11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

2015年総括 

2015年もあっという間でした。

3月で16年間の学生生活に終止符が打たれ、晴れて社会人レーサーになり、7月に試用期間を終えてレース活動に復帰。

自分が思っていたよりも社会は厳しくあり、また優しくもありました。

そろそろブログタイトルの「社畜」も改めないといけませんかね、多方面から「全然社畜してないじゃん」とのお声は届いております(笑)

来年どうなるかはまだわかりませんが。

以下、今年に出たレースのリザルトまとめです。

3月末
     JCRC修善寺    20位/37人中

5月 
     筑波8耐       総合7位(チーム)
     もてぎ4hソロ     16位
     加須こいのぼり杯 …位

7月 
     石川ロード      30位/103人中
     三峰山HC      13位/60人中

8/9月 
     みやだHC      29位/96人中
     みやだクリテ    36位/50人中
     渡良瀬TT      26位/94人中
     南魚沼TT      10位/76人中
     南魚沼ロード    19位/96人中
     経産旗杯      11位/76人中

10月 
     輪島ロード      9位/68人中
     多摩川源流HC   総合15位
     JCRC群馬      5位/44人中
     もてぎ4hソロ     3時間半(笑)

今年も実業団レースで勝負に絡むことはできませんでした。

この結果のほとんどは、レースが進み自然と人数が絞られ最終周回の坂で千切れる、群馬では最後の10数人に残っても最後まで何もできず。

これだけの数があって全てがそうでした。

昨年(E3)のスタートから半周で先頭から遅れてしまっていた事を考えると、ダメなりにも進歩できた範疇だとは思います。

今年の後半戦、レースを転戦することを楽しめたのは何より大きい進歩。

来年、ポイント昇格により今度はクラスタE1で走ることになります。

またしてもE3でのように、完走できるかどうかの瀬戸際に立たされそうです。

二度とあんな思いをしないように、2016年も楽しく苦しんでいきたいと思います。

今年一年、大変お世話になりました、また来年もよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/31 Thu. 20:09 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

31

練習TCR 房総(暴走?)ライド! 

CXioMhiUQAA06H7.jpg

千葉に帰省後初練習、ちょうど疲労も抜けたころで良い感じ。

seiさんプレゼンツの走り納めライドにお誘い頂けたので、豪華メンバーの元嬉々として練習へ。

写真は全て、サポートで帯同してくださったseiさんより、ありがとうございます!

朝7時集合なので、余裕をもって集合場所に車で向かう(ライト持ってくるのを忘れてしまった笑)と、一番乗りで返って駐車場が解らず。

何人かは車で来るんだろうし、近くで待てばよかったものをテンパって別の駐車場を探してアタフタ…。

無事デポして向かうと20分遅れ、よそ者の分際で遅刻してしまうとは。。。

すみませんでした。

ついてすぐに出発、今日の練習は170kmで獲得標高3000m!

ハイライトになる登りは清澄山と鹿野山だけど、千葉(房総の中)は丘だらけなので気づいたら結構登っている感じ。

地元のはずだけどここら辺の土地勘があまりないので、ちょっと思い出し切れない(汗

交通量に合わせてパックに分かれたり、まとまったりと臨機応変な具合で進行。

ペダルを変えての初ライドで少しぺダリングが迷子、そしてパンチ力の足りない自分は丘で遅れを取ってしまう。

勝浦に出て、房総スカイラインを目指す道すがらで少しづつ感触が帰ってきた、気温も上がってエンジンがかかり始める。

CXioK-fUwAAitR0.jpg

清澄山は初めて登ったかな?向かい風のある登りはキツイね。

踏まねばならぬ下りも中々キツイ。

ハムストリングから臀筋にかけてを使った踏み方が帰ってきてさらに調子が上がる。

徐々に増していく疲労感、しかしそれを上回る楽しさが全てを吹っ飛ばす。

楽しくなりすぎて房総スカイラインでササさんともつれかけてしまった、スミマセン。。。

CXioLmxU0AAJ-DG.jpg

スカイラインを抜けると鹿野山、緩斜面で長い登り、今日一番の自分が輝けるステージ!(笑)

笑った覚えは全然ないんだけど、目元見えなくてハァハァしてると自然と笑って見えるんだね。

自分よりさらに眩しい方が居て大して輝けもしなかったけど、いい具合に踏み続けられて楽しかった♪

鶴舞を越えてフリーダムの朝練コース復路に入る、うぐいす三段と呼ばれていた一段目をテンポで抜けて、下りも踏み続けて脚が完全に売り切れ。

200Wも出ない。

九十九折れを歯を食いしばって登り、その後もう一発登ってお終い。

しめて8時間ほど、やっぱり複数人で走ると速い、そして一人じゃ到底出せないような数字が出る。

皆様ありがとうございました、今年一年で一番長くて楽しい練習でした!

Posted on 2015/12/31 Thu. 18:42 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

31

練習TCR/久々フォームチェック 

日曜日に西東京で練習した後に千葉の実家へ帰省、ぬくぬく過ぎて何もやる気が起きなくなってしまう(笑)




日曜日

GSEWの方からオーベストさんとの合同練にお誘い頂けたので、帰省を半日ずらして練習へ。

大垂水~神奈川CCで折り返し、往路の3分の2くらいでほぼノックアウト。

テンポで登り続けるのは得意だけど、次々と現れる丘をレース走で越えていくのはめっぽう弱い。

着順を取るために最も大事な能力のはずなんだけど、中々一人で練習出来ない事だから、西東京に来てちっとも進歩していなかった点が浮き彫りになった。

復路は全く踏めなくなってしまってタレタレ、裏大垂水が長く感じるほど、中々ついていくことが出来なかったので練習ログはあまりあてにならず。

やっぱりまだまだなんだな、これじゃ一年でE1から降格してしまう。

是非また参加させていただきたいと思う練習会でした、ありがとうございました!




~帰省~

CXSFEetUQAETFO1.jpg
CXUMy8gU0AAtzis.jpg

チェーンの伸び率を測ると余裕の交換時期、買い置いてあった105スプロケと一緒に交換。

スプロケ・チェーン半年、リアタイヤ2か月、フロントタイヤ半年が今の練習での交換サイクルかな。

山がちなところを走ると消耗が早いね。

ペダルはKeo2MAXがギシギシ煩くなってきたので、クリートの入手性のいいシマノに戻す。

DURAはいらないかなってところでアルテ、Qファクターが狭すぎるのもあまり好きじゃない。

久しぶりに使うと、クリートを外す時の懐かしい粘り方。

LOOKの方がパキンと外れる気がするけど、シマノは少し「ぐにぃ~」っと粘る感じ。

それでもすぐに気にならなくなる範囲。




formcheck-.png
formcheck-2.png
formcheck-4.png
formcheck-3.png

実家においてある3本ローラーで一年ぶりにフォームチェック、主観で思っているフォームと、実際に取っているフォームを見比べる。

概ね相違なかったのと、色々といじくり回した割に一年前とあんまり変わっていないことに一安心。

もう少しリーチが窮屈になっているかと思っていたけど、そんなこともないんだな。

今年も残すところあと少し、こっちでも少し練習しておきたいところ。

Posted on 2015/12/28 Mon. 23:07 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

28

練習TCR 

28日はお休みいただいたので、昨日で仕事納め。

今日から年明けの5日までお休み、好き勝手自転車乗ろう←




CXJVF0nUkAEfLNH.jpg

この前買ったお高い計測器はコレ、SGY-PM910HL。

パッケージだけ見るとテスターか何かが入って居そうだ。

効率見ても使い方が分からないし、それほど精度が大事なわけでもなし、左だけで十分とミニマリストぶりたいところだけど単にお金無いだけ(笑)




土井選手の本でいうところの「LMD」というのがどの程度の強度なのか知りたかったのと、普段のペース、大垂水アタックの程度を知ることを目標に練習。

LMDに関してはFTPが解っていないとキッチリとは決められないのだけど、大方の見当をつけて試すことに。

甲州街道をゆるゆる走って、大垂水峠を目一杯アタック。

この時点ではパワーを見ずに、前だけ見てタイムを狙う。

今月中のベストに近いタイムを出せた、9分程度の平均パワーは296W。

体重が58kgなのでざっと5.1W/kg、よかった、これくらいは出ているものだと信じて居たかったから(笑)

このまま裏和田峠もタイムを狙いに行こうかと思っていたけど、日が当たらない上に標高700m近くまで上がるので寒くて諦めた。

無理せず楽に登るいつものペースを数字で確認、大体180~220W位。

和田峠を登っていて、プロの練習で激坂を取り入れない理由が少しだけわかった気がする。

斜度10%台に乗り始めると一番楽に抜けられる登り方でも勝手に5W/kgに載ってしまう、自分の決めたトレーニングプランではなく斜度の緩急で出力が出てしまうだけなんだね。

大体200W位で登り切り、下ってLMDのテンポ走を試すために大垂水峠へと引き返す。

この時点で獲得標高1000mだったので、残り1000m分登れればイイかなくらいの気持ち。

LMDはFTPの70%走、いわゆるベース作りの練習、FTPの向上に合わせて数値が変わっていくからプロはシーズン中に値が急激に変わるらしい。

TSS700(練習二日、休息一日)を1セッションとして40日間(13セッションくらい)でコンディションを上げる話とか、色々と前フリだったり、その発展もあるのだけどまずは予想されるLMDがどの程度かを感覚で知ることから。

ざっと200Wで往復し続ける事に、逆算するとFTPが285W程度(4.9W/kg)想定だからまず続かないだろうなと予想(笑)

いやほら、見栄張りたくなるじゃん?(主旨がずれている

相模湖側の大垂水は日がさして暖かい、斜度もきつ過ぎないし練習メニューを決めて走りやすい部類。

4本やった所で限界近くなり、ちょうど獲得標高も2000m程度になったので引き上げる。

CXJVHEiUAAE9Lyw.jpg

肉まんが美味しい、すっかり空腹に耐えられない季節になってしまった。

CXJVIRqUoAEk5h0.jpg

左クランクに取り付けると目立たなくていい、「PM付いてます!」って外観は本気すぎてちょっと自分には重い(笑)

FTPがちゃんと決まっていないからTSSが400なんて数字に、どっかで測らないとな。

明日も練習。

Posted on 2015/12/26 Sat. 20:43 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

26

練習TCR 

昨日のお昼、食堂で会社の先輩から練習にお誘い頂けたのでご一緒に。

冬×ロードなので「尾根幹行きますか」という事で、初めて山以外の西東京練。

「尾根幹」や「連光寺坂」みたいなワードを他所のブログ等々でよく見かけて気になっていたものの、周回練習って一人で回るには強靭な精神力が居るもので…(笑)

コースは短い丘をず~っと登ったり下りたり、群馬CSCチック?

ガツンと踏んで休めてを繰り返す一番苦手なヤツ。

久しぶりに下ハン握ってダッシュを繰り返したかも、一発目のダッシュが上手く加速できなかった、それくらい普段の練習じゃ下ハン使わない。

連光寺坂という方はグイ~ッと息長く登り続けて、最後に少しだけ斜度きつくなる感じ、こっちの方は好きなタイプの登りだった。

CW53yO6UkAApkxc.jpg

短い時間だけどガシガシ踏んだのでいい具合な疲労感、帰りがけ多摩川サイクリングロードを走っていると多摩川サイクルゲートの幟が立っていたので思わず寄り道。

CW531UBUQAMKCZD.jpg

廃校になった小学校跡地を利用してテナントが入っているらしく、グラウンドではサッカークラブの少年たちが練習していて現役の小学校の様相。

CW533AvUkAAdwCi.jpg

すごく小学校(当たり前か

多摩川サイクルゲートは東京VENTOSの本拠地?なお店で、商品のたくさん並んでいるお店と言うよりかは、自転車乗り向けの喫茶店のような雰囲気。

一日中5℃以下の気温で凍えていたので、ぬくぬくな店内から中々脱出できなかった(笑)

自宅から1~2kmにあるとは思ってもみなかったのである。

自宅すぐそばで先輩方とお別れ、ありがとうございました!




CW52FABUMAE1rVP.jpg

色々あったFC-9000を元に戻した、クランクが現行になるだけでグッと新しい自転車感が出る(笑)

今回(も)国立GIANTストアさんのお世話に、いつも助かります。

自分で整備する時間(と場所)が惜しい時に整備を依頼できるととても助かる、やっぱお金に困らない(学生時代比)に越したことはないんだよね、当たり前なんだけども。

今年の輪島遠征の時にEQAスギタくんのプレゼンに押し負けて高級な計測器導入、どう使うかは自分次第。

Posted on 2015/12/23 Wed. 20:46 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

23