FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

久しぶりの更新。

6月21日に大学の友人の結婚式二次会⇒翌日は大学の部活の先輩快気祝い⇒翌週にサカイ君の祝勝会

と飲んで練習して働いてを繰り返していたらすっかり更新できなかった 笑

不思議なことに飲み会を経る度にパフォーマンスが上がっていくのである。。。

スタンディングダッシュは950Wと今シーズン最高値をマークし、松ケ谷は1分7秒とKOMタイ記録。

体重はキープしたまま数字がぐんぐん伸びている。

石川ロードへ向けて2年近く使い込んだスプロケを新調し、BBの整備をALDINAさんへお願いして今週は待つだけ。

すべての週末で雨の中走り回っていたから、いい加減濡れることに抵抗がなくなってきた 笑

体調管理に気を付けて3連休を迎えよー。
スポンサーサイト



Posted on 2019/07/10 Wed. 20:35 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

10

練習TCR / 実業団 交流戦群馬 

前回の矢板片岡ロードがあまりにも酷い結果に終わり、直後は練習方法を刷新しようかと真剣に悩んだ。

一晩立って少し冷静になれたところで、昨シーズン出来ていて、今シーズンに出来ていないことをもう一度考え直してみる。

練習を競技力に繋げられない原因がわからないまま、練習方法だけ変えても多分結果は変わらない。

基本的に練習方法は昨年と同じで、最後にケイデンス練習を加えている以外は何も変えていない。

となれば恐らくはその走り方に問題がある。

練習内容は30秒~4分のレンジの丘を全力走するもの、丘によってシッティング縛りだったり、ダンシング縛りだったり、タイム最優先などテーマをもってタイムとパワーで評価している。

最近はタイムこそ例年並みに戻せつつあったけれど、その走り方には昨年と違いがあるように思った。

全般的にケイデンスを高めにしないとタイムが絞り出せず、重いギヤを掛けて上手くいくことが少ない。

向かい風の日には失速しやすい事が多いのは多分そのせいだろう。

ケイデンスを下げても踏めるように、クリート位置を4㎜後退、サドルを7㎜後退させて調整してみる。




水曜日

定時退社日、夜に調整したポジションで練習してみる。

夜になると信号のクリアランスが全然違くて、何回も松ケ谷の飛び込みをやり直した 笑




金曜日

会社が特別休日だったので練習。

松ケ谷…1分12秒 463W ここ最近のベスト
連光寺1回目…交通のクリアランス悪く断念
天国への階段…46秒 493W 久しぶりに500W弱出た
連光寺2回目…4分45秒 242W さすがにへばり気味

かなりタイムは良好。

帰りがけにブラケット位置を調整してもらいにALDINAさんに立ち寄る。

土曜は休息。




日曜日

D9guCAkUcAERrUy.jpg

交流戦群馬 day2
クラスタE1 16位/69名中

写真はナナエさんから、ありがとうございました。




朝、試走時間には間に合うよう家を出るつもり(5時半発)でいるも起きたら7時。

いつかやるとは思っていたが、朝一のレースの時じゃなくて本当に良かった 笑

10時半ごろに群馬CSC着、ぼちぼち準備をしながら待つ。

前回のように寒くはないけれど、路面は濡れているところもあるし、予報では雨も降るかもしれない天気。

晴れた時のことを考えて腕には日焼け止め、脚にイナーメのレインジェルを塗って臨む。

今思い返すと晴れたら脚だけ日焼けしちゃったな 笑

レーススタート時に少し空が暗くなる、今年はこの手の天気にもう慣れた。

ローリング解除されるも盛大にペースアップすることはまだ無く、どちらかと言うと様子をみんなで伺っている程度。

ホームストレートで珍しく落車、ハヤトさんがその辺りに居た気がしてヤバいかなと思ったけど、無事でよかった。

4周目、リフト坂からペースアップ。

自分の見える位置からは6~10人ほどが先行しているように見え、イエロージャージと他2人ほどを除いて脚のある選手が抜け出した。

決定的な動きが決まるのは6~8周目の集中力が切れる場面だと決め打ちして構えて居たので、これに対応できる位置に居なかったのはしょうがないと割り切る。

今回のダッシュでハヤトさんはかなり厳しい状況まで追い込まれていたけれど、頑張ってこらえてくれている。

肩から呼吸をしながら懸命に走る昨シーズンからは想像のつかない姿に嬉しくなり、思わず優しめに励ます。

初めは20秒だった差も1~2週後から30秒へと広がり始め、遅れるほどではないが集団のペースアップに寄与できることも出来ない状況が続いた。

楽をするために集団の前まで出ると全体のペースを落としてしまい、自身の首を絞めかねないので10番手以降で位置どり続ける。

WCUのウザワさんや、イエロージャージは積極的に抜け出しを試みたりペースアップを促すが、70㎞という距離が気持ちを消極的にさせる。

集団内に居て遅れることはないが牽引に加われるほどのスピードがない、自分の実力が本当に中途半端だ。

10周目付近の心臓破りでイエロージャージがチームメイトに背中を押されながら登っていた。

この時タイム差は1分10秒と聞こえた気がする。

同じレースを走りながら自分とは違うゲームをしている、そんなことを肌身に感じながら最終周回。

下りヘアピンでハヤトさんが自分の前に入ってきた、「あ、マジ?ここで入ってきます?」と心の中で狼狽。

4周目に声をかけたときは打って変わってそりゃあもう野太い声で発破をかける 笑

リフト坂を車間空けずに必死に登ってくれたお陰で、力を使うことなく心臓やぶりに入れた。

最終的に3人になった先頭に追いつくことはなく集団でゴール。

一度でも追走の動きを見せられなかった自分に、4位争いのスプリントに混ざる事は出来なかった。




自分の中身は何もなかったレースだけれど、矢板片岡ロードから見つめなおしたことは確実に上手くいったことが確認できた。

また次に同じようなレースをしないよう頑張ろう。

それと今回のレースで初めて使ったレインジェルはすごくよかった。

ぬれた路面から水を跳ね上げたり、時折小雨に降られたレースだったけれど足が冷えることもなかった。

熱がこもるようなこともなさそうなので、雨模様の時は積極的に使っていこう。

Posted on 2019/06/21 Fri. 00:52 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

21

実業団矢板片岡ロード 

土曜日

前日入りのため、少し早めに栃木に向かう。

D8soAgiVsAAqJmT.jpg

佐野SAでソフトクリーム休憩、久しぶり。

宇都宮、矢板片岡(と昨年までは那須)がシーズンに組み込まれてから東北道の使用率がグッと増えた。

普段は知らない高速に乗るとワクワクするものだけど、最近は栃木遠征にも慣れてきてマンネリ気味。

関越は南魚沼と群馬CSCだから、いつもレースにドキドキしながら向かっている。

東名に乗るときは修善寺一択だからそもそもあんまり好きじゃない 笑

昼前について試走、予報では午前中が曇りだったから天気が怪しくても無理して走りだす。

小雨に降られたけど、気温は温かかったので気にならず、本降り前に済ませられた。

体の調子はとっても良い、2~3時間運転したとは思えない軽さだった。

D8soBEAUwAEh1Sq.jpg

オノ君がとってくれた宿はゴルフ場併設のホテル、驚くほど広いのにそこそこ安く素泊まり出来てびっくり。

大浴場ではチームメイトとボディチェック。

前から見て細いだとか、横から見ると太いだとか、日焼け跡くっきりの大人が如何わしい会話を繰り広げる。

3月の修善寺から6kg痩せることが出来、直近の調子も上り調子だったので明日のレースに期待をしながら就寝。




D8soBgIUIAAG8pw.jpg

実業団矢板片岡ロード
クラスタE1 DNF

写真はナナエさんから、雨の中ありがとうございました。




日曜日

朝、6月とは思えないほど寒い。

今年は季節外れな天候の中走ることが多いな。。。

試走で強めにコリーナ坂を踏んでアップお終い、ダラダラと走っても体は起きないし、長い時間走り回るのも嫌だしで、これが個人的にちょうどいい。

検車を済ませてバイクを並べたら待ちぼうけ。

スタート直前になって小雨が降りだす、またこんな調子かぁ。

定刻通りスタート、例年ローリング解除後に右からどんどん被せられていくので、農道区間では無理をせず。

リアルスタートが切られてコリーナ坂に向けてポジションを上げる。

1回目はダンシングを交えながらクリア、その先の2段は1周目ではそこまでかからず。

下り区間は油断すると分裂するので、視線を遠くに置きながら前走者の陰に隠れる。

下り終わり頃にポジションを上げてホームストレートへ。

雨のロータリーがおっかなびっくり、いつになく立ち上がりで踏み遅れる。

2回目のコリーナ坂入口で落車、勢いを殺されて心の中で悶絶。

ポジションを上げ切れなかった自分にため息をつきながら加速しなおして登る。

3周目に入り疲労の色が濃くなり始め、農道区間を出た直後に車間を詰め切れなくなってしまった。

この時アベさんに励まされて何とか集団に留まることが出来たけれど、直後のコリーナ坂でドロップし、4周完了後に足切り。

いくら感触がよくとも成果が上がらなければ自己満足にすぎない…。




今回のレースではアベさんが群馬の時から各段に走り方が上手になっていて本当に驚いた。

4周目のコリーナ坂まで集団に残っていたそうなので、チームメイトが集団に居れればその先も見えたかもしれない。

有名なアマチュアサイクリストが、レースレポートなどでチームメイトに向けて発する言葉に「最後まで居てくれることが一番のアシスト」というのをよく見かけるように思う。(あくまで個人的な主観だけど)

どんなに強い人でも、終盤や勝負どころではチームメイトが集団に居てくれるだけで心強いものなのだから、その下に位置するレベルであってもきっとそれは変わらないだろう。

ほかのクラスタのチームメイト含めて、今シーズンは例年以上に各々クラスタ昇格や目標へ向けて成果をあげられている。

例年以上のレースが出来るように週末のまとまった練習時間をもっと集中して過ごそう、残るレースはあと少しだけしかないのだから。

Posted on 2019/06/10 Mon. 22:06 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

10

練習TCR / 都民大会 

土曜日

先週ほどの暑さはなく、湿度はあるけれど練習は出来る気温。

松ケ谷…1分14秒 462W
連光寺一回目・・・4分17秒 258W
天国への階段・・・52秒 406W
連光寺二回目・・・4分40秒 253W
多摩サイ 関戸~中央道 車に追いついてしまい中断

スタンディングダッシュ2回

1回目:857W
2回目:856W

スプリント練習

1回目:55.1km/h 689W
2回目:53.3km/h 663W

最近スプリント練習がよく伸びる、往復ともに出ているから追い風起因でないことは確か。

ケイデンス練習

1回目:30秒 Ave190rpm/Max200rpm
2回目:力尽きた

今までブラケットを握ってケイデンス練習をしていた。

最近ケイデンスの計測上限を超えてしまってマンネリ気味だったので、下ハンを握ってやってみたんだけど、意外にも下ハンでも遜色なく回ってしまった 笑

今度は前乗りでやってみようかな。

D8S7WH4VUAEg_eu.jpg

翌日は都民大会に昭島市代表(特に選考は無い)として参加するので、TTバイクの準備。

1㎞TTで使う予定だったので、DHバーのスペーサーを-20mm。

根拠のない自信から思わずスペーサー抜いてしまった 笑




日曜日

立川競輪場まで車で15分ほどだけれど、集合時間が7時なので割と朝は早め。

23区の東よりの人は大変だろうな。

競輪場に入って試走、例年どおりまずはバンクに慣れることから始まる。

恐怖心をさっさと取り除きたいので一番高いところでしばらくグルグル、慣れてきたらダンシングをしてみる。

後半はTTバイクでも試走、思ったよりハンドル低いぞ 笑

体を慣らして切り上げ、開会式を済ませたら1㎞TT→400m速度競争(予選)→2000m速度競争(予選)→(決勝)な一日。

各カテゴリに年代別で5クラス(10歳ごと)+女子なので一日が果てしなく長い。

バンクで行うレースなだけあって、会場を歩き回る選手の脚がみんな逞しく見える。。。

筋張ったハムストリングを見て気負いする一方、たぶんこの日一番舐められるであろう体格の自分(汗

そんな思いを抱えつつバンクの内側でアップを始める。

スタート順が来てよーいどん。

D8S7XRYUYAI41C2.jpg

重いギヤを踏み切るというよりは回転で走ってみた。

D8TG_IZUYAArX7O.jpg

結果は1分14秒85 平均48.1km/h Ave420W(max812W) Ave101rpmで、2位。

TTバイク使った割に伸びなかったな、やっぱり出足の遅さがダメなのか?

ハンドルの低さは問題にならず、ダイエットでプランク頑張り続けている成果!

少し休憩をはさんで2000m速度競争の予選、普通は4000mみたい。

6人中3人が決勝勝ち上がり、先頭責任はホームとバックで各一回。

1㎞TTの結果とメンツを見比べると自分の真下3人と同じ組、もう一組は人数少なく不戦勝(羨ましい

出走は内側から2番目発送。

予選落ちしないかぼちぼち緊張しながらよーいどん。

1コーナーは2番手、毎度ながら初めのバックは1コーナーの番手で決まる気がする。

ここは無理せず様子見、ホームから掛けようか伺っていたら後ろから飛び出していった選手が抜け出し、バックまで逃げて先頭責任完了。

2周回完了して一応冷静(でも誰がどの先頭責任を果たしたか覚えるのでパンク寸前)、そろそろ後がなくなってきたので本気で取りに行く。

3周回目からホームとバックを取り先頭責任完了、あとは4人目の完了者を出さないようにするか、最終着順で負けなければおk。

が、立て続けに先頭責任を果たしに行ったとき(3周目)に頭真っ白になってしまい、誰がどの先頭を取っていないのか忘れた 笑

「えぇい全部取ってしまえ!」と脳筋作戦にシフト、最小限の力でホームとバックの先頭をブロックして最後のホームを流してゴール。

D8TG_8kUIAUI9xd.jpg

終わってみれば先頭責任を果たしたのは自分ともう一人だけだった 笑

不必要に乱獲しただけだったな、無駄足。。。

競技時間2分41秒 Ave314W(max914W) Ave99rpm

やっぱりトラック競技って平均ケイデンスが高くなる、それにしてもAveパワーが314Wって(汗

決勝までしばし待ちぼうけ。

時間が近づいてバンクの内側をグルグル。

決勝は一番内側から発送、これはすごく有利。

バンクって外側になるほどコーナー入口の登り勾配がきつくなるから、スプリンターレーンのド平坦はゼロ発進で大きな差になる。

よーいどんでダッシュ、1コーナーを先頭で入った。

やっぱり最初のバックはだれも影が映らず、ひとまず先頭ゲッツ。

ここで無理をしてホームまで取りに行くと垂れるので、2コーナーで様子をうかがう。

ホームは後ろから飛び出した選手にさらわれ、次のバックへ向けて位置取り。

初めにバックをとっておくとここで休めるから楽だな、2コーナー出口から掛けてホームを取りに行く。

ギリギリ刺せたか解らないライン、混乱しながら競った選手と並走しながら1コーナーを回ると空いていた内側から別の選手が飛び出す。

2人で競り合った直後を狙ったタイミングだったので、すごく上手。

このまま逃げ切りを許してしまい、最後は2コーナー手前から掛けて2番手でゴール。

走り終わった直後は先頭責任を果たしたことになっていたけれど、再審議でホームの先頭がNGだったみたい。

先頭責任を果たせず残念ながら3番手に転がり落ちてしまった。

D8THA6MUwAAD9xG.jpg


競技時間2分45秒 Ave335W(max905W) Ave101rpm

やっぱり予選よりもハードだった。。。

決勝は速度競争のゲーム性が出ていて面白いレースだったな。

4000mで距離も先頭責任も増えたらもっと面白くなりそうだけど、吐いちゃいそうだからやっぱいいや 笑

D8S7YC2U0AAtd_p.jpg

個人成績は2位と3位、昭島市は昨年に続き総合2位の座を守り抜けた。

何気に台東区が肉薄していたのが冷や汗もの。

今年もありがとうございました!

Posted on 2019/06/06 Thu. 20:29 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

06

練習TCR 

前々回の日曜日

土曜日のフリーダム練翌日、西東京に帰って練習。

フリーダム練から実家へ帰宅中に前輪のタイヤをバーストさせてしまい、新しいタイヤが届くまでALDINAさんで練習用にTLRタイヤを貸していただけた。

ありがとうございました!

松ケ谷…1分20秒 422W
連光寺1回目…5分6秒 263W
天国への階段…垂れる
連光寺2回目…4分27秒 291W

New‼ 多摩サイ 関戸~中央道 247W ave40.5km/h

スタンディングダッシュ2回

1回目:849W
2回目:827W

スプリント練習

1回目:52.9km/h 638W
2回目:51.1km/h 697W

ケイデンス練習

1回目:24秒 Ave188rpm/Max200rpm
2回目:27秒 Ave186rpm/Max200rpm

ヒガシ、ミヤ、サカイくんに平地で歯が立たなかったのが悔しくて、多摩川沿い側道の平地を頑張り始めた。

レースで困るシチュエーションが無かったからか、これまで気にしなかった弱さを気づかせてくれたのは嬉しいね。

西東京は平地に乏しいのだ 笑




土曜日

平日はなんだか疲れが取れなくて夜練はなし、金曜の夜にお酒を楽しみすぎて二日酔い気味な朝。

27歳にもなって未だ適量というものを知らない(汗

気温は超が付くほど夏日、先日の宇都宮どころじゃないね。

5月に30℃越え、今年も猛暑が約束されたも同然かぁ。

この日最大の失敗は横着してボトルに水を入れて出発したこと、ばっちり暑さにやられた 笑

松ケ谷…1分18秒 414W
連光寺1回目…5分18秒 201W 塩分不足でスローダウン
~補給~
連光寺2回目…4分17秒 291W 復活!
多摩サイ 関戸~中央道 255W ave41.1km/h

スタンディングダッシュ2回

1回目:847W
2回目:882W

スプリント練習

1回目:52.9km/h 693W
2回目:53.3km/h 705W

ケイデンス練習

1回目:29秒 Ave194rpm/Max200rpm 過去最高に回った!
2回目:渾身の一発で力尽きる

危うく熱中症になりそうな気温だった、この日はまだまだ体が暑さに順化できていないのも大きい。




日曜日

前日同様ク○暑い。

それでもちょっとづつ順化してきたのか、息苦しさは減ったし、暑さもほんの少し楽に感じる。

何より二日酔いではないことが大きい 笑

松ケ谷…1分16秒 441W
連光寺1回目…4分39秒 244W
連光寺2回目…4分34秒 272W
多摩サイ 関戸~中央道 234W ave39.5km/h

スタンディングダッシュ2回

1回目:853W
2回目:807W

スプリント練習

1回目:51.5km/h 627W
2回目:内転筋を攣って悶絶、この痛さは久しぶり。

ケイデンス練習

1回目:29秒 Ave185rpm/Max200rpm
2回目:もう無理でした!

D7kuCbqU8AEnObs.jpg

長らく見なかった脚の血管、ようやく前年比で+2㎏くらいまで軽くなってきた。

まだまだおなか周りがマシュマロボディだから、減量継続して頑張ろう。




月曜日

銀行に用事があったので午後半休、用事を済ませて練習、今日もあっちぃ!笑

三日目ともなると暑さにかなり慣れてきた、競技者なら1~1.5hの練習を3日続ければ暑熱順化が大よそ完了するらしい。

一度順化すれば個人差はあれど1W~1M持つらしい。

暑さはスプリントのようなダッシュにはあまり影響を及ぼさないけれど、Vo2maxの領域では覿面にパフォーマンスダウンするそう。

早いうちに慣れておくだけでも差は付きそうだ。

松ケ谷…風が強く激ダレ
連光寺…4分40秒 269W

流石に夏日の中、練習3日目は思うように動ききれず。

矢板片岡ロードへ向けてモチベーション高く練習出来ている、次はもっとできることが広げられていると良いな。

Posted on 2019/05/27 Mon. 21:58 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

27