03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

土曜日は防災訓練につき練習なし。

暑かったな。



日曜日

前日があんまり暑かったのでいつもより早起きで練習準備、6時目覚ましの7時半出発、健闘したほう(笑)

30℃を超えるようになったら6時出発だな。

初のカーボンクリンチャー、気になる一踏み目は「重ッ」と声が出た。

初めてキシリウム使った時もそんな事を口走った気がする、出足の一歩目の重さが車輪の全てでは無い事をキシリウムで知ったので気に留めず走り出す。

第一印象とは異なり加速は重さを感じさせない、何よりワイドリムの恩恵でエアボリュームが増えた25Cは同じタイヤとチューブとは思えない転がりと振動吸収性。

こう、グネグネする振動吸収でもなく、踏み込んでタイヤがもたつくようでもなく。

ちょっとした感動を覚える新感覚、ワイドリムでタイヤの性能が変わるのはCLとTL位なんだろう。

2:1のステンスポークはバイクを振ったときはシャキッとするけど、踏む分にはよく言えばマイルド。

比較がアルミスポークじゃ分が悪い。

感覚だけじゃ速いんだか遅いんだか解らないので峠のタイム次第、軽すぎず扱いやすい車輪だったので、大垂水峠つく頃には臨戦態勢。

調子も悪くないのでタイムアタック、自己ベスト更新(笑)

8分50秒で先週比の-26秒、昨シーズン終盤にだしたベストから4秒短縮、やっと9分を切れた…。

頂上超えるとまたもGSEWナルケさんと遭遇、下ったところですぐ分かれてマイペースに。

鶴峠も無難にこなして奥多摩周遊、自己ベスト更新(笑)

先週比で-1分2秒、自己ベストから14秒短縮。

都民の森で一休みしてすぐ帰還。

ようやく昨年の自分を超え始められた!


CkucI82UUAAT54j.jpg

カーボンクリンチャーは十分速い。

インパクトのある軽さや、剛性感がある訳ではないからチョイノリくらいじゃ心象最悪かもしれないが、山の中を走り回ると気づいたらタイムが出ている。

車輪の好みなんて十人十色だから、リム重量が気になって仕方ない人には向かないかも。

リム重量は少しあるほうが好み(流石に5~600gあると無理だけど)なので、ドはまりする一品。

ブレーキ性能は純正パッドとの組み合わせで想像以上に止まる、カーボンにしてはとかでなく良く止まる。

チューブレスレディのリムはパンプがあるので、初めこそ慣れないけれどタイヤレバーなしで外せる位なので出先でも困らない。

キシリウムは手だけじゃ外せなかった(笑)

ワイドリムになって25Cタイヤの断面形状が少し変わり、とても倒しこみ易くなったお陰で下りが楽になった。

これはワイドリムが流行るのも頷ける、熊野にはP-SLR1で行こうかな。
スポンサーサイト

Posted on 2016/06/12 Sun. 19:04 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

12

練習TRINITY 

朝起きて練習、TRINITYの前輪にキシリウムを入れた、クリンチャーは空気を入れるひと手間がなくて良い。

朝練を続ける~~のこと、みたいなコラムの中に「練習の用意をして寝ること」みたいなのがあったっけか。

寝起きに水を一杯だけ飲んでレーパン一枚に心拍系だけつけて練習。

5分アップ、5分走、10分ダウン。

5分走はラスト一分で負荷5、最大心拍190bpmマーク出来て嗚咽が止まらない。

最近はケイデンス縛り(低回転・高負荷)をしていないので、昨年の練習に対して強度の関係が解らない。

気ままに気ままに、秋ごろに踏める様になればいい。

今度の週末はTRINITYで奥多摩周遊でも登ってみようか、トライアスリートの気持ちを少し理解してみたい(笑)

トライアスロン自体は絶対にやらないだろう。

Posted on 2016/06/07 Tue. 21:09 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

07

TOJ観戦 / GIANT P-SLR1 

日曜日は雨だったのでTOJ観戦に。

晴れていれば家事をしたかったけど、布団が干せないとなると中途半端な時間を費やすので諦める。

大井ふ頭は千葉に居たころよりも”少し”近くなったのでドライブがてら車で。

E2には同じチームのナカジマ君と会社の先輩が出走されている、せめてそれには間に合うように出発しようとするも、安定の寝起きgdgd。

車止めてホームストレートにつく頃にはスタート直後。

とりあえず間に合った範疇としよう(笑)

大井ふ頭と言うとどうしても大事故が起きないか不安になる、落車はチラホラあったみたいだけど、騒ぎになるほどのものじゃなかったそうで一安心。

ゴールを見届けたらいつもは帰ってしまうけれど、今年はTOJにリュータローさんが走っているので居残って応援。

伊豆ステージを完走してきただけでも信じられないほどの出来事なのに、人数の少ないナショナルチームがローテに加わっているだなんて夢でも見ているかのような一日だった。

昨年のTDFさいたまクリテに匹敵するくらいの一日。



CkQyw-TVEAAdrrN.jpg

ご縁があって期待のカーボンクリンチャーを手に入れられた。

完成車外しの新品なので安心して使える、オートリさんありがとうございます。

ネガな情報で溢れているカーボンクリンチャー、「カーボンクリンチャー欲しい」と言うと親でも殺されたかのような勢いで批判されたりする新進気鋭のジャンル。

メーカーが売りに出す一方で批判的な声が多いのはロードチューブレスの時に似た雰囲気が漂っている、そしてコイツは「フルカーボンクリンチャー」で「チューブレスレディ」なのだから槍玉に上がるのはしょうがないのか。

手元に来た感想としては、久しぶりのステンスポークの車輪のお陰で後輪越しの壁掛け時計がよく見えるくらい(笑)

7900世代のC35みたいな外観、リムハイトの5㎜差なんて一歩引いたらわかんないね。

ブレーキパッドはGIANTオリジナル、鶴峠の下りで散る訳にはいかないので純正で。

CkQ99KfUkAAydHg.jpg

取り外したエグザリット用のスイスト。

ろくに手入れもしないで毎週末峠を下るから、表面溶けまくりでよく光る。

キシリウムSLEはTRINITYで使うつもりだから表面やすりかけておこう。

これでTTバイクで外練ができる、今まではブレーキ効かなすぎるのとクリンチャーがないのがネックだった。

CkQzFtrUYAEk47U.jpg

P-SLR1用にチューブを買い足してMAVICタイヤに変えたのだけど(タイヤ自体は常時在庫している)、開封直後にヒラメのカムに噛み込ませて穴をあけるポカミス。

一時間弱の勤務分が蒸発した…。

主観的には疲れていないようでも仕事上がりってこんなミスが多い、本当は自転車弄らないほうが良いんだろうな。

それでも触ってしまったのは新しい車輪が嬉しかったから(笑)

週末が楽しみ。

Posted on 2016/06/06 Mon. 21:30 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 1

06

日常etc. 

今日は練習なしの休養日。

免許の更新月だったので、始めて東京の試験場に行く。

府中の試験場へは電車とバスで、久しぶりに電車に乗るとすごく疲れる、毎日電車に2時間も揺られながら4年間も通学してたなんて信じられないな。

免許の更新はこれで2度目、特に悪いこともしなかったので金色になる。

前回の初心者講習は違反者と同じ2時間コースだったので、千葉で更新した時は午前と午後の2部しか受講出来なかった、今回は30分だけなので楽々。

諸々終わってお昼に悩むと試験場の食堂が一般でも利用できるらしい、ご飯どころを食べログで探していて出てきたときは笑いそうだった。

何でも出てくるなこのご時世。

そこそこ安くてそこそこ美味しい昼食をとって帰宅、ドア-ドアで4時間くらい、練習より疲れた。



CjEGUTAUYAAAIeA.jpg

キタねーキタねーと言われ続けたバーテープをようやく巻き直す気になった。

電動だとバーテープ剥がさなくても簡単にコンポ載せ替えられるから、前のフレームの時から剥がさなかったんだよな。

今回もCONTACT SLRバーテープの薄手の方、プロロゴスキンタッチを薄手にした感じですごく良い。

前は厚手派だったけど今は薄手派、下りでブレーキングする時や、ダンシングでハンドルを引きつけた時に掌の中でハンドルが動き回るのが気持ち悪くて薄手派になった。

車体色に合わせて黒に、サドルは来月あたりに変えたいがツールド熊野に出るのでそこまでお金回らないかも。

CjEGV0kXAAAHqCG.jpg

元々クリーム色なバーテープだったけど、剥がしてみると記憶のなかよりも白っぽい(笑)

CjEHti6VEAAjnAK.jpg

しょっちゅうバーテープを新調する質ではないのでたまに巻くと楽しい。

巻いている最中に上手になるから右と左で余りシロが変わるのはご愛嬌(笑)

いつもは利き手で巻き上げる左手側が(強く引っ張れるから)長く余るのだけど、今回ばかりは逆。

はてどうしてだろう?

CjEGXJkUkAENpLZ.jpg

ともあれ久しぶりに自転車弄り回して満足。


Posted on 2016/05/22 Sun. 23:00 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

22

さいきん 

欲が湧かない、野心がないというかなんというか、無欲な現状にマズイなと思う事も軽くストレスだったり(笑)

そんなだからか集中力も欠け気味、我慢も効かない。

そこそこ忙しく、ほっと一息つくのも少しだったシーズン中がいかに健康的であったかを思い知る。

全ては雪のせいという事にしよう(笑)

冬キライ。




CZ8wHiUUAAEUDgU.jpg

7970を近場に住んでいる学連の子に譲ることにした、RDにタクミさんケージがつけっぱなしだったので純正ケージに交換。

CZ8wcZdUMAE8Co3.jpg

2つとも79のケージだけれど、機械式と電動でスプリングの差し込む穴の位置が違うんだね。

機械式と電動でバネレートを変えるためなのか、そもそもスプリングの留め位置の位相が違うのかはスプリングを比較したことが無いから分からない。

ご覧の通り右側の機械式用は赤錆浮きまくりだけど、これは僕のせいじゃ無いとだけ添えておこう(笑)

岩佐さんが使って風間さんが使い倒した79だからしょうがない、プーリーケージは変速の度に絶えず摺動を繰り返すのでシールのゴムはいずれ千切れ去ってしまう。

そうなるとこの中身のスプリングごと赤錆だらけになる、使い込んだRDのテンション保持が効かなくなるのは大体このせいになるのかな?

CZ8wqDoUMAMw-nV.jpg

留め具の+ネジを締めるために頑張るRDさん。

こうしないと留められないんだけど何だか悪戯してるみたいな見てくれになる。

CZ8w5fIUMAAm156.jpg

たった半年ぶりでも見ると懐かしくなるな。

7900系・7970系がリリースされたのが高校2年生くらいの頃、頑張って5600系105のアルミTCR(09のALLIANCE)を買った直後の出来事で当時滅茶苦茶欲しかった。

実際には現実味のある6700系アルテグラを毎日眺めていたし、STIとブレーキだけ67を買ったっけか。

あの頃の必死で5万円貯めたワクワクはいい思い出、そうなると今は車でも買おうとしないと同じ気持ちにはなれないのかな(笑)

CZ8xWJpUcAAfgtH.jpg

で、ついさっき手渡して旅立っていきましたとさ。

3年間ありがとう。

Posted on 2016/01/30 Sat. 20:36 [edit]

category: 自転車

TB: 0    CM: 0

30