10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TRINITY 

帰宅して早々にTCRの洗車、前回は洗う暇なくて泥だらけのまま練習、取り立ててチェーンが重く感じる事は無かったけど綺麗な方が気分いいよねってことで。

洗車と掃除軽く済ませて練習。

早速新しいシューズで回復走。

TTバイク用のシューズはクリート位置をロードに比べて浅くしてあるが、週末まで我慢ならないのでロード用の位置のまま練習。

とりあえず後退量全開まで深くしてもさして深く感じなかったので、多分SURGEの方がクリートの取付位置が浅めにある。

あと何となくサドル高低くなった感じもするので多分ソールが厚い。

全体的に厚ぼったいので、Qファクター全開、LOOKのペダルスペーサーまでかました状態でも、少し踵を内に向けただけでクランクと擦る。

降ろしたてのシューズなんて馴染むまでは気に入らない部分しか目につかないのは何を履いても一緒、最終的に馴染んでもSH-R321の方が良い気はするけど、「これなら行けんじゃね?」くらいの予感はするのでSURGEで継続。

いっちょまえにハイエンドの価格帯で出してきただけはある自信作みたい♪

早く脚の形に合わないかなと期待感で一杯。

シャカシャカ回してお終い、不思議と調子がいいのか心拍が上がらなかった。




CU-RmLiUwAAhstl.jpg

週末練習のような満身創痍になる練習をすると銭湯に出向いてでも脚を伸ばせるお風呂に浸かりたくなる、セルフマッサージで回復を促そうと必死なお年頃。

流石に臀筋は一人で上手く刺激を入れられないのでこんな物を買ってみる。

乗っかってグリグリするだけ、案外イイ所を突いてくれる、効くかはわからないけどとりあえず心地いい感じ。
スポンサーサイト

Posted on 2015/11/30 Mon. 19:51 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

30

練習TRINITY/練習TCR/ GIANT SURGE 

木曜日

一応回復走。



土曜日

ぼちぼち準備して、8時ちょい過ぎくらいに出発。

これくらいの時間が出発時間を遅く出来るギリギリかな、これ以上ゆっくりしていると帰りが遅くなりすぎる(距離減らす事は考えない方針)。

先週の教訓をもとに初めからウォーマー類とウィンドベスト、フルフィンガーグローブを常備、下り用にウィンドブレーカーも持っていく。

ゆったり走りながら大垂水、あんまり気持ちも盛り上がらなくてタイムアタックするか悩んでいると東洋大生が追い抜いて行った。

車間とって(3~4車身)一緒に頑張らせてもらう事に、最後は倍くらいの車間まで離れてしまって負けてしまう、やっぱり学連走ってる子は速いねー。

結局真面目に追い込んで、頂上通過後は口パクパクしてるくらいだったので挨拶もできず、心中で感謝の言葉を唱えて鶴峠へ進路を向ける。

それにしても寒かった、高尾側は全体的に日陰で気温は4℃ほどだった(笑)

大垂水アタック後は先週と打って変って好感触、シャカシャカ回しているうちに回復して、鶴峠の10%以上の区間でまた疲労溜まって(笑)、今週も今川峠スキップで奥多摩周遊。

踏む余力があったのでヒーコラ言いながら、お団子とけんちん汁だけを思い浮かべながら登る。

都民の森であったまってそそくさと帰る。

帰宅してバタバタと帰省準備、実業団の反省会・来年の打ち合わせがあるので適当に荷物積めて何気に初の電車帰省。



日曜日

髪切ってから帰京。

ほいでもって念願の新しい機材!

12311242_480794782104980_3685575475336230010_n.jpg

駄目だ、先入観でboaクロージャー×先端ベルクロってだけでS-W○RKSを思い浮かべてしまう(笑)

一応GIANTにしかないオリジナルな工夫はあるようで

12249765_480794805438311_2580164640984526241_n.jpg

ソールの前半分と踵付近の橋渡しが一本の太い梁だけで支えられていることで、踏みこむ方向には強く、ダンシングでねじれるような動きには柔くなるような狙いがあるらしい。

12294798_480794818771643_2283225067329890041_n.jpg
12274543_480794832104975_4498204230070786627_n.jpg
CU-KNbcVEAIRDSS.jpg

これは実走じゃないと解らないかな、週末が待ち遠しい。

12308557_480794852104973_4098480264219261121_n.jpg

それとこの手のベロって踵を下げるように踏みこむときに、どうしても足首に食い込むのどうにかならないかな。。。

ハサミでチョキチョキ切って調整、弄ってどうにかなるようならそれで良い。

インソールはシマノのSH-R321で使っていたものを使いまわし。

アキレス腱を包み込むような樹脂のサポートが入っていないので、若干の座りの悪さはあるけど実走して問題なければそれでよし。

何よりカッコよければ最早何でもいい(笑)

Posted on 2015/11/29 Sun. 20:09 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

29

練習TRINITY 

朝はぼちぼちの気温、帰りは極寒、多めに着込んで出勤して本当に良かった。

それに伴って帰宅直後の室温も急降下、練習するにあたって扇風機回す手間が減ってちょうどいいと思う反面、練習直後の汗冷えに気を付けないと簡単に風邪を引く季節に。

やっぱりめんどくさいかもね。

寒いと明らかに体が硬く感じる、TTバイクのサドル高が少し高く感じてまさに冬の訪れを感じるし、ロードの方は2~3週間くらい前からハンドルが気持ち遠く感じていた。

長めにアップを取って本チャンメニュー。

心拍の立ち上がりはぼちぼち、しかし先週の練習での不調を引きずっているかのよう。

心肺よりも先に脚がきつくなってきたので、座位置を変えずにハムストリング~臀筋~体幹中心の踏み方に変えてやり過ごす。

これだと筋力的には楽だけど心肺がキツイ、当然少し心拍数が上がるけどその間に脚を少し休められるので、飛び込みの疲労が緩んだあたりで太もも前面の筋肉も再び動員するような踏み方に戻す。

ちょっと前まで何となく踏んでいたり、どちらか一方に偏って安定しなかった踏み方がしっかりと使い分けられるようになってきた。

実走では自然とやっていることでもローラー台だと盲目になってしまう、目先の数字と過負荷で一杯一杯になるせいなのかな。

こういう引き出しが増やせてきたのはいい感じ、そんな引き出しも使い切らないといけないくらい調子自体はイマイチだが。

ごまかしごまかしでケイデンス(負荷)一定で踏み続け、最後の1分で負荷6、20秒で負荷7、最大で188bpmマークして〆。

10分間の平均が182bpmとなってしまった、あんまり良くない結果。

絶好調だった先週は10分間の平均が167bpm、同じ負荷踏んでこの差は歴然…。

きつかったけど気持ちよく汗を流せたので良しとしよう♪

Posted on 2015/11/25 Wed. 20:18 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

25

練習TRINITY 

帰ってきてせっせと準備、この前届いた真鍮カラーをTRINITYのプーリーに取り付ける。

CUki0bZVAAAYaCc.jpg

久しぶりに外した、というか樹脂プーリー届いてから外したこと一度もなかったっけ。

カッターで樹脂カラーを外してベアリングを触ると良好な感触、TTだから洗車頻度も雨の中走る頻度も低く、距離もさして乗らないのであんまり消耗してないのかな?

嬉々として取り付けて実装。

CUj9cICUAAAPXv8.jpg

へへへ、新しい部品って嬉しいものだ。

こっちのデザインのケージもカッコいいな、ロードは使用環境を考えてビックプーリーやめてしまったけど、レースに駆り出さないならばすぐにでも使いたいほど。

やっぱ駆動部分にはロマンがあると思うんですよ(熱弁




自転車弄って満足、練習はやらなくてもイイかなと思ってしまいそうになる。

することも無いので乗るけど。

回復走で流してお終い、明日は本チャンメニュー。

カラー変えて心なしか音が静かになった気がする、プーリーの姿勢が変わったのかな?

明日の調子に期待。

Posted on 2015/11/24 Tue. 19:57 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

24

練習TCR/バイクロア冷やかし 

遊ぶので忙しくて放置気味。

土日遊んで月曜日はぐったり(笑)



土曜日

CUeyYuXUkAAGC21.jpg

楽しみにしていた紅葉サイクリング、隔週で色づく過程を楽しみたかったけど先週末は天気が悪かったので致し方なし。

すっかり寒くなったので8時半ごろにゆっくり出発。

3連休初日なだけあって、甲州街道でお出かけ渋滞に軽く巻き込まれて辟易。

大垂水峠はいつも通りタイムアタック、ベストの12秒落ち、時期と恰好を考えれば上出来。

上野原を抜ければサクサク。

いつもならゆっくり走っているうちに大垂水アタックの疲労が抜けて行くんだけど、今回はゆっくり走ってもどんどん疲労が溜まっていく。

コレハマズイと冷や汗を垂らしながら鶴峠、暖かいだけあって普段は誰も見ないのに2~3人登っている方が居た。

紅葉を見る余裕が辛うじてあるくらいでゆっくり登っていき、二つ目の頂上手前で会社の先輩に偶然追い抜かれる。

鶴峠登って松姫にいくそうで驚いた、世間は狭い。

分岐するT字路でお別れして一路今川峠へ、トライするも始めの1kmで厳しいことを悟ったので引き返す(笑)

「大菩薩ラインは先々週見れたし今週は見れなくてもいいかな」と心中で負け惜しみを呟きつつ、景色を楽しむ。

鶴峠~奥多摩周遊の道って必ずと言っていいほど外人さん(700Cが小径車に見えるくらい高身長で、しかもすんごい速そうなの)が自転車で走ってるんだけど、なんかのガイドブックにでも載ってるのかな?

CUeyaatVAAEYUK6.jpg

入り口が見えると、月夜見第一駐車場から見える景色に期待感で一杯になる。

CUeyeYYVAAEjBzd.jpg

余りに体力が厳しすぎて1hかけて登る羽目に、自己ベストの二倍近く時間かかったことに驚く、夏にこの二倍速で登ったことも信じられない。

CUUf6hoUwAApyYR.jpg

高い所から一望できる景色ってのはいい物だ。

1797336_478182885699503_472731803062584054_n.jpg

しかし標高1100mはちょっと寒すぎる、都民の森でお団子とけんちん汁を頂く。

美味しかった、次回から300円余分にお金持っていかないとな。

下りは指切りグローブに長指グローブを重ね、ウィンドベストを重ね着、快調に下りを楽しんで帰還。

終日調子が悪いと思ったら、指先が冷えて血行が悪かったのが原因見たい。

疲弊しきった体があったまるといつものグイグイ踏める感覚が帰ってきた、やせ我慢しないでちゃんと着込んだ方が良いのかな。



ZIPP CONTOURSL
C-C380mmハンドル

最っ高だった!

リーチが寸詰まりになる懸念はさほど感じず、下ハンも十分に深くて、ブラケットのダンシングも違和感なし。

ハンドル幅を詰める事で明らかに空気抵抗が減った、下りの速度は自然と伸びるし、緩斜面の踏む下りも明らかに伸びる。

登りにおいても呼吸が苦しくなるようなことはなかった。

バーテープを薄手にしたおかげか、ハンドル幅に起因するのか判断しかねているけど、下りでバイクを倒しこむ感覚がよりはっきりと伝わってくるようにもなって非常に下りやすい。

1つ使いづらいと言えば上ハンが若干窮屈なくらいだが、ここに合わせてはいないのでさして問題ではない。

カーボンだから振動吸収が~というのは思ったほど恩恵が無かった、アルミでC-C380mmが出たら即座に交換したい。

これは愛用決定だ!




日曜日

秋ヶ瀬公園で開催されたバイクロアに部活のOBチームで先輩が出場されるそうなので、応援兼撮影班へ。

昨年度は東京シクロで横隔膜が鍛えられたので今年も期待しつつ(笑)

12243554_838531119596955_494123346038347057_n.jpg
使用前

12289597_838531126263621_4411431432521653987_n.jpg
使用済

はい、お疲れ様でした!

詳細、動画はcrunk gorilla cyclingteamのFBでわらけてくださいまし。

一番上のクラスはスピードももちろん速いけど、バイクコントロールがやっぱりすごい、オフロード系のテクニックって本当にカッコいいよね。

スタジアム競技を観戦しているかのような盛り上がり方をしているのも手伝って一層カッコいい。

夜は宴して帰還、楽しかった。




月曜日

遊び疲れてぐったり。

3連休ってちょうどいいな。

Posted on 2015/11/23 Mon. 17:57 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

23