FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TRINITY / GROWTAC 4本ローラー試乗 

急きょ残業規制が強まったので時間調整で早帰り。

8時15分出社、15時30分退社はもはや小学生、そうかこんなに時間があったんだな小学生(笑)

通勤前に自転車の準備をして出たので、帰宅してから10分で支度して出発。

最後にTRINITYを実走したのが昨年9月の南魚沼TT、自分で思い返して「マジか」と声が漏れる。

エグザリットを持ってしても止まらないブレーキは健在、キャリパーの剛性自体が足りないからか、如何に摩擦を増やしても制動力に繋がらないんだね。

ロードならばフルブレーキぐらいの握力で気持ちい空走感を感じるTRINITY、この脳内と現実のギャップはタマヒュン。

気を付けて走ろう(笑)

仕事上がりに練習すると決めてから今日一日、どこを走るか頭の片隅で思案していた。

信号がない場所など近場に無いので、優先すべきは左折巻き込みに会う恐れのない場所のこと、となると狭山湖方面か米軍横田基地沿い。

狭山湖を探索する暇もないので、米軍基地回り。

久しぶりに乗るとベースバーの低いこと、DHバーのほうが楽だ。

結局信号に引っかからず踏めたのは3㎞程度、それでも懐かしいスピード感に気分も高揚した。

TTバイクってだけで巡行速度がぐんと上がる、楽しかった。


CmG9XOAUkAA5suY.jpg

思ったより早く帰ってきてしまったので多摩川cyclegateさんへ寄ってみる。

FBでGROWTACの4本ローラーが入庫しているとの投稿を見て一度乗ってみたかった。

以前エリートの三本ローラーをTTバイクでトライしたことがあって、24年の人生で指折りの恐怖体験だったことは今でも覚えている(笑)

TTバイクはロードに比べ前輪の荷重が多い、三本ローラーだと覿面に不安定になる要因の一つ。

DHポジションでやたらと後ろ乗りになってしまうのはそのせい。

GROWTACの4本ローラーだとベースバーでの乗り出しから安心感が違う、最終的に自然とDHバーで乗れたほど、たぶん目いっぱい前乗りでも大丈夫なんじゃないかな。

これは欲しい…。

それなりに負荷もかかるので、ローラー用のスリックタイヤで負荷かければ静かに乗れそう。

懇切丁寧に説明してくださったので是非買いに来よう。

Posted on 2016/06/29 Wed. 21:32 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

29

練習TCR 

先週は朝TT練一回、今週はゼロ、「そんな時もあるさね」位の気持ち。

この前の都民大会で普段はやらないスタンディングスタートの全力ダッシュを繰り返したせいか、ずっと右二の腕が筋肉痛だった(笑)

利き足(というよりか日本の車両交通方向的に)で踏み出す足は右だから、ハンドルを引き付ける右腕が異様に疲れる。



平日に一度も練習しないで心拍ついてくるのかと不安でいっぱい、それでも「ダメな時」の誤魔化し方はいくらか覚えたので気にせず山へ向かってしまうのだ。

乗り出してすぐに上半身の気怠さと、殿筋の怠さを感じる。

上半身は金曜日に仕事で工作をしていたのが原因、殿筋は一度もチャリに乗らなかったせい。

暖かくなってきたけど昨年より自転車乗りが少ない気がするのは気のせい?

甲州街道でGSEWナルケさんとすれ違ったのと、同じ方向に学連の選手が向かっていたけどオフっぽかったのでゆっくり目、それくらいかなぁ。

脚はサラ脚でシャカシャカ回る、自転車は真っ直ぐ走る、ダメじゃないどころか良いほうであるので大垂水からアタック。

向かい風でタイムは振るわず9分16秒、やっぱり序盤~権助ストレート(オーベストさんの呼び方だけど一般的なのかな?)までが風向きに左右されがち。

終盤でも垂れることなく、心肺が限界を超えることもなく、綺麗に纏めてパワーも先週比で向上、💮合格点。

気温が30度近くなると左足の指が攣り始めて15分ほど悶絶、暑くなってきたのでこまめに飲まないとまたピヨッちゃうな。

収まってからいつも通りのペースで鶴峠をやり過ごして奥多摩周遊。

気合い一発、40分前後の苦行、頑張れば頑張るほど早く終わる(笑)

ヒルクライムの気の紛らわし方は「あと何分or何㎞で頂上」ではなく「標高~~mまであと少し」と思い続ける事。

急勾配の方がグングン標高上がるので、斜度表記が2桁%になっても全然挫けない。

余力を探りながら出力を上げていき、悶え苦しみながら700m上る、標高1000m超えの天界は涼しい。

自己ベストの48秒落ち、過去3番目のベストタイムをマークできたので大成功、我慢してよかった。

13㎞の峠で48秒差ってホント塵も積もればな世界だな、来週こそ自己ベスト。

都民の森で赤コーラ飲んでゆるゆる帰還。



登りのダンシングを思い出せてきた。

シャカリキになって登っていると忘れてしまいがちだけど、踏み下ろす足よりも反対側の引き上げる足を意識した方がより前に進む。

持ち上がるペダルよりも先に脚を上げ始めるくらいで丁度いい、自然と下ハンでのダンシングも以前より脱力して自転車を前に進めることができた。

それでいて前輪を潰し過ぎないように(前過重になり過ぎない)しないといけないから、全身がうまく使えないと難しい。

来週からはこの精度も上げていきたいな。


CkG5AS2UoAEQMmQ.jpg

現行TCRのリアエンドってそれとなく新型になっている。

いつも練習で持ち歩くツールの中にはリアエンドも入っていて、新型になって用意していなかったので熊野に備えて購入。

こういうのって備えておくと何事も起きないんだけど、用意しないでいるとトラブル起きるんだよね。

リアエンドの神様へのお布施ということで一つ。

Posted on 2016/06/04 Sat. 22:51 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

04

練習TRINITYとか 

朝TTバイク練。

先週は休みなく3日連日で乗り続けた、踏む練習の前にTTフォームを維持できるようにするリハビリ。

フォームを維持するのに力は要らなくなってきたので徐々に負荷をかけていく、まず始めは7割くらいのイメージから。

負荷4で80rpmを5分、1度練習したら二日間を明けて週二回、ゆっくりだけど着実に調子をあげて来れている。

焦らずマイペースに、明日(こそ)はまた山籠もり。

Posted on 2016/05/20 Fri. 22:15 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

20

練習TCR / PD-6800 +4mmアクスル  

先週は寮の行事で練習なし。

ここ最近少し忙しくて、日記なんて書く暇あったら少しでも早く寝たかった。

22時まで仕事したら8時間の睡眠を確保するので手一杯、一度朝フレックスで練習してみたけど、やっぱり続かないね。

乗らないなら乗らないで少し困ったこともあって、毎日乗っていたころよりも頭が回らなくなった気がする、頭の中の血管が詰まっている感じと言うか、思考が止まっているというか…。

運動しないと睡眠の質が違うのかな。

20時までに晩御飯食べて、8時間は寝る、練習出来れば尚良い、こんな所なんだろうか。




水曜日

出勤時間を一時間半遅らせてローラー、負荷5で10分走。

ローラー練の調子はイマイチ、180bpm付近で推移出来るほど心臓が追いついていない。

筋力的には応えてくれそう。




土曜日
CgupR_AVEAEA8_8.jpg

ちょい肌寒いけど生脚で行ける位の気温、天界は寒いかもしれないのでアームウォーマーとベストは背中に仕舞い込む。

飽きもせず大垂水~鶴峠~今川峠~奥多摩周遊。

あんまり天気がいいので思わず踏み過ぎる、大垂水では全開とまではいかない微妙なタイムを出し、今川峠で早くも垂れる。

思わず奥多摩周遊をスキップしようかと思ったほど。

追い込める気が微塵もしなかったけど、根性練もたまには必要と思い亀のような速度で登る。

今週は自転車を真っ直ぐ走らせは出来たけど、頑張りどころまでにぺダリングがハマらなかった。

帰りがけ武蔵五日市過ぎた当たりでハマり出して今更感、来週に期待。



ここ2~3週間でぺダリングがハマる時がどういう状態か、少しづつ把握できてきた気がする。

昨年は漠然と「同じ力でより前に進む」(これも読み返すとひどい表現だな笑)としか表現出来なかった。

踵を下げる・サドルの後方に座ればハムストリング~臀筋に掛けてが主体的に動く、持続力はあるけれどそれほど高出力まで伸びない。

踵を上げてサドル前方に座れば大腿四頭筋が動かしやすく、短時間なら高出力が出せるけど一度使い切るとまず回復しない。

ハマるときはサドルの中心(と言うよりかバイクの中心)に座り、踵を上げ気味にし、太ももの裏表と臀筋の両方を動員できているとき。

これが解ってても中々同時には動いてくれない、どちらか一方の割合が増えてしまう事がしばしば。

より良い精度を求めるには稼いできた獲得標高がモノを言う、昨年は感覚的にそれを求めていたんだな。

何を求めて反復しているのか、少しづつはっきりとしてきた。

どのみち登り続ける事に変わりはないんだな(笑)




Cgu06XaUUAA1bXX.jpg

昨年末にペダルをシマノに変えた。

変えた理由なんて大したものでもなくて、クリートが手に入りやすいだとか、単純に壊れにくいといったもの。

LOOKの時は2mmスペーサーを噛ませていて、シマノのペダルQファクターだと横幅全開でもスペーサー分狭くなる。

その分膝の軌道をLOOKの頃から外向き(蟹股)に変えた、「蟹股踏みに変えた?」と練習時に聞かれるくらいには外向き。

ペダルを外側に追いやって、真っ直ぐ踏み下ろした方が良いのかとも悩み、+4mmアクスルを1月前まで試しても見た。

今度はLOOK+2mmスペーサーの更に2mm増しで広く出来る、そして失敗に終わった(笑)

広いほどダンシングでよく力が入るけど、シッティングでの違和感は中々のもの。

しばらくはこれで落ち着きそう。

Posted on 2016/04/23 Sat. 23:36 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

23

練習TCR 

Cfqi8EgVIAAHEVE.jpg

土曜日は所用につき練習なし、日曜日に練習。

随分と暖かくなった、今週はついに長袖ジャージともおさらばして更に身軽に。

下りの気温差が怖いのでウォーマー類とベスト、シューズカバーを身に着けて行ったけど結局全部脱いだ。




いつものコース。

先週は今川峠に入るまで踏み方が安定しなかったけど、今週は高尾に着くころには臨戦態勢。

大垂水の10分弱全開走にはまだまだ時期が早い、短時間の高強度で踏み方が崩れないようになるまでは戻り切っていない。

無理なくこなし鶴峠へ向かう道すがら、ぺダリングがピタッと嵌る感覚が得られて絶好調の予感。

自分の出した出力が全て推進力になっているかのような踏み心地、昨年の上り調子の感覚が帰ってきた。

鶴峠は無難に抑えて抑えて、今川峠は斜度20%近い区間だけ踏んでやり過ごす。

程なくして奥多摩周遊入口、先週よりも遥かに余力があり期待感で一杯。

前半で飛ばし過ぎて後半若干落ち込み気味、それでも先週より2分のタイム短縮、そして自己3番目の良いタイム。

自己ベストまではあと2分、もう少しでイケル!

4月の時点で7~9月程度の数字が得られた、今年はここから更に強くなろう。

Posted on 2016/04/10 Sun. 22:11 [edit]

category: 練習記録

TB: 0    CM: 0

10