03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

帰省/練習TCR 

すっかり平日の練習は無し、今年はTTダメだろうな。

加須こいのぼり杯で痛い目を見て悔しい思いをした方が良かったかもしれない、最近はメンタル強度低いのでそのまま諦めちゃうかもだけど。。。

水曜は職場の飲み会、木曜は寮の友達と飲み会、飲んで飲んでお休み突入。

楽しかった!

木曜は15時に(半)強制フレックス退社だったので、「…(連休明けのオレ超頑張れ)」と心の中で呟いてPCシャットダウン。

休み明けノーアップで全力走。



金曜日

山梨パトロールしてから帰省しようと思ってたけど、余りの爆風に早々に諦める。

千葉でも少し練習するつもりであったし、レースを1つ走る予定なのでこれを機に新品タイヤ投下。

CgzklMwUcAAd34M.jpg
CgzkmapUgAAg5gf.jpg

冬の間は練習量激減でタイヤをやっつけるのに時間が掛かった、2~3ヶ月でやっつけられないようじゃダメだな。

全部雪のせいだ。

新品のタイヤはちゃんと丸いし、何より溝の長さに違和感を覚える(笑)

土曜日

ChSbu5RUUAAHgsf.jpg

千葉でも山梨と同じくらい登りたい、千葉に居たころはあまり自分で練習コースを探し回る質では無かったので、房総の山の中とか土地勘0。

安直に昨年末の房総忘年ライドをなぞろうとするも、平地が多少続くとなると一人は億劫、山ばかりなら一人も案外楽しいものなのだけれど。

前日にフリーダムに張り付いて道連れ参加者を募る。

直前の声掛けにも関わらず、タニワキさんとオオトリさんがお付き合いくださる事に。

100kmまでは威勢よく行けたけども、そこから先はお通夜。

タニワキさんの好調ぶりに圧倒され、オオトリさんの練習後半に向けたマネジメントに下唇噛んでひたすら踏み続ける(笑)

こんなコース冬に良く走り切ったなぁと思う、ローテ回れると全然違うのだなと身をもって実感。

いつもの練習スタイルではなく、先頭で牽く時間を不均等にしたローテの方が良かったかもしれない。

一人では自分の事しか考えないものな。

200km 獲得標高3100m↑
13092185_541472632703861_7372091102993611589_n.jpg
TSS400越えの素晴らしい練習でした、ありがとうございます!
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/30 Sat. 22:05 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

30

練習TCR / PD-6800 +4mmアクスル  

先週は寮の行事で練習なし。

ここ最近少し忙しくて、日記なんて書く暇あったら少しでも早く寝たかった。

22時まで仕事したら8時間の睡眠を確保するので手一杯、一度朝フレックスで練習してみたけど、やっぱり続かないね。

乗らないなら乗らないで少し困ったこともあって、毎日乗っていたころよりも頭が回らなくなった気がする、頭の中の血管が詰まっている感じと言うか、思考が止まっているというか…。

運動しないと睡眠の質が違うのかな。

20時までに晩御飯食べて、8時間は寝る、練習出来れば尚良い、こんな所なんだろうか。




水曜日

出勤時間を一時間半遅らせてローラー、負荷5で10分走。

ローラー練の調子はイマイチ、180bpm付近で推移出来るほど心臓が追いついていない。

筋力的には応えてくれそう。




土曜日
CgupR_AVEAEA8_8.jpg

ちょい肌寒いけど生脚で行ける位の気温、天界は寒いかもしれないのでアームウォーマーとベストは背中に仕舞い込む。

飽きもせず大垂水~鶴峠~今川峠~奥多摩周遊。

あんまり天気がいいので思わず踏み過ぎる、大垂水では全開とまではいかない微妙なタイムを出し、今川峠で早くも垂れる。

思わず奥多摩周遊をスキップしようかと思ったほど。

追い込める気が微塵もしなかったけど、根性練もたまには必要と思い亀のような速度で登る。

今週は自転車を真っ直ぐ走らせは出来たけど、頑張りどころまでにぺダリングがハマらなかった。

帰りがけ武蔵五日市過ぎた当たりでハマり出して今更感、来週に期待。



ここ2~3週間でぺダリングがハマる時がどういう状態か、少しづつ把握できてきた気がする。

昨年は漠然と「同じ力でより前に進む」(これも読み返すとひどい表現だな笑)としか表現出来なかった。

踵を下げる・サドルの後方に座ればハムストリング~臀筋に掛けてが主体的に動く、持続力はあるけれどそれほど高出力まで伸びない。

踵を上げてサドル前方に座れば大腿四頭筋が動かしやすく、短時間なら高出力が出せるけど一度使い切るとまず回復しない。

ハマるときはサドルの中心(と言うよりかバイクの中心)に座り、踵を上げ気味にし、太ももの裏表と臀筋の両方を動員できているとき。

これが解ってても中々同時には動いてくれない、どちらか一方の割合が増えてしまう事がしばしば。

より良い精度を求めるには稼いできた獲得標高がモノを言う、昨年は感覚的にそれを求めていたんだな。

何を求めて反復しているのか、少しづつはっきりとしてきた。

どのみち登り続ける事に変わりはないんだな(笑)




Cgu06XaUUAA1bXX.jpg

昨年末にペダルをシマノに変えた。

変えた理由なんて大したものでもなくて、クリートが手に入りやすいだとか、単純に壊れにくいといったもの。

LOOKの時は2mmスペーサーを噛ませていて、シマノのペダルQファクターだと横幅全開でもスペーサー分狭くなる。

その分膝の軌道をLOOKの頃から外向き(蟹股)に変えた、「蟹股踏みに変えた?」と練習時に聞かれるくらいには外向き。

ペダルを外側に追いやって、真っ直ぐ踏み下ろした方が良いのかとも悩み、+4mmアクスルを1月前まで試しても見た。

今度はLOOK+2mmスペーサーの更に2mm増しで広く出来る、そして失敗に終わった(笑)

広いほどダンシングでよく力が入るけど、シッティングでの違和感は中々のもの。

しばらくはこれで落ち着きそう。

Posted on 2016/04/23 Sat. 23:36 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

23

練習TCR 

Cfqi8EgVIAAHEVE.jpg

土曜日は所用につき練習なし、日曜日に練習。

随分と暖かくなった、今週はついに長袖ジャージともおさらばして更に身軽に。

下りの気温差が怖いのでウォーマー類とベスト、シューズカバーを身に着けて行ったけど結局全部脱いだ。




いつものコース。

先週は今川峠に入るまで踏み方が安定しなかったけど、今週は高尾に着くころには臨戦態勢。

大垂水の10分弱全開走にはまだまだ時期が早い、短時間の高強度で踏み方が崩れないようになるまでは戻り切っていない。

無理なくこなし鶴峠へ向かう道すがら、ぺダリングがピタッと嵌る感覚が得られて絶好調の予感。

自分の出した出力が全て推進力になっているかのような踏み心地、昨年の上り調子の感覚が帰ってきた。

鶴峠は無難に抑えて抑えて、今川峠は斜度20%近い区間だけ踏んでやり過ごす。

程なくして奥多摩周遊入口、先週よりも遥かに余力があり期待感で一杯。

前半で飛ばし過ぎて後半若干落ち込み気味、それでも先週より2分のタイム短縮、そして自己3番目の良いタイム。

自己ベストまではあと2分、もう少しでイケル!

4月の時点で7~9月程度の数字が得られた、今年はここから更に強くなろう。

Posted on 2016/04/10 Sun. 22:11 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

10

練習TRINITY 

室内練の頻度が少ないのはTT熱が冷め気味なせい、昨年は加須こいのぼり杯で残念気味だったのでその後しばらく燃えてた節がある。

今年も渡良瀬と南魚沼くらいしか使うことも無さそうなので、ロードと同じく気ままに調子あげていくつもりで。

そもそもTT能力乏しいしね(笑)

軽くアップしてから回復走の少し上くらいの強度、疲労を残すほどではなく血の巡り良くする程度。

2~3週間前には140bpmに達した負荷も、先日の山梨練習を終えた今は120bpm位で落ち着く。

運動不足が解消されつつあるのが数値に出ると嬉しいもの、負荷に対して体がどんどん順応していく様は楽しい。

週末を迎えるたびに強くなれる、そう実感出来れば焦りも感じないし、落ち着いて楽しめる。

なのでしばらくレース無し!(笑)




CfF0HERUEAElZ6j.jpg
CfF0IhoUYAACGj-.jpg

大学の(自転車で貧乏旅する)部活の先輩が作ったOB仲良しチームジャージ、初めてチャンシスのジャージに袖を通す。

ウェーブワンに比べてサイズ感が大きくて、上ジャージは2サイズ、レーパンは0.5~1サイズ小さめを選ぶ感じ?

レーパンの裾仕上げはウェーブワンよりもこっちの方が好き、パッドは外走らないとよく解んない。

早速今日のローラーで使ったが新品なだけあってツルツル、何度となくサドルの後ろに座りなおした(笑)

取りまとめてくださったオーヤ先輩ありがとうございます!

CfR_VRmUMAEYtwS.jpg
CfR_W83UkAEGNYW.jpg

外で着ることが無くなると案外寂しいもんだな。

このジャージでレースに出た時、数十年前の部活OBに声をかけていただいたり、九州縦断の自転車旅で宿に困っていたら大学OBの宿泊所にお世話になったり。

2012年のツールドおきなわに出た時もこのジャージだった。

卒業式で貰った学位記より感慨深いかもね。

Posted on 2016/04/05 Tue. 22:19 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

05

練習TCR 

休日なのだしゆっくり寝ていればいいものの、どうしても6時半くらいに目が覚めてしまう。

ガーミンの充電を忘れていたのでゆっくり準備、9時出発。

冬ジャージ×ベスト×夏レーパン×ウォーマーな出で立ち。

何と言う軽快感、タイツのツッパリ感が無くなって勝手にケイデンス上がるくらい。

大垂水はゆっくり抜ける、今日の目標は奥多摩周遊まで全力で体力を残す事。

鶴峠に入り標高が高くなると霧雨、と言うよりか雲が低くてその中を走っている感じ、有視界3~40m。

暖かいから気にならなかった。

鶴峠を無難にこなしてぼちぼちの疲労感、また少し内転筋に響いているのが気がかり。

今川峠を登っているうちに内転筋の疲労が何故か引っ込む、急こう配を登るとたまにこんなボーナスが起きる。

踏み方が矯正されるのかは自分でもよく解らない、昨年は奥多摩周遊の月夜見第一駐車場前10%区間でいつも同じようなスイッチが入った。

そこからは息を吹き返したように踏める、奥多摩周遊も入口からハイペース。

昨年の7~9月ごろに出したタイムと遜色ない結果だった!

先週に比べて11分短縮、ここ最近のタイムからすれば20分以上の短縮で上り調子。

都民の森で甘酒飲んでヘロヘロに成りながら帰還。

140km 獲得2700m↑

練習上がって56.3kg、減り過ぎだ。。。




CfBd5dKUIAEBOe-.jpg

乗り手に余裕が生まれて、使うべき時に力を出せばぐんぐんタイムが縮まる、前作より扱いやすくなってもそこはTCR、力尽きれば乗り手を突っぱねてくる。

前作から乗り換えて以来、ようやく楽しくなってきた。

Posted on 2016/04/02 Sat. 21:56 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

02