FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

ぼちぼち禁断症状ががが 

みらのさんれもー

つまらんですね、自転車乗れないと。

その上この寒さです、特に用事もないし、そもそもお外出てもお金を使わない事って何があるのやら。

結局今日一日寝ていました、横になっていたとかではなく本当に寝ていました、寝すぎて今頭が痛いです(笑)

膝は大事を取って1週間は自転車に乗りません、土曜日までおあずけです、そこから少しずつ乗り始めるくらいなのでしっかりと踏み始めるまではまだ先ですねぇ。

お風呂入ってストレッチしますか~。

ではでは。

Posted on 2013/03/26 Tue. 00:44 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

26

順調に回復 

お風呂上りに入念にストレッチの後、アイシング。

寝るときには湿布を貼ってサポーターで固定。

こんな事で2日ほど過ごしたらみるみる回復しまして、今ではすでに日常生活での痛みは皆無です。

朝と寝る前で明らかに痛みが少なくなるので、すぐに自転車には乗れるだろうと思っていたら、過去に膝を壊したことのある方々から猛烈に「まだ練習するんじゃない!!」とのご連絡を多数いただき、もう少し練習は控えようかと思います。

どこまでこれを続ければいいのか分かりませんが、ここで変に無理してもどうしようもありませんからね、シーズン始まる直前から幸先が悪いですがゆっくりと治します。

早く自転車乗りたいなぁ。

Posted on 2013/03/25 Mon. 01:05 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

25

何がダメか考えよう 

膝の様子は一晩経って階段を歯を食いしばりながら登り降りできる程度には回復したものの、朝練に参加するのは厳しいため実業団幕張クリテリウムに観戦に行きました。

E3、2、1と予選を見てきましたが思ってたほど絶望感は無いので、今シーズン中どこかでE2に上がれればなと思いました。

実際のところ他の開催地で開かれて今日のようなレースになるかと言うと、そうとは限らないのでまだ油断はできませんが。

会場にはもちろん車で向かい、駐車場からコースまで距離があったのでADVSLをママチャリ代わりに移動、この程度なら乗れるのでかえって歩くより楽なのです、新車そうそう扱いがアレですが。

まぁ膝を壊すともどかしいですね、脚の疲労感はかなり抜けている状態にもかかわらず練習できないのでなんだかもったいない気がします。

このさい乗れないなら乗れないなりに今回の原因を考えてみますか、あくまで推測ですが、乗れないのでね(笑)

昨日の記事では一先ずフレームかホイールのどちらかの負担が重いのだ!

といった物言いでしたが、それで済ませてしまっては改善のしようがありません、鍛えればいいのだはADVSLを使うに限った話ではなく頑張らなければいけませんからね。

それではどうしたらよいか、この機材を使っている選手のバイクを見てみます。

らーすぼーむでかい

昨年度のラボバンク所属ラースボームのADVSLですね。

うむ、デカい。

ラボバンク(現ブランコ)の選手のバイクに共通することは総じてサドルの後退幅が非常に少ないです、ADVSLのISPは25mmオフセットと―5mmオフセットに可変できるのですが、この巨人サイズのTCRでもマイナスオフセットでレール幅目一杯に前に出しています。

都合のいい画像が見つからなかったのですが、ボーム以外にもLLサンチェスも同様にサドルは目一杯前に突き出しています。

ここ最近活躍したスラグテルは恐らく身長170cm程とかなり小柄な選手なので、後退幅はUCI規定に準じて50mmでしょう。

平たく言えば思いっきり前乗りをして、踵低めで踏み下ろすようなぺダリングをする傾向にあるんですね、ここ最近のプロツアー選手の傾向でもありますが、GIANTを使用するチームはその傾向がより顕著な気がします。

確かに土曜日に膝がどうしようもなく痛くなってきて、最後の力を振り絞らなければならなかったときは、目一杯前乗りしたところにかなり上死点から踏み下ろしたらなんとか加速することは出来ました。

その方が膝への負担が少ないのでしょう。

それを踏まえて自分のバイクの後退量を考えてみるとスラグテルと同様に50mmです、ここから小柄な選手はどうしなければならないかと言うと、アリオネの先端にちょこんと座って踏み続けるしかないんですね。

後は踏みだす位置と踵の深さを考えてぺダリングすれば、いくらか改善の見込みは立つのではないかと。

僕にはUCI規定なんぞご縁が無いので、スパッとサドルを前に突き出して対応しても問題ないのですが、ポジションを変える前にまず自分のフォームで対応してみようと思います。

こんな所ですかねー、あと一日二日の辛抱で一先ず乗れるようにはなると思うのですが。

ではでは。

Posted on 2013/03/24 Sun. 01:01 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

24

可愛げの欠片もない 

ひざいてえこんちくしょう


はい、事後報告からはいります。

今日の午前中の練習のこと、たかだか5~60kmの距離で左膝を壊しました。

どの程度かと言うと

・腰を引いてシッティングで踏めない

・腰を上げて左足を踏み下ろせない

・最終的に左脚が完全に使えなくなり、インナーロー×右足ぺダリングで帰還

・現在は階段も登れないほどには日常生活に支障をきたす

ここまで体を壊したのは初めてです、いくらか脚の痛みを覚えた事はありましたがそれは300km近い距離を走ったりしたときであって、この程度の距離ではまず何もありませんでした。

昨日に引き続きADV SLで練習に向かいましたが、こいつ自体はALLIANCEからmm単位でポジションを揃えているので、ポジションに起因する問題ではないと思っています。

ALLIANCEとADV SLはホイールベースが0.2mm短くなっただけですからね(笑)

ハンドル・ステム・サドルも同じなのになんでだ?

てんちょや石丸さんからは、とびっきり硬いフレームに乗ってぐりぐり踏んでると踏み負けることもあるかもねと言われました。

石丸さんは586に乗り換えてそれを体験してるそうな。

それにしても痛いなぁー、なんだこいつ可愛くねぇ・・・。

乗り手に対してフレームの硬さでここまで突っ張ってくるとは思っていませんでした、車輪がC50っていうのもいただけないかな?

C35かC24を入れればぼちぼち改善される気もしますが、それもたかが知れているような気が・・・。

単純な自転車ではあると思っていましたが、どうやら乗り手に対して一切譲る気のない自転車のようです。

可愛くねぇ!

Posted on 2013/03/23 Sat. 22:07 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 2

23

ADVANCED SLシェイクダウン 

納車advslfs

本来ならそんな予定ではなかったのですが、ALLIANCEのヘッドベアリングがご臨終したため急きょこいつで練習に行ってきました。

感想としては・・・

・C50人間が使うホイールじゃない

・バイクの振りが軽い、軽すぎる

・DI2思ってたより使いにくい、慣れてないせいもありますが

いやはや、大変ですこいつ、速いですけど。

速いだけとも言えますが・・・。

ではでは。

Posted on 2013/03/22 Fri. 01:57 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

22