FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

真面目と不真面目の間

自転車は気楽に乗った方が不思議と良く進む。

練習TCR 

金曜日

練習1日目。

年休つかって一足先に夏休み、10連休♪

今年はいつになくTTバイクに乗り始めるのが遅いので慌てて走り込んでいる。

前回の練習はサドル高をロードと合わせた結果、+4㎜シャフトのQファクターに激しく違和感(当たり前)だったのでロードで使っているペダルに交換。

これが大当たりで、姿勢を下げているのにロードのようにモリモリ踏める。

多摩川沿いの側道を景気よく飛ばして連光寺。

連光寺…4分37秒 254W

ロードのサドル周りで、異様に低いポジションをとっているせいか殿筋の疲労がすごい。




土曜日

練習2日目。

前日に続きTTバイクで練習。

DHバーの肘置きをボルト一本止めで一番手前に、全体的に体を後方に寄せたい。

あとは空気圧を前後7barに。

チューブレスに乗って以来、空気圧は低い方が実走では低抵抗な気がする。

昨日同様のコース。

連光寺…4分15秒 266W ロードの自己ベスト10秒落ち

この日のうちに千葉へ帰省、と同時にTRINITYの整備と部品交換。

14199621_592357020948755_7885116558727685404_n.jpg

ギヤ板をオーシンメトリックの56/42Tへと変更した。

組み合わせ的にはインナーが44Tじゃなきゃいけなかったみたいだけど、インナーなんて飾りみたいなもんだからこの際気にしない。

このギヤをみてるとマツノベさんを思い出す。

あとはSUPER9のリアハブを数年ぶりに開けた、ハブ本体右側のベアリングだけ怪しかったので打ち換えて整備お終い。

DkpD_L5U8AA6eLu.jpg

エアロボトルは練習に向かないので最近は普通のボトルで走っている。

ショートクランクとの相性がドキドキもの。




日曜日

練習3日目。

フリーダムの朝練が中止になったのでロードでサイクリング、疲労が溜まっているのか200Wでも脚が重く感じる。

ロードのペダルが無くて困っていたら6600のペダルを貰った、懐かしくて涙出る(笑)

踏んでみると6800のカーボンペダルよりしっかり感あるんだけど。。。

思い立って高校生の頃に走っていたコースを回ってみることにした、幕張まで出て花見川サイクリングロードで花島公園まで。

当時17歳?、確か本気も本気の平地巡行が25km/hとかだった。

今その速度で走ってみると100~120W程度しか掛からない。

そんなクランク撫でてるだけのようなパワーでも全力だったんだもんな、そら自転車やっている人が頭おかしいくらい速く感じる。

最後はスタンディングダッシュで〆。

1回目:691W
2回目:735W
3回目:771W

なぜしり上がりなのか(笑)

この日のうちに東京へ帰還、実家に居ても何もないし、毎日寝て過ごしてしまうので早々に帰る。




月曜日

練習4日目。

オーシンメトリックを取り付けたTTバイクで練習。

走り出し5分はギッタンバッコン(?)という擬音がぴったりのぎこちなさ。

これケイデンス90rpm以上なんて回せるのか?と懐疑的になるも、慣れてきたら重いポイントだけ踏むことに慣れた。

楕円…というより長方形のギヤ板が真円に思えてしまうのだから、人間の感覚って正しいのかそうでないのか。。。

多摩川沿いの側道に出て本格的にDHポジションで踏み始めると、その効果は抜群に体感できた。

当然なんだけど、死点の通過速度が異様に速いおかげで踏み足が使いやすい。

この差は圧倒的だな。

連光寺…4分18秒 255W

登りも特に問題なし、むしろ疲労をため込んでるにも関わらずこのタイムが出るとは思わなかった。




火曜日

練習5日目。

カノウさんと来月のTTコースで練習。

4時半置き5時出発、いつもの北エントランスから入ろうとしたらゲートが閉まっていた。

思わずカノウさんに聞いてみると中央エントランスに向かうらしく。

中央エントランスに回ってほどなくしてカノウさんと合流、「みんな俺のことココのヌシと思ってるのか同じ質問が4件来たんだけど」と(笑)

ロクに下調べもせずスミマセン。。。

ぼちぼち他の方も合流されて、アップも終わったところで一発全力アタック。

ロードバイクの人もいたので、TTバイク勢のカノウさんと僕に張り付いてもらい、垂れたら後ろから罵ってもらうシステム。

僕にはJPTなコイズミさんがついてくださることに、コイズミさんの巡行より遅かったらどうしようと思いながらスタート。

DkpEBR_V4AA83JS.jpg

後半発破かけてもらいながら踏み切る。

7分26秒 平均269W NP277W

お、この時点でこのタイムなら本番までにはもうちょい伸ばせそうな感触。

しかし10秒を目指すのは難しいかもなぁ、平均速度が高いぶん1秒が重い。

カノウさんは7分1桁前半、やっぱりヌシは格が違います!(笑)

その後cycliHIDEのトミヤスさんが合流してカノウさんのチームTT練習。

カノウさんが先頭に出るとグッとトルクフルな速度に、トミヤスさんも練習車輪なのに受け取った速度は全然落ちない。

心地よくも苦しい3周を乗り切った、3周で22分14秒くらい。

DkpEC0gU8AA8gYB.jpg

TTスペシャリストなお二方からペース配分とコースのアドバイスをいただく、これを聞いただけで3~4秒は縮められそうな内容だった。

DkpESZrVsAAbVBC.jpg

練習後はカノウさん行きつけの珈琲屋OBへ。

DkpEQd5V4AAzAd1.jpg

目玉はメガサイズのドリンク。

ジャムでも入ってた様な瓶で出てくる、ストローでいくらすすっても一向に水位が下がらない(笑)

これで500円なのだからすごい。

楽しい時間をありがとうございました!




水曜日

練習6日目

いい加減ロードも練習しないとシーズン後半戦に支障をきたす。

TTバイクって心地よくスピードが出て楽しいんだけど、それだと加速力が伴わない。

松ケ谷…1分19秒 424W
天国への階段…47秒 493W

スプリント練習:51.6km/h 669W

スタンディングダッシュ:801W

オーシンメトリックに順応したところで真円を踏むと、真円が逆に楕円に感じる(笑)

いつものフルコースで練習してしまうと明日以降が持たないので、短時間のダッシュ練習だけかいつまんで。

思ったより落ちていなくて一安心。

夏休み後半も頑張るぞっと。
スポンサーサイト

Posted on 2018/08/15 Wed. 23:09 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

15

練習TCR 

土曜日

ロードでいつものコース。

松ケ谷…1分15秒 436W ベスト4秒落ち
連光寺…4分14秒 290W ベスト9秒落ち
天国への階段…43秒 569W ベスト1秒落ち

全体的にいい数字、ク○暑いわりにパフォーマンスが落ちていないのは良いね。

最近酷暑の中走り回るのが平常時過ぎて慣れてきた気がする、暑いけど。

一発のスピードは落ちていないけど、終盤になると体力的に厳しい。

ボトルの中身もカラになったのでスプリント練習は諦め帰路につく。

夜はいつもとは違ったグループの飲み会。

自転車やってると色んな業種の人の話を聞けるけど、今回のは初めてお話しする業種の方たちで楽しかった。

お呼びいただいてありがとうございました!

楽しい時間はあっという間で0時前帰宅。




日曜日

前日が前日なので朝はゆっくり、でもゆっくりした結果一番熱い時間帯に練習。

先週調整したTTのポジションを確認したかったので、前半ロード、後半TTバイク。

ロードは松ケ谷だけ全力、しかしそれすら持たないコンディション。

頂上まで踏み切れずしっぽ巻いて帰る、気を取り直してTTバイクに乗り換える。

思いっきりサドル高を下げたのと、クランク長の変化(172.5→165)にスーパー違和感。

サドル高を下げた割にイマイチ踏めなくて(せいぜい220Wがいいところ)モヤモヤとしながら多摩川を走る。

復路で連光寺を登っていると急に踏み方がツボにはまった、肩甲骨を広げるように上腕を突き出して肘置きを押し出す感じ?にするとグッと踏めるようになった。

急に240~270W程度を出せるようになったので、復路は良いペースで帰還。

夏休みはこの踏み方で乗り込まないとかな、ハンドルを下げただけで乗り方が崩れるからTTバイクは難しい。

Posted on 2018/08/05 Sun. 21:59 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

05

練習TCR / ガーミン 520J 

金曜日

午後半休をとったので練習、昼からの練習なので短縮コースで。

連光寺…4分21秒 298W ベスト15秒落ち
天国への階段…50秒 477W ベスト8秒落ち

5年間連れ添ったガーミン510Jが遂に異常放電をはじめ、みるみるバッテリーが減りメーターがストップ。

記録に残らないと分かった瞬間にやる気が無くなってしまう、パワーメーター依存症(笑)

半日座り仕事をした後はなんだか体の動き方も変だったな。




土曜日

台風が近づいており雨予報の雨模様。

久しぶりにヴェロトーゼを履き、ウィンドベストを羽織って簡易泥除けを付けて出発。

夏の雨は凍えなくていい、ただし降ったり止んだりはウェアの脱ぎ着が忙しくて面倒。

松ケ谷…1分10秒 466W 自己ベストを1秒更新!
連光寺…4分10秒 303W 自己ベスト5秒落ち
天国への階段…44秒 509W 自己ベスト2秒落ち

素晴らしいタイムの揃い方、レース明けだもんね。

スプリント練習2回

1回目:56.1km/h 578W
2回目:46.8km/h 547W

ここに来るまでにスタミナ切れ。

一本目は何とか速度に載せたけど、最大パワーの低さが物語るように加速はのろかった。




日曜日

前日の天気と同じく雨を覚悟していたけれど、朝方に一気に降ったらあとは晴れてきた。

起きた瞬間から疲労がそれなりにあるのは感じていたので、久しぶりにTTバイクで練習。

何せ渡良瀬TTも遠くないのである。

DjRYbMDUYAEULOI.jpg

DHバーの肘置きをボルト一本止めにして後退、今年は少し後ろ乗りにしてみようと思う。

3日目の練習ともなると殿筋の張り方が凄まじく、200Wちょいでもしんどい。

でも220Wも出せばメーター上40km/h、空力ってすごいな。

連光寺…4分54秒 226W

ダメもとで登ってみたけど辛すぎた、DHばーが高めの時は行けたけど今のポジションは無理だ。

練習後に思い切ってロードと同じサドル高にしてみる(-10mm)。

これでどうなるかな。




DjRYdafV4AIIXYB.jpg

猛暑を通り越して酷暑と呼ばれていた先週からすればだいぶ涼しい週末だった、夕方には久しぶりに洗車。

それでも汗だく。

ロードは久しぶりにMOLTENのWAXにしてみた。

セラミックスピードは手軽に継ぎ足せて良かったけど、120㎞くらいしか持たないのは少々忙しい。

下地処理をきちんとすればMOLTENは700㎞くらい持ったので、8月いっぱいはこれで行こうかな。

DjRYZQTU8AA27Mh.jpg

510Jが壊れたので急遽520Jを購入、ガーミンコネクトでデータをため込んでしまった以上、ホイホイとメーカーを乗り換え辛い。

物理ボタンのみとなって動作はずいぶんと軽やかに、画面は妙に色鮮やかに(笑)

初めは不本意な買い替えだったけど、段々と嬉しくなってくるあたりチョロい。

パワーメーターとサイコンはこれくらいの機能がちょうどいいな、必要以上のデータは要らない。

Posted on 2018/07/30 Mon. 20:54 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

30

実業団 矢板片岡ロード 

土曜日

ロードの前日入りのため移動日。

DiyZnx9V4AAw3G1.jpg

今年ラストの(?)佐野SAソフトクリーム。

いい加減おばちゃんの顔を覚えてきた(笑)

13時ごろにオノ君とロードコースの近くで合流、今年初参加なのでコースを案内してくれた。

これ一人じゃわかんないな。

余りに暑いので1周で退散。

DiyZmNrVQAAB7sV.jpg

ホテルのルームキー代わりにライセンスを刺すオノ君、顔写真の納まり方がツボ(笑)

自分はラーメン屋のポイントカードを刺してた。

DiyZopuVQAEH1YA.jpg

ハヤトさんの部屋でノンアル会、まさかTシャツが被るとは思わなかった。。。

話し込んでしまい23時半に就寝。




日曜日

実業団 矢板片岡ロード
クラスタE1 41位/95名中

37730254_429134904253040_4039307873056980992_n.jpg

写真はsei ruote e fotografieさんに撮っていただきました。

ありがとうございます!




6時起き、6時半から朝食。

7時半出発で小学校の駐車場へ、朝から暑い。。。

車のエンジンを切らずにそのまま涼む、こんな中外に立ってるだけで体内の水分と塩分が放出されてしまう。

試走はせず、ノーアップで臨む。

サインアップを済ませてオノ君、ニシと仲良く整列。

ローリングが始まり、コリーナ坂手前の対面通行区間でリアルスタート。

なんだかんだ言って50㎞走れる、競技時間も1.5hくらいあるのでスタートダッシュは穏やか。

前日の試走ではアウターで行けるか微妙と思っていたコリーナ坂も、53×30で回せた。

思っていたよりコリーナ坂とその直後の丘が効く。

下り区間も立ち上がりでコーナーワークの苦手な人を挟むとたちまち差が開く、てか間に挟んだ、1周目から(笑)

ここで「自分で開けたんだから自分で詰めろ」と言えないのが気の弱い自分。

もう彼を信用はしない…。

流れでポジションを上げやすい箇所が多いから集団内の対流が激しい、せわしなくてちょっと嫌だ。

オノ君とニシが周りにいると、どこか安心感が生まれてくるし、不甲斐ない遅れ方を喫しまいと気持ちが途切れなくて本当に助かる。

チームメイトが同じカテゴリにいるってこんなに楽しかったんだな。

駅前ロータリーからの登り、細い路地裏区間はシッティングで処理できたのでそれほど負荷は掛からなかった。

コリーナ坂が毎回しんどくて、ここ最近の松ケ谷(練習コースの丘)の調子とそっくり。

4周目に入ると、交互通行区間でSBCコンノさんがポジションを上げていった。

「あーこれは掛かる。。。」と思いながら左端をキープして備える、コリーナ坂の下からダッシュが始まる。

先頭では15人ほどが先行し始める、追いかけたいが集団の先頭に出ると風に押し戻されて一息に行ける速度差にはならない。

コリーナ坂の頂上で回りに3~4人が居たけど、続く丘へ向けて下りを踏めない時点でレースはお終い。

ここにニシも居た、まだ諦めず踏んでいたのでそれに貼りつく。

ここ2シーズンほどこういうシーンでいつも独りで頑張っていた、俺はそんな思いはさせないよ。

この後少しでも先頭集団に復帰できる可能性にかけてグルペットは追走を試みた。

初めは25秒だか35秒差で一瞬こらえたけど、結局じわじわと離れてしまい復帰は出来ず。

修善寺みたいな泥試合だったら最後にもがこうとも思ったが、今回のレースでそれをやるのはどうかとも思いニシとゆっくりゴール。

死力を尽くすべきは4周目のコリーナ坂だった。


37642074_429139937585870_7466693647870722048_n.jpg

今年、これまでのレースは昨年の自分をどれだけ超えられるかといった点に達成感を見出していたけど、今回のレースはチームとして3人がメイン集団に居る事が純粋に嬉しかった。

那須と石川からニシは卒なく集団に残り、今回のロードレースでは初めてオノ君も同じような位置に居た。

2人と3人じゃ気持ちがずいぶん変わるものなんだな。

残りのレースへ向けて8月の練習もモチベーションが保てそうだ、2人ともありがとう!

Posted on 2018/07/23 Mon. 23:32 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

23

実業団 石川ロード 

土曜日

石川前日入り、3連休の初日だからか渋滞がいつもの比じゃない。。。

DiY2KhoUwAEF4Lz.jpg

天気予報では連休中の気候は猛暑と言われており熱中症になるのは必至。

ならばと「初めから経口補水液飲んでればいいんじゃない?」と思いついたあたりから既に暑さにはやられていたのかも。

思わず「天才か俺!」って心中思っていた凡人。

東北道をひた走り続けるのもいい加減飽きた、今年3度目よ。

DiY2MBJVAAMu-80.jpg

佐野SAで恒例のソフトクリーム休憩。

ここのSAまで来ないと、どこも駐車場が混んでてすぐには入れない。

更に北上し、阿武隈高原道路を走って13時半に石川町到着、フリーダム一番乗り。

ノープランで出発したため到着時間が少し早かった、佐野SAでお昼も食べてしまって良かったかもしれない。

思わずグループLINEで試走仲間を募る、タニワキさん、アカミネ君、ニシ、ヒガシと一緒に試走へ。

個人的に気持ちいいペースで走らせてもらい1周、ニシのRDが不調みたいで2周回目は様子見走行。

DiY2OkkVQAApOc4.jpg

宿に入りゼッケン貼り貼りタイム

DiY2NEfUwAE7HQD.jpg

ニシらしからぬ驚きの白さを誇るジャージ姿、新品の半そでワンピ買ったらしい。

いつまでこの白さを保てるかな?(笑)

楽しい時間はあっという間に過ぎ、寝る時間に。




日曜日

実業団 石川ロードレース
クラスタE1 41位/93名中

DiY2kXZUEAATX69.jpg

レース写真はsei ruote fotografieさんより、ありがとうございます。




朝、5時台には目が覚める。

最近この時間には起きちゃうんだよね。

着替えて7時前には機材の準備、ゆるーく試走して準備お終い。

ニシとサインアップ済ませて待機。

今年は暑さ耐性が例年よりあるのかそこまで暑さが厳しく感じない。

ローリングが始まりスタート待ちはなくレース開始、75㎞という距離もあってかいつもより開幕ダッシュはきつく無い。

水分補給と補給食として持っているアミノバイタル、パワーバーのジェルの摂取タイミングを考え始める。

交差点、V時に上り返すヘアピンでいつもインターバルが掛かるが、今年は例年よりもはるかに前方に入れるので加速はそれほど辛くない。

ニシは那須ロードからの好調さを維持しているようで、自分よりいつも10人ほど前にいた。

普段一人で走っているだけにチームメイトの背中を見るのは嬉しくなる。

間違いなく今までで一番力をセーブしながら周回を重ねられ、少し油断していたリアルスタートから数えて3周目、4度目の登り。

先頭付近で動きがあり盛大にペースアップ、しかも一列棒状で中切れ、先頭20人ほどは数十m向こうと…。

考えるより先に踏んで飛び出てしまった、結局決死のジャンプは届かず、元居たグループに飲まれる。

その折にニシから「まだ戻れるかもしれません!」的な声をかけてくれていなかったら食らい下がれなかっただろう。

補給地点手前で先頭は緩み何とか復帰。

ジャンプを試みた反動で余裕を見ていた体力は一気に厳しく。。。

アミノバイタルを補給して省エネ走行に努める、更にその次の周回でパワーバーも補給。

散発的に丘でダッシュがあるけど、前回ほど息が長くないのでまだ耐え凌げる。

所々立っている立哨の方や他チームの声援を聞くに、どうやら1分差ほどで先行している選手がいるらしい。

そんな事がわかる位置に居なかったし、そもそも自分はそれどころじゃない(笑)

生存戦略を考えるので精いっぱい。

最終周回へ向けて再びダッシュが掛かる、今回も平地区間で中切れ。

ニシはここで「もうキツイです!」的なことを言っていた気がした、前回のペースアップ同様、諦めなければ緩むはずと信じて一人追走。

補給地点手前で集団復帰に成功し、最後尾に食らいつく。

最早ハムストリングも内転筋もふくらはぎも攣る寸前。

V時ヘアピンを凌ぎ、次の丘で徐々に集団から遅れる、下りにかけて速度回復が出来ずここでレースはお終い。

残り半周、持たせることが出来なかった。

もしかしたら交差点で足切られるかもしれない可能性があったので、今にも爆発しそうな脚をやりくりしながらゴールを目指す。

無事関門を超え、暑さに耐えながら登っているとリンク東北のワタナベマサミツさんに張り付いたニシがやってきた。

最早限界を超えているので着き切れず、一人でゴールに向かいフィニッシュ。

3年目にしてようやくE1の石川ロードを完走することが出来た。

志の低い話であることは分かっているけれど、ものすごく嬉しかったな。

そして自分より先にニシがゴールラインを切っていったのも嬉しかった、このレースで最後まで気持ちが途切れなかったのはチームメイトが居たことも非常に大きい。

レース後は大会側が用意してくれたプールにダイブ、まさかプール開きをするとは思わなかった。

体の冷却を終えて車へ戻り、体力が底を尽きる前に一足先へ帰路へ着かせてもらう。

ソロドライブで遠征をすると乗り合いで行かせてもらうありがたみを実感するね。




月曜日

一応練習へ向かうも全然体は動かず、一本だけ集中してダッシュをする。

天国への階段…46秒 506W 自己ベスト4秒落ち

今度の週末は矢板片岡ロード、昨年は出場していないので初めてのコース。

でもまた猛暑みたい。。。

もう東北道飽きたよ(笑)

Posted on 2018/07/19 Thu. 22:39 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

19