03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

プチOH 

午後から暇が出来たので、フリーダムに行って自転車の整備をしていました。

整備内容は洗車・チェーンの洗浄・ヘッドパーツのOH。

まず、ぴゃーっと洗車

洗車1

チェーンも掃除

洗車2

取り出したヘッドのベアリングはシールを外してWAKOSのBC2にぼちゃん。

洗車3

大分ゴミが入ってたね・・・。

しばらく置いて、自分で持ってきたDURAグリスもりもりに。

ここは詰め過ぎても何ら問題はないはず。

上側のベアリングは触った感じ、ちょっとまずいかな・・・、と思ったがグリスアップして組み付けると大丈夫だった。

BBのベアリングは、79クランクに変えるときに合わせてOHしよう。

洗車4

うーん、やっぱ作業台に乗ってるとカッコいいっすなぁ。

せっかくここまで綺麗にしたけど、明日の大学の活動(月ラン)でまた泥だらけになるんだろーなー(・д・)

洗車5

いつもチェーンはきれいに保ちたいもんですね。

ではでは、画像ばかりの手抜き記事でした。
スポンサーサイト

Posted on 2012/06/30 Sat. 22:11 [edit]

category: 整備記録

TB: 1    CM: 0

30

ブレーキの鳴きが止まらない・・・。 

整備記録カテゴリ作ったのに全く記事書いてなかったw

まぁ大抵の整備が、わざわざ取り上げるほどの内容じゃなかったからなんですがね。

C35に変えてからブレーキ面の剛性(笑)の向上と、シューの食いつきがよくなったので非常~~~に制動力は上がったのですが、リアのブレーキの鳴きが収まらず困っています。

以前からアルミリムでブレーキを掛けると鳴きやすかったのですが、今回リムの性能向上もあってカーボンリムでも鳴るようになってしまいました。

とりあえず考えられる手段は

1.トーイン調整

2.ブレーキシューの表面に着いた焼き付きの確認

3.キャリパー自体のガタ確認

4.パッドが左右で同じ高さについているか確認

5.方効きになっていないかの確認

結果から言うと

1.調整→試走×10回近く→ハズレ

2.シューの先端あたりに焼き付きあり、やすり掛け実行→ハズレ

3.フレームとの固定部分にガタなし、しかし右ブレーキパッド側のアームに少しガタあり。

4.調整→試走→ハズレ

5.流石にこれは毎回確認している^^;→ハズレ

・・・???

ブレーキの鳴き方と振動の伝わり方から、ブレーキ本体かシートステー自体がビビってる感じがする・・・。

特に3のガタが気になるなぁ。
ブレーキガタ
画像の矢印部分、前ブレーキキャリパーと比べてガタが大きいんだけど、このボルトは3番だからもともと大きいトルクを掛ける場所でもない。

一応増し締めしてみたけど、ガタはとれず。

これが原因くさいんだけど、増し締めしてガタが取れないんじゃどうしようもないしなぁ。

ん~、いよいよ手詰まりになってしまった・・・。

今まではブレーキの鳴きに悩むほどブレーキ効かなかったからなぁ(笑)

さてどうしたもんか。

Posted on 2012/02/11 Sat. 22:32 [edit]

category: 整備記録

TB: 0    CM: 2

11

105ペダル整備&チェーンキャッチャー装備 

105の左ペダルにガタがでてきたので玉あたり調整をします。
用意するものは 7番と10番レンチと 6番のアーレンキー TL-PD40(100円) こんだけです。
TL-PD40はお店に在庫してることがないので恐らく取り寄せになるかな?
jj

ペダルの右にあるのがTL-PD40です。
こいつでペダルからシャフトを外します。

kk

こんな感じでにゅるにゅる引っこ抜きます。

ll

シャフトの先端にあるナットを7番と10番のレンチを使って玉あたり調整をします。
あとは元通りに組み付ければぉkです。


チェーンキャッチャーは例によっていつもお世話になってる店長のおさがりをもらいました。
(本当にいつもたすかります。)
t

チェーンキャッチャーと台座の間にブレーキの滑り止めワッシャーをかませます。

r

あとはインナーローの時のチェーンとのクリアランスを合わせて完成!
にしてもフレームきっちゃないなぁ・・・

今夜は夜練どこ行こうかな・・・

ではでは。

Posted on 2011/09/08 Thu. 19:24 [edit]

category: 整備記録

TB: 0    CM: 0

08