曜日

土曜日より体はスムーズに動く。

前日より暖かくてアームウォーマーのみ、それも昼頃には外してしまうほどの陽気。

松ケ谷…1分17秒 428W 自己ベストタイ記録

2日連続で出せると自分の実力になったと思える、今の練習内容でちゃんと早くなっているのだと解ると凄くホッとするね。

連光寺…4分5秒 335W 自己ベストを6秒更新
天国への階段…46秒 497W 自己ベストを1秒更新

スプリント練習2回

1回目:56.4km/h 676W
2回目:50.9km//h 628W

スタンディングからのダッシュ2回
1回目:789W
2回目:810W

スプリント練習2回目以降は垂れた、今年は暖かくなっても体の使い方が迷子にならないな。




E1で走るにあたり、少しでも前を目指すにはとにかく瞬間的に出せるスピードがいると今は思っている。

5~6W/kg程度でついていけるシチュエーションなんて物はほとんどなくて、必要に迫られれば7~10W/kgを気後れせずに使っていく。

そうして間隙を逃さず、前を目指し続けなければあっという間に最後尾になってしまうからだ。

そして他人を苦しめる方法をよくわかっているE1は、E2やE3と同じようなラップや登りの区間タイムでも、速度の上がり下がりの仕方がだいぶ違うように感じる。

今の練習内容で成長の頭打ちを迎えるのが怖い、仮にそうなった時、次はどう頑張ればいいのかまだ見当がついていない。

思いついたとして、それを楽しめるよう自分のメンタルを持っていくのが間に合うのだろうか。

最近はそんなことばかり考えているかな。
スポンサーサイト

Posted on 2018/03/28 Wed. 22:01 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

28

実業団 修善寺 

平日練

無し




金曜日

お休みをとって準備にいそしむ、洗車して本気仕様でチェーンにワックスを仕込み準備万端。



土曜日

実業団修善寺 day1
クラスタE1 36位/117名中

今回のオフトレの方向性は間違っていなかったみたいだ、昨年の自分を大きく超えることが出来たと言っていいと思う。



4時起き、4時半出発。

修善寺に6時半頃に着いてせこせこと準備、修善寺って冬のわりに暖かいイメージがあったんだけどこの日は超絶寒かった。

例年E1はお昼付近・JPT前後の一番美味しい時間にレースをやらせてもらっていたが、今年は違うっぽく。

試走してからレースまでがタイトで忙しい。

アベさん、ハヤトさん、ニシ君と震えながらコースの下見に向かう、修善寺の8㎞コースって未知の領域。

2014年の実業団以来、修善寺を右回りしていなかった、4年前の記憶より斜度は緩く・時間は短く感じられたのは成長かな。

バンクのついた左コーナーを回った先で本コースから外れる、秀峰亭の直前らへん。

一気にがれた道路に入り込む、自転車用のサーキットらしい荒れ方というか。。。

試走のペースにもかかわらずこの辺でハヤトさんが死にかける。

登り切ってどれも似たようなS字コーナーを抜け続ける、左端には大量の苔が見えたので右側キープにしようと決意。

下りきって橋を超えると2個目の8㎞コース登り、ここでハヤトさんにとどめを刺す。

登り切って少し平坦を走ると秀峰亭直後のヘアピンが連続する下りに合流する。

それにしても風が強い、2号橋後の登りとホームストレートが向かい風なのはでかいね。

試走を終えて沖縄でE1に昇格してきたニシと並ぶ。

DYpjr3NU0AEc_UN.jpg

今回の写真はすべてナナエさんから、ありがとうございます♪

しかしさみぃ、まじさみぃ。

スタートまで3~4分の時に上着を脱いだんだけど、一瞬で冷え切った。

DYpjtmGVwAAGQND.jpg

終いには二人して肩を寄せ合うほど。

あまりに寒すぎて、レースへの緊張感と不安よりもさっさと走り出したくて仕方なかった。

8時半、定刻通りスタート、どこまでローリングなのかいまいち分からないけど隙あらば前へ上がる。

8㎞コースに入る前にはほぼ先頭まで出れた、登りのペースがずいぶん早くてちょいちょい「速くねぇッ!?」と声が聞こえる。

余裕があるとは言わないものの、「無理ではないな」と感じられてスタート前に少し自信が漲る。

下って橋を超えたところでリアルスタート、このシチュエーションで開幕ダッシュ以外はあり得ない。

20人くらいを前に見ながら本コースの下りへ、2号橋直後の登りもず~っと一列。

ここで集団はぶつ切り、中盤で気づいてどのタイミングでジャンプを図ろうかと思案する。

TRCのナカイ君が意外にもすぐ動かなかった、焦りを隠せず下り初めから渾身のジャンプを試みる。

1号橋からホームストレートにかけて向かい風でグッと押し戻される、ナカイ君はこのタイミングで前に飛んで行った。

DYpjvY0UMAAzn-U.jpg

ここまでに暴発させてしまったので後ろには着ききれず、JPTを経験しているだけあって落ち着き方が違うよなぁ。

1周目のホームストレート目前から戦線脱落、周りにいたメンバーと千切れてなお完走を目指し踏み続ける。

途中左足首を攣りそうになり、足首が90度曲がっているような感覚に苛まれながら走り続ける。

初めは登りが速かったが、グルペットの音頭をとる人が現れ始めてから、登りそこそこ下りハイペースに。

DYpkJOiVAAEn3lI.jpg


今まで背中を見ることしかなかった、WCUのサイカさんやイシバシさんと同じグループに収まれている事に自分でも驚く。

ただこのグループに来るまでの過程は違うから、「どこまでレースの前線に残れたか」という点では全く違うのを忘れてはいけない。

DYpkGg9UQAAgMlV.jpg

無事最終周回を通過し、最後にもがくも後方に沈む。

久しぶりに「一人でも多く前に出たい」と思えた、忘れかけていた闘争心が少しだけ思い出せたかな。

自分の居たグループのトップで26位、現実的なポテンシャルとしてはそこまで、それより前に25人居たということか。

序盤にどこまで耐えられたらもうひとつ前のグループに入れたんだろうな。

ダウンを済ませてE2のゴールを応援、お昼を食べて夕暮れ時のE3を応援。

今年もE3の顔ぶれが明るくて楽しそうだ(自分視点

オノキャップが手配してくれた宿(ありがとう!)に泊まり11時ごろ就寝。




日曜日

実業団修善寺 day2
クラスタE1 35位/119名中

2日続けて最終結果は同程度、前日の結果がまぐれではないと確認できてほっとする。




宿はハヤトさんとニシ君の3人部屋。

ハヤトさんを真ん中に布団を川の字に並べたのだけど、想定外にアクティブな寝相を繰り出すハヤトさんに蹴られ続け3回くらい目を覚ました。

起きて振り向くと視界一杯にハヤトさん居るし、あの距離感は男同士では危険が危ない(笑)

6時半出発の予定が我々の部屋だけ40分集合、アベ夫婦はきちんと時間通り、すみまてん。

修善寺に7時10分くらいに着、試走はせずローラーでアップ。

DYplC4aVwAImo-F.jpg

昨日と違い、暖かく風もほとんどない。

生足で行けるかなと思ったけど、サインアップに向かおうとしたらやっぱり寒かったのでニーウォーマーを履く。

無難に並んで8時半にスタート。

2日目は初日にローリングがバカみたいに速かったとの声を受けてだいぶ抑え目に。

隙あらば前に上がり続け、先頭10~20番くらいの位置に。

ローリング解除でダッシュ、前日と同じく20番くらいで本コースのヘアピンに入る。

前日が前日だったのでみんな2号橋以降もひたすら前を目指し続ける、頂上付近で実力的に飛び出ているメンバーが抜け出す。

メイン集団と言えそうなグループに残れているので何とかこの位置をキープしたい。

DYplDutVAAAXJn9.jpg

下って一号橋登りを堪え、ホームストレート。

ストレート終盤に差し掛かり徐々に車間が空いたサイカさんから先頭交代を求められるが、自分もそんな余力はなく。

精一杯の力を出したのち1コーナーの登りでドロップしてしまう。

残るは完走を目指すのみ後ろの様子を見ながら走り続ける。

8㎞コースの登りに入ったところでTRCナカイ君特急が来た、これに乗り遅れる訳にはいかず必死で乗車。

それにしてもナカイ君はぇぇ、回せる人はちらほらいるけど7~8割ナカイ君が引いてるんじゃないかという勢い。

DYplF95U0AYwf4o.jpg

赤いヘルメットとシューズが似合う男ナカイ君、ホームストレートで佐藤さんが応援してくれるたびに5Wくらいパワーをもらえる気がする。

降ろされまいとひたすら頑張っていたら前のグループに追いついた、マジかやっぱはぇぇよ。

追いついても先頭付近でけん引し続けるナカイ君。

追いついたグループにはイエロージャージも居て、審判車とバイクもついていたからメイン集団かと思った(実際はこの前にもう2グループ居たらしく)。

ホームストレートで他チームの声援を聞くと、今いるグループのトップをとるとどうやら10番台らしい、この情報を聞いて折れかけていた心をもう一度繋ぎ止める。

最終周回に入り残りの坂の数をカウントダウンしながら必死に走る。

8㎞コースに入り両脚の裏も表も攣りそうな綱渡りの状況の中、どうにか誤魔化しながら踏み続ける。

小細工むなしく8㎞コース1個目の登り頂上付近の斜度が上がる箇所で遅れ始めてしまう、まだここでは完全には諦めない、下りを目いっぱいに飛ばして2個目の登り。

中腹くらいまでに追いつければ繋げられる、そう願って橋を抜けたが到底届く距離ではなかった。

ここで完全に可能性が潰えたのだと解ると悔しくて少し涙が出た、ここまで思えたのは本当に久しぶりだ。

後はもだえ苦しみながらゴールを目指したのみ。

リザルトを振り返ると最後に乗っていたグループのトップは12位だったらしい、トップはイエロージャージの方。

あのペースを刻みながら最後にもがけると10番台前半ということか。

ただ張り付くだけで精一杯だったが、どの程度を目指せばいいのか体感することはできた。




今シーズンのスタート地点はこの結果、次戦以降も少しでも前を目指していきたい。

Posted on 2018/03/19 Mon. 23:50 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

19

練習TCR/タイムトライアルジャパン彩湖 

水曜日

TTバイクでSFR@50rpm。

1回目:5分 220W
2回目:2分22秒 247W
3回目:1分20秒 244W

2回目以降はローラー台が熱ダレしだしたので、一枚ギヤをかけたら過負荷すぎて5分持たず。




土曜日

みんなのタイムトライアルジャパン
3rdステージ彩湖

15位/だいたい50人
14分33秒 41.19km/h

DX7CoOMU0AESMu3.jpg
写真は会社の先輩から




4時起き4時45分出発で彩湖を目指す。

受付・試走6時~7時で、自分の発走時間が7時43分って割と、いやかなりタイトじゃない?(笑)

6時に会場着、受付して着替えてコースに入ったのが6時45分、1周だけ回ってコース確認。

TTジャパンコース図

コース図は公式hpより。

左回りに4.6kmを2周、ホームストレート(上側)は若干向かい風。

D~E区間で信じられない大きさのカマボコ減速帯が連続する、左端に3~40cmくらい平らな場所があるけど、TTヘルメット被って全開走行時に抜けられる気がしなかった。

追い風気味のバックストレートを抜け、直角に2回曲がってホームストレート。

コースよりも寒さが厳しかった、エアロワンピにヒートテックインナー(防風性皆無)とニーウォーマーと言ういで立ち。

DX58enDVQAE1hy8.jpg

車輪変えるのがめんどくさすぎてディスクホイールのままクイックだけ変えてローラー。

カンチェラーラの世界戦TTみたいな音を立てながらアップ。

10分前くらいにスタート台周辺に集まるも寒くて体カチコチ、この辺にローラー台を持ってきている人もいた、そらそうだよな。

DX7CnwTVoAEN7CP.jpg

せっかくスタート台あるので支えていただいて発進、発走後30秒であまりの寒さに涙する。

ホームストレートの飛び込みで320Wとか出てて慌ててペースを落とす。

カマボコ減速帯区間に入るとベースバーに持ち替えて、ジャンプしながら抜けようと試みるもレーススピードだと感覚が短すぎてタイミング合わず、ペダルも大して回せず。

バックストレートで萎え気味のメンタルを持ち直して踏みなおす。

2周目のホームストレートに入ると前走者が見え始めるので、ひたすら追い越すことを目標に気持ちをつなぐ。

2回目のカマボコ区間はベースバーを握って左端の平らな区間を抜ける、DHバーを持とうとしなければいけるな。

残りは目いっぱい飛ばしてゴール、過度な期待はなかったが悪くない結果ではあったかな。

帰り際リザルトを探してウロウロしていたらCWさんに取材を受けた、寒い中頑張ってワンピでCW撮りに収まる。

9時15分くらいに撤収、帰宅して11時からロードで練習に向かう。

松ケ谷…1分21秒 421W 自己ベスト2秒落ち

全開走行した後だと疲労はあるものの、体の動き初めは早いね。

尾根幹で踏んでいると思ったより疲労の色が濃く、連光寺だけ踏んで帰路につく。

連光寺…4分29秒 280W ベスト18秒落ち

既に疲労していた(笑)

それでもスプリント練習は怠らず。

スプリント練習2回

1回目:49.9km/h 707W
2回目:50.7km//h 679W

スタンディングからのダッシュ2回
1回目:840W
2回目:859W

あんまり伸びず、タイムトライアルの疲労もバカにならないね。




日曜日

社会人になった23歳の年にプロテイン等のサプリメントに手を出し始めた、26歳を迎えようとする今年は練習日の夜にストレッチをするようになった(笑)

こうして義務教育の保健体育で学んだことをなぞる様になっていくのか。。。

アップもそこそこに練習に入る。

松ケ谷…1分27秒 403W ベスト8秒落ち、向かい風があったようには思わなかったが…。

尾根幹で景気よく踏むと思ったより脚に来ている。

連光寺…5分8秒 266W 目も当てられない。
天国への階段…52秒 456W ベスト5秒落ち、向かい風気味だったな。

復路の多摩川沿い側道は全く踏めず。

スプリント練習2回

1回目:53.2km/h 725W
2回目:51.0km//h 663W

スタンディングからのダッシュ1回
791W

もはや出涸らし、スタンディングダッシュは1回目の結果を見て諦めた。

これで修善寺前の外練習はお終い、自分史上最高のコンディションでシーズンスタートを切りたい、いや切る!

Posted on 2018/03/11 Sun. 20:21 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

11

練習TCR 

平日練

○ァッッッッッッキン忙しくて無し!




土曜日

予報では最高気温14℃、春の訪れを感じる。

夏ジャージにレッグウォーマーかなと思っていたけど、朝起きたらニーウォーマーで行けそうな気温だったので慌ててすね毛を剃った。

夏ジャージ上下、ウィンドベスト、アームウォーマー、ニーウォーマーと一気に軽装に。

厚ぼったいグローブからも解放されてハンドルの引き付け感がすごくソリッド(笑)

オフシーズンは運動強度をあまり落とさなかったから変に太ってもいない、体のラインがはっきり出るからガラスに映るフォームもわかりやすいね。

ただ急に暖かくなると呼吸が追い付かなかったりする、あとは寒さゆえの体の硬さをばねに踏んでいた感触が無くなるのに戸惑うな。

アップもそこそこに本練習。

松ケ谷…1分19秒 418W 自己ベストを3秒更新!

尾根幹を快調に飛ばしいつもの坂へ。

連光寺…4分11秒 289W 自己ベストを2秒更新!
天国への階段…51秒 475W ベスト4秒落ち、体の使い方は良好。

スプリント練習2回

1回目:58.5km/h 786W
2回目:52.1km//h 714W

スタンディングからのダッシュ2回
1回目:871W
2回目:878W

大収穫な一日だったな。

スプリント1回目は追い風気味なので参考値か、向かい風でも52km/h出たことの方が良い結果。




日曜日

最高気温20℃、しかし爆風、いいことばかりじゃないよね、仕方ない。

ついに夏ジャージ上下のみ、外を走っていて自然と笑みがこぼれそうになる。

松ケ谷…1分28秒 425W ひたすら向かい風、いい練習にはなった。

いつもの坂。

連光寺…5分20秒 263W 爆風の向かい風、しかし垂れすぎかな。
天国への階段…55秒 424W 同じく爆風、この坂はダンシングに拘る練習だから致し方ない。

帰りは多摩川沿いの側道(のっとサイクリングロード)で平坦の5分全力走を毎週行っていたのだけど、あまりの追い風にKOMが取れてしまうほどだった。

なんかインチキだな(笑)

ここはあまり定量的に練習内容を見れないので記録には残さない。

スプリント練習2回

1回目:51.6km/h 684W
2回目:55.8km//h 739W

スタンディングからのダッシュ2回
1回目:881W
2回目:819W

今回はスプリント1回目が向かい風、悪くない伸び方かな。

さすがに疲れがあったせいかスタンディングダッシュは伸びず、及第点?
DXcaXzRUMAA5-89.jpg

3月にもかかわらず日焼け、天気よかったもんね。

先週風邪をひいて調子を下げたと思っていたけど、そんなに悪くないな。

上り調子で開幕を迎えたい!

Posted on 2018/03/04 Sun. 22:42 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

04