10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

お遊びANTHEM / 神奈川ドライブ 

土曜日

サグ出ししたANTHEMを持ち出し嬉々としてトレイルライドへ。

自分の中で比較がよくできるのは六道山、サスセッティングの変化を確認をしたかったのでサドル高等はそのまま。

サドル高あげたり、ステム変えるたびに調整だから早いところツボにはまる前後バランスを見つけないとね。

乗り出し一発目の1G負荷で早速なんか違う、ジャージにパンク修理キットなんかを背負った所為かリアの荷重が増えた?(笑)

ちょっと後ろがストロークしすぎかなぁと思いつつトレイルへ。

六堂山に入って一発目のコースからバイクの挙動が全く違う。

エア圧を下げたのでよくストロークしてくれる、そのお陰で今までスタンディングで腰を引いて下っていた場所を、シッティングでバイクの真ん中に座ったまま下れるようになった。

サスを柔らかくしても登りは全く苦にならず、むしろ簡単にギャップを越えられるようになって感動が止まらない。

同じ場所で登り降りを繰り返してリバウンド調整、全開(一番早くリバウンドする)だとサスペンションのばねで自分が射出されそうになるのが良く解る(笑)

あんまり遅くても路面の追従性が下がって接地感に乏しくなるだろうから、体が跳ねないギリギリで調整。

これでまた一段と乗りやすくなった。

今まで凄まじい集中力を要していたセクションがとてもイージーに思える。

ただ一度だけリアがストロークしきって底を打ったので、やっぱり少しだけサグを減らした方が良いのだろう。

別物のようになったANTHEMにご満悦で2時間ほど走り回って帰宅。

帰宅して洗車済ませてからすぐにサグ調整、来週走り出す前にやるとは思えないので(笑)

フロント:55psi、サグ15㎜
リア:95psi、サグ9㎜

これでもう一度トライ。

CyKaM4uUcAE321U.jpg


日曜日

あいにくの天気予報だったので車でお出かけ。

何日か前に雪が降っていたので、山の中は路面が凍っているかもしれない。

神奈川へ出る下道を探しに行きたかったけど、危ない気がしたので暖かそうな場所へ目的地を変更。

江の島なんかいい具合に暖かそうで、今の時期ならそこまで人も多くなさそうなイメージ。

CyRCCxeUkAEoX5b.jpg

やっぱり海はいいな。

もう12月だというのにサーファーが一杯居たのには驚いた、この時期の海って潜れるの(笑)

CyRCENEUkAEzGCl.jpg 

海岸沿いに逗子まで行って折り返し、千葉から来たであろう総武線快速電車を見ると感慨深くなる。

千葉駅から直通なんだもんねこれ、大学4年間で寝過ごして逗子まで来たことは流石に無かったが。

CyRCGA9UoAEuJ8q.jpg

大学の先輩の実家が江の島で、レースの遠征帰りに立ち寄ったことが一度だけあったか。

海岸沿いの道から住宅街に入った瞬間に激狭な覚えがあったので、下手に道は逸れない(笑)

江の島自体は思ったより人が多くて駐車代を払ってまで散策する気にはならず。

しかしお昼を食べてから来たのは失敗だった、海鮮ネタのお店がすごく多くて後悔。

今度下調べして食べにいこっと。

ひとしきりドライブして満足して帰宅。


水曜日

定時退社日なのでローラー練。

10分走で景気よく回しておしまい。

今週末は部活のOB会と、OB仲良しチームのバイクロア撮影班。

土曜の日中に自転車乗らないとな。
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/30 Wed. 21:52 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

30

トレイルライド / サグ調整を知る 

平日練

やれなかった。


土曜日

午前中はTT10分走。

その後お昼は外食で都内へ、いま住んでる場所も一応東京なのだけど、世間一般でいうところのトウキョウとかけ離れすぎているので(笑)

電車ってたまに乗りたくなる、帰るころにはやっぱり車がいいやとなるんだけどね。

帰りがけに自転車屋を何件か覗いて帰宅。

もっぱら気になるのはMTBの部品。

日曜日

トレイルライドとは決めていた。

また六道山へ行くか、別の場所を探しに行くか悩むところ。

二ツ塚のあたりもトレイルがあると伺ったので、車にMTB乗せでっぱつ。

Cx8os_gVQAU36cQ.jpg

武蔵五日市の駅前から北上した所、というなんとなくな認識はあったので適当に車で走り回る。

車を止められる場所がすぐに見つからず山の周りをぐるっと一周してしまった。

何とか見つけて、ちょろっとトレイルの情報をググる。

一番長いところで山の向こう側に降りれるみたい、赤ぼっこというところが景色よさげで行ってみたい。

事前情報としてはジェットコースター系のトレイルらしい、なにそれ怖い。

入口が良く解らなかったので天祖神社のハイキングコースからIN。

いきなり階段でバイク担ぎまくり、ようやく乗れると思ったら木の根っこがびっしりでろくに乗れず。

Cx8olAfUUAAVobn.jpg

とりあえず天狗岩方面へ。

今回は六道山公園と違って、もっと大きい山なので迷子にならないように気を付けないと。

それにしても大自然のトレイルがレベル高過ぎて思うように乗れない、登るにしろ降りるにしろ難しい。。。

途中で4~5人のMTBerとすれ違う、ハイカーの方もちらほら。

本気なトレイルランナーの方々は速過ぎて、そのうち後ろから抜かれるんじゃないかと(笑)

段々と乗れるようになるも、大きい石ころが一面に転がっていたりするとどこかで足つきしちゃう。

抜重のテクニックが未熟すぎるなぁ。

CxsyvOnUAAACWhQ.jpg

なんだかんだで赤ぼっこ到着、景色の良さに初めてのヒルクライムを思い出す。

この景色を見れただけでバイクを押して乗って来た甲斐がある。

次は天狗岩に向かおうと思ったけど、ハイカーの方曰くこっちの方が景色もいい上、一度下ってからもう一度登り返す必要があるそうで。

この時点で一時間経過くらい、時間は14時。

15時くらいになると奥多摩の山に日差しが遮られて、何より山の中は一気に暗くなる。

それは怖すぎるので、とりあえず別ルートで二ツ塚峠の道に出そうな方面へ舵を取る。

日の出方面の看板があったので、一路下りへ。

道幅4~50㎝、斜面の反対は崖というスリリングなシングルトラックを下り出てきた場所は、車を止めた場所とは反対側の麓(笑)

MTBでヒルクライムをやる羽目になるとは…。

それでもビンディングをはいているので意外と苦ではなかった、遅いけど。

帰りにつるつる温泉で湯船に浸かってから帰宅、今回も楽しい週末だった。


水曜日

MTBとTT練で悩み、雨が降ると辛いのでTT練に。

お昼を食べてから車でドライブ、埼玉方面へ抜ける道を開拓しに。

国道16号から国道299で秩父へ抜ける、なんか見覚えあると思ったら三峰山に行ったときに使ったのか。

帰りは正丸峠方面へ一度逸れて、長尾峠、飯能、小沢峠で青梅の方に抜けて帰宅。

小沢峠は見覚えがあると思ったら、オーベストさんのサイクリング会で一度走ったんだった。

この辺は似たような峠が無数にあった、ロードでふらふらしたら偉い獲得標高になりそう。

来年はこの辺りも練習コースとして開拓してみようか。



何気なくMTBについて調べていたら「サグ出し」というワードが目に留まった。

乗車時にサスペンションが予め沈み込む量を調整すること、とだけは知っていたけど、それがどれくらい効果があるのかは知らなかった。

サスのエア調整なんてまともにせずに走り出したくらいなので(笑)

FOXの取説を調べるとどうやら体重80㎏相当のエア調整で走っていたらしい。

そしてサスがストロークした後の戻りの速さも調整できることを初めて知った(笑)

ここまでセッティング出来るとなると、本格的に「足回り」と言えるくらい調整幅があるよう。

まだまだ機材の調整代が在るとわかって俄然楽しくなる。

Cx8hWm4UQAAL7jj.jpg Cx8hYF0UQAA9vRH.jpg

まさかアルマイトのキャップが外れるとは思わなかったもので。

Cx8hVFQVQAUy6Q4.jpg

フロントは80psiほど、推奨の50psiにしてみたらサグがストローク量の15~25%に収まった。

リアはサグの量だけ規定されていたので、何度か乗り降りして調整。

ショックの戻り速さは実走で調整かな、前も後ろも調整できるタイプだったので要調整。

これで路面の追従性と、ショックの動き方がだいぶ変わるはず。

今週末の楽しみがまた一つ増えた♪

Posted on 2016/11/23 Wed. 22:27 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

23

週末etc. 

平日練

やらなかった、出来なかった、どちらだったか忘れたけどやっていない。


土曜日

午前中にTT10分走。

お昼ご飯作って食べて、14時からANTHEMでトレイルライドへ。

なんだかんだ日中はまだ温いので夏ジャージにウォーマーで行ける、トレイルの中は西日が差すと木漏れ日で木の根っこが解りづらいのが難しいところ。

午前中のTT練がそれなりのダメージで、いつも上り返せていたところがギリギリ越えられない(笑)

トレイルライドも結構なパワーいるんだな。

正直なところ、今年の冬はロードに乗らなくてもいい気すらしてくる。

毎日26インチのMTBホイールとか探しちゃう今日この頃。

そんな物よりもブレーキを左前、右後ろに直すほうが優先、油圧ディスクブレーキの整備は青空駐車場でやりたくはないが…。

2週間ぶりにロードに乗った時の違和感は中々だったので、早く直しておきたい。

翌日はロードで紅葉サイクリングを目論む。


日曜日

7時過ぎに目が覚める、脚の重さを感じ「あぁ~これは…。」な気分。

走り出して脚を回せば抜ける疲労感ではない、この時点でロードはパス。

しかしどこか出かけたい、紅葉が始まって景色の変わった道を見てみたい、が自転車に乗る気はないみたいな。

CxG8P1WUkAEF7H7.jpg

で、代替案が車でドライブ。

MTの車に乗り換えて半年と少し、自然に転がせるようになると峠が楽しい。

鶴峠を越えて、いつも通り過ぎていた道の駅小菅に立ち寄ってみる。

CxYm-RcUcAAP37z.jpg

思ったより大きい施設だった、お土産・レストラン・温泉施設に森林の中にはアドベンチャーパークチックなアクティビティまで。

CxYm7cGUoAArepW.jpg

安全帯つけて木の上を渡りあるく親子を見ていると、子供と遊ぶのも大変だなぁと(笑)

10~15mの高さなんて怖くて怖くて。

CxYm4I9VQAALNzr.jpg

まだ山全体が色づいてはいなかった、今週末が見ごろだろうか。

CxYm2TSVEAA3Pc3.jpg

どこか惹かれるキャッチフレーズ、十分色々あると思うけれど。

お昼を食べて、食後にソフトクリームを食べていると高校の友達と奇跡的な再会。

まさか峠のてっぺんにある道の駅で会うとは思いもしなかった、お互いの近況を話していると高校卒業から6年近く経ったのを急に実感して寂しくなる。

もう一度やり直したいような、そうでもないような。

その後は今川峠を越え、大菩薩ラインまで降りたら甲府の方へ進んでみる。

自転車じゃまず行く気にならないルート、柳沢峠とやらを初めて通った。

ロードにちょうどいい季節になったら自転車で来たいところ。

頂上まで辿り着いたら折り返して奥多摩周遊へ、武蔵五日市へ降りて帰宅。

2,000円分のガソリンで十二分に遊べたかな、今回も楽しい週末でした。

Posted on 2016/11/16 Wed. 22:27 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

16

遊びまくった週末 

月曜~水曜

馬鹿みたいに忙しかった(と思う)。

頑張ったら金曜が休めそうになったので、なりふり構わずお休みを突っ込む。

水曜夜は同期とホルモンを食べながら飲みに、楽しかった。


木曜日

前日の晩御飯は焼き肉飲みだったので炭水化物少な目、つまりロードに乗ると驚異的な勢いでガス欠になる。

西東京に来て1年半で覚えたことの一つ(笑)

妙に短時間で脚が止まるときは大体前日の晩御飯に起因する。

オフにそんな心象悪い練習することもないので、TTでローラー10分走だけやる。

アップを終えて本メニューに入るとえらく心拍が高い。

よくよくデータを見るとケイデンスも高い、調子よくて追い込んでいただけのようだ。

これくらいのスタンスで追い込めるのがストレスにならないよなぁ、毎週毎週「あぁ駄目だった」は詰まらない。

お昼ご飯作って食事済ませてから箱根へ(車で)ドライブ、中日一日の祝日なら混んでいないだろうと思ったらバッチリ混んでた。

6年ぶりに人生初ヒルクライムだった箱根を車で通ると大学一年のころを懐かしく思う。


金曜日

大学の先輩が同じく休みを取っていたようなので、MTBで一緒に遊ばないか打診。

先週開拓した六道山のトレイルで落ち合うことに。

近場で自走集合ともなると必ずと言っていいほど遅刻するのが自転車乗りの常、5分ほど遅れて着弾。

ブロックタイヤとアップライトなポジションが驚異的なまでに遅かった(笑)

CwqFUBBVQAAsLT2.jpg

スチールフレームで29erHTという渋いバイクでサトウ先輩登場。

CwqFGAmVEAAqpMw.jpg

でもなんでツール缶がプリングルスなんすかサトウさん(笑)

CwqFWXdUsAEEcYF.jpg

ふぉとばいサトウ先輩せるふぃー。

何気に自転車部OBの仲良しジャージで外を走るのは初めて、でフィートの蛍光ソックスがぴったりで嬉しい。

1週間前の記憶をたどりながら走り回るも、なぜか記憶と違ったところに辿り着く(笑)

片っ端から落っこちては登ってを繰り返し、山の中を3時間ほど走り回っただろうか。

やっぱり29erの走破性って後ろから見ててすごい、木の根っこなんかを乗り越えるときの失速が少なさそう。

サトウ先輩が脚を着かない限り車間が縮まることはなかったし、後ろで足つきした後もすぐに追いつかれた。

ちょこっと乗らせてもらいもしたけど、HT自体の軽さも結構体感できるほど。

ただ車輪が大きい分ギヤ比も小さいのが欲しくなる?

フルサスは段差を乗り越えるときのバイクのフォロー感がすごい、あんまり速くないんだけど、そもそも脚を着かないことが一番速いうえ多少のミスも許してくれる。

27.5のHTとXCフルサスかトレイルバイクがあると最高に楽しそう。

まずは今ある道具で乗車率をどんどん上げていきたいね。

ひとしきり遊んで昼過ぎに解散、翌日にスターライト幕張だというので目が点(笑)

ちょうど実業団も最終戦なので帰省がてら遊びに行くことに。


土曜日

前日の夕方には帰省。

朝は8時ちょい位にメッセの駐車場へ止める。

サトウ先輩が10時くらいの出走と言っていたので調べると、その時間はキッズレースの時間(笑)

我が部(大学のサイクリング部)基準でいえば無くもない話なので一瞬真剣に悩んだ。

取り合えすE2のオノ君のレースが先なのでそっちを観戦。

CwqFYlQUQAMOA6q.jpg

コース内には入場制限が掛かっていたので回りをぶらつくと、スタート待ちではなくトイレ待ちなオノ君発見。

このときスタート15分前とかで大丈夫なのか不思議だったけど、実際は全然大丈夫じゃなかったらしい。

CwqFEW6UoAA3S9R.jpg

スタート切られて着々と集団に近づくオノ君。

CwqFbCeUQAAVTOD.jpg

と、千葉市長と実業団の会長。

思っていたより公道レースで、思ったより厳しいレース。

向いてない部類だから見ているだけでブルーになる(笑)

サバイバルレースでしっかり完走するオノ君、流石!

次はシクロクロスの会場へ。

CwqFBaCUcAANmA4.jpg

急にお祭りムードな公園に怪訝そうな先住民。

今回の出走は東北からはるばるやってきたツルオカー先輩と、関東勢のオーヤ先輩・サトウ先輩、同期のホンマ、オーヤ先輩の友人。

CwdrK1pUAAAuwW_.jpg

この派手なジャージにパーリィピーポーなサングラスの絵面が凄くツボ(笑)

CwqE_NOUsAIhj1L.jpg

死ぬには良い日だ!と言い残しスタートしていく先輩方。

いやほんといい天気だった。

レースはツルオカ先輩が優勝!

4周回のうち最終週まで先頭争いの自覚がなかったというのだから面白い(笑)

オーヤ先輩の華麗な受け身と、自分でなぎ倒した柵を立て直してから再発進する紳士っぷりになぜか笑いが込み上げるのはシクロクロスの雰囲気のせい。

CweVzOuUcAIyn_c.jpg
※車の運転手は別に居ます、念のため(笑)

優勝して調子に乗れることほど羨ましい物は無いのだ。

おめでとうございました♪


日曜日

久しぶりにフリーダムの朝練へ、学生たちに遊んでもらう。

ロードバイクに乗るのは実に2週間ぶり、調子はどんなもんかなーと乗り出すと随分好感触。

MTBで走るとロードのように長時間走って絞り切るような練習はできないけど、楽しく短時間高強度に踏めるからだろうか。

往路の二段坂は平均376W、今年の8月の時は平均278W、やっぱり夏の低調ぶりは暑さに対して耐性がなかったみたい。

復路は登りで遅れるオートリさんを平地~下りでひたすら集団復帰させる練習に。

後半は岩佐さん:石丸さん:自分で、5:1:1位のほぼ岩佐さん牽きでスッカラカン。

コンビニへ至る丘で踏む力は残らず。

帰りは途中で離脱、実家でお昼と車の洗車を済ませ、フリーダムで自転車の洗車をして帰還。

楽しい4連休でした。

Posted on 2016/11/07 Mon. 22:25 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 2

07