06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

東京ヒルクライム 奥多摩ステージ 

26時半に目覚まし発砲、出発は27時過ぎ。

前日に慌てて荷物と自転車放り込んで寝たのが22時、深夜に起きるのはなかなかしんどかった。

朝の4時過ぎ駐車場着、会社の先輩方に挨拶して4時半からアップがてら近場を徘徊し始める。

普段寝ている時間だからか早朝に動き回るヒルクライムは大体腹の調子が悪い。

降ろしたての車輪は最高の具合。

キシリウムの懐かしい踏み心地、他のどの車輪よりも推進力を感じる剛性感を持ちながらも、どんなにラフにペダルを蹴っ飛ばしても路面にしっかりと接地する感覚。

やっぱりこれが一番好きだなぁ。

脚の調子はぼちぼち?

前日のTT10分走がちょうどいい刺激になったみたい。


勝手知ったる奥多摩周遊道路、この一年ちょいで馬鹿みたいに通った。

生粋のヒルクライマーには到底かなわないのは承知の上で居るので、どこまで粘って自分のペース走に切り替えるかがポイント。

今回の目標は少しでもいいタイムを出してチーム順位を上げること、目先の着順よりもゴール地点でのタイムが大事。

そんなこんなでスタート。

平地を軽快に進んでいき、朝日に目が眩み少し車間をとってしまう。

かなり濃いレンズを使わないと厳しいほどの光が差し込んでいたので、太陽に向かうたびに声が飛び交っていた。

ヒルクライムのはずなんだけどロードレース感、自分が時代遅れなだけ?(笑)

基本は左側通行、中央分離帯が表れると道幅が絞られるのでその度にインターバル。

3㎞過ぎて本格的に登り始めてから早々にペース走へと見切りをつける、この先25分近く上るのに5倍も6倍も踏んでいたら持たない。

そこからはひたすら自分のペースで。

抑えるべきポイントは無理に踏み続けない、斜度の緩んだ部分でしっかり加速すること、ただそれだけ。

無理してついていった面子が降ってこないかなと期待したけれど、脚に覚えのあるクライマーばかりで結局パスしたのは3~4人?

月夜見第一駐車場を超えて(たぶん先頭から)37秒差とのこと、割と善戦しているのでは?と気持ちも持ち直す。

後半に追い込んでキッカリまとめ上げてお終い、自分の持ちうる力をしっかり運用しきれた。


kk
結果 33分34秒

   総合 39位  
   20代 4位 

やっぱりレースで登ると速いなぁ。

4年前に出場した時から6分短縮できた、あの頃はキチガイだと思っていたタイムに迫ってきて感慨深い。

ただリザルトを見ると33分台というのは割と普通な数字だった、32分台が見え始めるタイムだとグッと人が減る。

32分台は頑張れば辿り着けそうな気がする、31分台は自分にそのポテンシャルを感じない(笑)

次回があれば32分台目標に頑張ろう。



13886487_576880799163044_1680735997618987041_n.jpg

無事チームで5位入賞する事が出来て一安心、個人は3位から表彰なので残念賞な感じ(笑)

ヒルクライムレースもトップの話を聞くとロードレースをしている、結局行きつくところは同じなのだろうか。

久しぶりのヒルクライムレース楽しかったです、ありがとうございました!
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/31 Sun. 20:06 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

31

練習 いろいろ / キシリウムPROエグザリット オートルート 

久しぶりの日記。

今月上旬の繁忙期を乗り越えて以来、朝練を再開するために22時就寝を繰り返していたら半月も放置していた。


7/23(土)

5時起きで練習に向かうと霧がかっている。

この日はクランク長170㎜を試したかったので、多少雨に濡れるくらい気にしない勢い。

クランク長2.5㎜の差は覿面で上死点の通過が恐ろしく楽、ダンシング⇔シッティングの移行もとてもスムーズ。

大垂水峠の一発アタック位じゃ上りの差はイマイチだったけど、自己ベストを一秒更新する程度には遜色がない。

何時までたっても気温が上がらず、13~5℃程度。

鶴峠(ピーク標高7~800m)や風張(ピーク標高1100m)だと平気で3~4℃は下がるので、甲武トンネル(字合ってたっけ?)を裏から登って帰還。

80㎞ 獲得1200m↑

週末の遊びとしてはイマイチ消化不良。


7/24(日)

土曜のうちに千葉に帰省。

月曜に年休をとっていたので少し遠出したかった。

フリーダムの朝練にも久しぶりに顔を出し、若さ溢れる高校生に遊んでもらってコテンパン。

苦しさを楽しめるシチュエーションが変わってきたんだなと実感する、レースに出る割にはレースに勝つための練習をしたがらないんだよな。

人目を気にして練習するわけでもないし、我が道を進もう!

自分なりに楽しんだついでにちょっといい結果が得られれば嬉しいね。

平日

朝練復活。

TTバイクで固定ローラー、2日おきに10分走を取り入れる。

負荷5で10分、ラスト1分で6→7と上げてクリア。

白いものがうっすら赤みがかって見えた(笑)

結局TRINITYにキシリウムを入れても外練で使えるようにはならなかった。

渡良瀬TTには間に合わないだろうけど、南魚沼TT位には上り調子で臨みたいなぁ。

一番の目標は輪島ロード。


土曜日(今日)

昨晩は会社のお祭りで飲んでいたので外練習はお休み。

立って座ってを繰り返していたものだから、脚がバッキバキ(笑)

日曜日は奥多摩HCを控えているので、心臓がなまらないようにTT10分走。

負荷5→ラスト2分で6→30秒で7。

いかに心拍を上げずに出力を出すか、TTはそんなことを考えながら。

10分走の飛び込みで意識的に大きく呼吸をしながら入るのが良い感じ。


ComFk6_VMAEaNk2.jpg

新しい車輪、キシリウムのオートルート限定モデル、のキシリウムプロエグザリット(長い

以前使っていたキシリウムSLEのISM4Dリム版。

クリンチャーリムにおけるワイドリム化の効果は絶大だったので、今回のキシリウムには大いに期待している。

楽しみだ。

Posted on 2016/07/30 Sat. 17:00 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

30

石川ロード 

石川ロード クラスタE1 

結果:DNF

実力なりの結果、4月からの練習具合から察するに順当。



土曜日

オノ君を拾いに埼玉経由で出発。

圏央道→東北道でぴゅーっと、3時間ほどで着いただろうか。

10時半過ぎに石川高校付近着、お昼にも早いので車でぐるっとコースを一周。

また石川高校の辺りまで降りてお昼ご飯、昨年サトウさんと来た時と同じ「さかい」でハンバーガー。

スーパーへ買出しに行ってからコース付近の駐車場に止めていざ試走。

シャカシャカ回しながら2周してお終い。

監督会議済ませて、ご飯食べて、宿に入って風呂ったら22時過ぎ。

同室のサトウさんと少し駄弁って23時半過ぎ就寝。


日曜日

5時目覚まし発砲、5時半起き、6時15分発。

今年はE1で走るので招集場所が下の石川高校、アップはリアルスタートの切られる坂ピストンで済ませる。

招集場所では昨年E2で個人的に目標にしていたteamGIROヤマダさん、1年半ぶり?TRCナカイくんと軽く挨拶。

昨年は試用期間(~6月いっぱい)の間はレースに出ずきっちり練習していたが、今年は体調と予定がかみ合わず、自信をもってスタートラインに立てずにいた。

出走サイン済ませてスタートを待つ間、緊張することができなかった。

自分で自分に期待が持てなかったからだ、「良い結果が出せるかもしれない」そう期待できるだけの準備をすることが出来なかった。

せめて出来る限りはやろうと、大きく呼吸を繰り返して気管に呼気を勢いよく通して喉を慣らす。

スタート直後のハイペースで喉が渇ききらないようにする為、緊張しているときは自然と深呼吸をしたがるからか、こんな事を気にかけないでも自然とやっている。

緊張感を持てず油断しているレースで失敗して気づいた経験。

パレードのスタートが切られてまったりと進む、コースに入り100mと進まないところで一時停止。

JPTと4分差のタイムをつけてスタート、ここまでは監督会議で聞いていたけど坂の途中で止まってマスドスタートとは思わなかった(笑)

開戦即ダッシュ、いきなり逃げが決まる。

ぐんぐん見えなくなり集団はまったりしたかと思ったら、先頭は追走のために飛び出そうとしている。

2週目に入る。

今年のE1で間違いなく中心人物となっているオカ選手も逃げに乗っているものと思い込んでいたら、どうやらそうでは無いそう。

ナカイ君に聞いて教えてもらうまで気づかなかった、確かにリーダージャージが先頭付近にいる。

交差点~周回コース最後の登りのダッシュがキツイ、相変わらず集団の殿努めているからだな。

3週目

同じく交差点~最後の登りでのインターバル、ここで着ききれず遅れる、もう追いつけないと早々に判断して期待薄な完走を目指す。

後半になるとナカイ君も降ってきた。

この周回が終わる時点で先頭から4分差、5分を超えると足きり。

粘るだけ粘って4週目に降りる。

失意のあまり周回数もまともに数えていなかったので、はじめは規定周回を回ったものだと勘違いしていた。

1週を残してお終い。

暗黒のE3時代を思い出すレースだった、完走ポイントを掻き集めてまでE1で居続ける気はサラサラ無いから恐らくE1は今年限りだろう。

実力と練習量と残り時間を鑑みるに、今年中に結果を求めることも出来ない。

そうだとしても、少しでも上向いてシーズンを終えられるようにまた頑張ろう。

Posted on 2016/07/18 Mon. 21:52 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

18

練習TCR 

久しぶりの繁忙期、22時退社が続くと流石に応える。

社食で19時ころには晩御飯を食べられているので、特段太ることがないのが幸い。

帰ったらシャワー浴びて寝るだけの毎日だった。



土曜日

家事をしたら一日が終わった気がする。



日曜日

待ちに待った練習日、最近思うところのあった点を幾つかトライしてみる。

ペダル上死点での腿上げが窮屈に感じていたのでサドル高を+3㎜、本当は170㎜クランクにしたいところ。

サドル高を上げたのは上手くいった気がする。

後はメーターからパワーの表示を消したくらい。

クランクがどれだけひん曲がっているのかが大事なのではなく、楽に前に進んでいることが大事であること、自分の出せる力を感覚で覚えることが大事だから。

データは収集するけど乳酸メーターの方が大事かな。

目覚ましが5時に発砲、起きたのは5時半、出発したのは6時。

日中の劣悪な練習環境が嘘のような涼しさ、湿気はあるけど気温が20℃程度、最高の環境。

気温

今回の気温と標高の推移、お天道様が本気を出す前に標高が高いところまで登ることができたのでほぼほぼ25℃以下の気温の中で練習出来た。

武蔵五日市に降りたとたん35℃を超えるのには流石に参った(笑)

大垂水~鶴峠~今川峠~奥多摩周遊の獲得2700mコース。

大垂水はアタックせずぼちぼち、甲州街道~鶴峠にかけて快調に飛ばし、久しぶりの今川峠で乳酸をぐっとため込み、奥多摩周遊で脚が止まる。

奥多摩周遊で根性練は心が鍛えられるね。

都民の森でコーラをサクッと補給して下り、斜度が緩くなってから十里木交差点まで下ハンで踏み倒して燃え尽きる。

過ごしやすい気温の中で質の良い練習ができた、大満足の週末でした。

Posted on 2016/07/10 Sun. 22:05 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

10

練習TCR 

金曜日

同期と飲んで午前様を軽々と超える、楽しかった。


土曜日

いい時間まで寝て、昼明けからドライブしてお終い。


日曜日

1日置いて生活リズム戻したので練習。

最近夏らしい気温になってきて、屋外で運動すること自体が大変体に悪そう。

人間に限らず生き物には生涯心臓が鼓動できる回数が決まっているらしい、普段心拍数が低い分、自転車に乗っているうちは人よりも駆け足で人生駆け抜けてるわけか(笑)

6時くらいに目が覚めて7時半出発。

暑い、あつい、アツイ。。。

加えてここ数週間で一番の絶不調、体重がペダルに乗らない、手・脚・体幹がバラバラで上手く前に進まない。

ここまで重なると休日に自転車に乗っているのに酷く詰まらない、目一杯踏んだ拍子に調子よくなったりもするので少しだけ前向きに大垂水を目指す。

この時期にしては風が強い一日、今週の向かい風は飛び切りだった。

出力はボチボチ、タイムは自己ベスト40秒落ち。

踏んだ割に前に進んでいなかったのか、向かい風なのか、今週は両方かな。

あまりの暑さに鶴峠越えてボトル2本が空っぽに、給水して今週は青梅方面に降りて帰ることに。

ここまで暑くなるなら早朝出発にしておけばよかったなーと後悔、惰眠をむさぼった結果練習量を減らす羽目になるとは。。。

あまりの暑さにフラフラになりながら奥多摩湖を回る、途中でもう一度給水して水を頭からかぶる。

120㎞ 獲得標高1600mぽっち。。。

CmagwgmUsAAYsVM.jpg

メーター読みの気温は40℃を超える時もあった、いよいよもって夏本番ですな。

来週は絶対に早起きしよう。

Posted on 2016/07/03 Sun. 22:08 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

03